宮崎駿が語る黒澤明「生きる」のファーストシーンの衝撃!

スポンサーリンク

ワンショットの力

アニメの巨匠宮崎駿が語る黒澤明。
「生きる」の導入部のシーンについて、以下のように語る。

 

「生きる」は黒澤明監督作品の中でも屈指の名作である。

 

40年前の映画でありながら、今日でも力を失わないどころか、現代の方が更に観るものを掴む力を持っている。

 

多くの場合、時代の波にさらされて、現代劇の方が時代劇より早く色あせがちなのである。
「生きる」は誠に映画である。

 

フィルムのどこか途中から観始めても力のある映画は、瞬時に何か伝わってくる。

 

数ショットの映像の連続だけで作り手の思想、才能、覚悟、品格がすべて伝わって来る。

 

スポンサーリンク

 

 

生涯に何本と見れないフィルム

要するに、どこを切ってもたちまちあたりがはずれか判ってしまう。

 

B級C級はどこをとってもB級C級の顔しか出てこない。

 

力のある映画の連続するショット群の中には、その作品の顔ともいえるショットがいくつか含まれている。その映像は必ずしも山場にあるとは限らない。終章であったり、継なぎのシークエンスにさりげなくあったりする。

 

そのショットが観る者の脳に焼き付いて、記憶の中で作品全体の象徴に育っていく。

 

「生きる」では、そのショットが導入部の役所のシークエンスにあった。

 

書類の山の前で、主人公市民課の課長が書類をくり、判を押している。

 

書類をくり、判を押し、処理済みの書類に重ねる。

 

次の書類を取り上げ、チラッと目を走らせるが、読むほどの必要がない書類ということは先刻判っている。また判をとりあげ押す。

 

その男に背後に積み上げられた膨大な書類の山。
陰影の濃い画面、哀しい仕事を正確に律儀に繰り返す男の所作。

 

これは正座して観なければいけない映画だと、その瞬間に思った。

 

ひとりの映画監督が生涯に何本と創れないフィルムに、今出会っているのだと実感したのだった。

 

 

「生きる」のファーストシーンの美しさ

「生きる」には名場面といわれるシーンがいくつもある。

 

けれども、自分にとっての生きるは、書類の山に判を押す男の、このショットに凝縮されている。

 

本当になんて美しい映像だろう。
なんという映像をかつての日本映画は持っていたのだろう。

 

繰り返し思い出す。
何度も自問してみる。

 

どうしてそんなに感動したのか。あのショットの力の秘密は何処にあるのだろうかと。

 

以前から僕はストーリーやテーマメッセージで映像を論ずるのは、バカけてると思ってきた。

 

お役所仕事や、無意味な人生への揶揄だけであのショットが創られていたら、とてもあれほどの映像はつくれない。

 

古い築地塀や、時を経た壁面のような美しさが、あの書類の山にあるはすがないではないか。

 

極論すれば、あのショットとあらすじを聞くだけで僕は「生きる」が名作に違いないと論じてはばからない。

 

楽しみの為に映画を観る必要が無くなって久しいので、僕には映画を全部観ない悪癖がある。

 

白状するがタルコフスキーの「ストーカー」を称讃してやまないが、実は全部観ていないのだ。

 

おそらく後半の三分の一ぐらいを、しかもたまたまテレビで観ただけなのである。

 

それだけで自分には十分だった。僕は溢れてしまって、もうそれ以上望まなかった。

 

ものぐさでもあるのである。

 

全部通して改めて観れば、確実に感動は深くなるはずである。
また作り手はそれを望むはずだ。

 

でも僕は心底感動してしまった。これ以上は僕の手にはあまる。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

書類の山のショットは同じ衝撃を与えた。

 

その意味について、折にふれて自問を続けているうちに、やがてひとつの結論にたどり着いた。

 

それを無意味とするならば、判を押し書類の山を積み重ねる人生と、

 

映画フィルム缶を積み重ねる人生との間に、どれほどの差があるというのか…という事だった。

 

何かを成し遂げたから、生きることに意味があるのではない。

 

光と影があるならば、我々はいつも影の無惨さと共にある。

 

