黒澤プロ第一弾「悪い奴ほどよく眠る」はあえて社会派サスペンスを描いた!

悪い奴ほどよく眠る

黒澤明「悪い奴ほどよく眠る」ここが凄い!ポイント

汚職というテーマの普遍性!
シナリオの凝り具合が凄い!
結婚式のシーンの映画的テクが凄い!
ゴッドファーザーで真似された!
黒澤作品ナンバーワンの悲劇的結末!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

「隠し砦の三悪人」の予算オーバーが原因で、黒澤を辞める方向に持っていった東宝だったが、儲かる映画を作ることが出来る監督を手放したくはなかった。

 

そこで、自由な映画作りを目指して、独立プロダクションを設立しようとしていた黒澤に、今後も作品の配給を東宝がすることを条件に、東宝と黒澤の間で資本金、制作費、利益を分配する新会社黒澤プロダクションを発足させた。

 

その第一弾となったのがこの「悪い奴ほどよく眠る」である。

 

黒澤は独立した途端儲け主義に走ったと思われたくなかったので、社会性の強いテーマを選ぶことにした。

 

しかしその意気込みが強すぎたせいか、いつになくシナリオ創作が難航し、脱稿までに3ヶ月もかかったという。

 

脚本は5人のチームで書き上げられた。いつもの黒澤脚本チームの菊島隆三、小国英雄、橋本忍に加えて、「我が青春に悔いなし」「白痴」以来の久板栄二郎が加わっている。

 

橋本忍は後の自伝で、

 

「私の参加は不遜で一方的だった。仕事にあてるスケジュールは2週間。その代わりノーギャラ。脚本料なしの極端の責任の軽い身勝手である。」と語っている。

 

重い内容ながらも娯楽性もあり、面白い作品に仕上がっている。テーマは汚職。このテーマは現在の目で見ても少しもズレていない。

 

2000年代の日本も汚職列島といって検挙と逃亡が繰り返されている。

 

政界の超大物は刑務所の入らない。代わりに部下の一人が逮捕され、ひっそりと死んでいく。

 

序盤の結婚披露宴のシーンで登場人物の相関図を紹介する方法は、後に映画「ゴッドファーザー」でも用いられた。

 

また、複雑な汚職事件の概要を手っ取り早く観客に飲み込ませるのに、黒澤はこの映画で結婚披露宴を使ったのだという。

 

黒澤版のハムレットか

黒澤作品の中でも、とりわけ悲劇感が高い作品です。

 

シェイクスピアの「ハムレット」と「ロミオとジュリエット」がプロットではないでしょうか。

 

オープニングの結婚式上で、マスコミ関係者を狂言師として、登場人物を一気に説明してしまうアイデアは、素晴らしいの一言ですね。

 

ややこしい汚職に関するストーリーですので、登場人物の相関関係を、はっきり視聴者にわからせないと、物語終盤までストーリーが??になりかねません。

 

批評家たちがこぞってこのアイデアを褒めて評価しているのを、見終わった後に知るのですが、見ている時は、そのオープニングを凄い!なんて当然思いません。同業者でもない限り、わからないでしょう。

 

しかし、やはりあのストーリーを2時間でしっかり伝えきる為には、冒頭にあのアイデアありきだったのだと思います。

 

妹思いの兄というキャラクターも、あの結婚式の一幕で強烈に伝わってきます。

 

ラストのエンドクレジットも、何か鳥肌が立