あの書類の山の存在感は何も小道具や照明がたくみだったからだけではなく、

 

あの陰影が我々の心に秘む精神のかげりに突き刺さるから、胸を衝かれるのだ。

 

一見積極的に生きること、他者の為に力を尽くす事の全面的肯定と受け取られる映画を、

 

映像のワンショットが、更に深い内奥まで開かせる力を発揮した。

 

黒澤明監督の「生きる」は、あのワンショットだけで真に素晴らしい作品と呼ばれるに価する映画になったのだ。

 

そんな映像はめったに創れるもんじゃない。

 

黒澤明の映画論とテクニックに関する記事一覧

黒澤明作品の真髄は脚本!橋本忍、小国英雄、菊島隆三という偉大なストーリーテラーとのクリエイティビィティ!

 

黒澤明の撮影術 パンフォーカスやマルチカムを世界中に流行らせたのは黒澤!

 

黒澤明作品の原案は〇〇が半数!「七人の侍」は「壊滅」という〇〇がヒントになった!

 

黒澤明「羅生門」は「〇〇〇〇アプローチ」として海外作品に強烈な影響を与えた!

 

「七人の侍」製作者・本木荘二郎の晩年が悲しすぎる…

 

宮崎駿が大絶賛!黒澤明のあの名作「〇〇〇」のファーストシーンの戦慄!

 

黒澤明監督『影武者』 勝新VS黒澤 どっちが悪い?主役交代劇の真相は〇〇だ!

 

黒澤明「野良犬」と「静かなる決闘」は兄弟作 そしてあの名作「〇〇〇〇〇」に繋がっていく!

 

『七人の侍』 俳優を追い込む黒澤明のドSっぷりがヤバすぎる…貴重すぎる撮影秘話の数々

 

『椿三十郎』映画史に残る有名なラストシーン 今じゃ考えられない取り直しが利かない緊迫の撮影現場!!

 

 

巨匠黒澤明を語り尽くす!共演者、スタッフ、批評家、様々な人が語る黒澤明論の関連ページ

黒澤明の師匠〇〇が語る黒澤明を面接したときの話!「絵だって映画だって同じです!」

 

黒澤明『羅生門』の金獅子賞立役者カメラマン○○が語る撮影秘話!

 

黒澤組を技術で支えたカメラマン斉藤孝雄インタビュー!「必ずどこかに○○がありました」

 

リリー・フランキーが愛してやまない黒澤明映画は、なんとあの作品だった…!?

 

黒澤明監督の居場所 おすぎエッセイ

 

東京五輪総合演出の野村萬斎は15才で黒澤明作品に出演していた!『乱』『蜘蛛巣城』と能・狂言との関係性について語る!

 

渋谷陽一が語る黒澤明 肯定性とヒューマニズム、そしてあの自殺未遂について斬り込む!

 

黒澤明についた助監督たちが語るクロサワ体験記がヤバい…

 

映画監督田中登が語る黒澤明 『用心棒』での学生助監督見習い

 

森崎東監督が黒澤明『野良犬』のリメイクを作りたくなかった衝撃の理由とは…?

 

黒澤明が持つエンターテイメント性と思想性について 世間一般の間違ったバカな見解とは?

 

『野良犬』『酔いどれ天使』『七人の侍』などに見る黒澤明の偉大なる〇〇とは!?

 

『トラ・トラ・トラ!』に見る敗者の黒澤明 『どですかでん』に見る悲劇の黒澤明を解説

 

『踊る大捜査線』にみる『椿三十郎』 たまには強引なクロサワ論で…

 

『用心棒』や『天国と地獄』に見る黒澤明の天才的な○○的感性について

 

『踊る大捜査線』の黒澤オマージュは『天国と地獄』だけではないんだぜ!

 

黒澤明の不可解? 黒澤明不思議論

 

評論家町山智浩氏が「七人の侍」を徹底解説!『七人の侍』に欠けているたった唯一の弱点とは!?

 

『天獄と地獄』のラストシーンで、黒澤明とて予期しなかった凄いことが起こった!? あの役者〇〇の怪演がエンディングを変えた!?

 

 

黒澤明の壮絶な生い立ちや全作品紹介はこちら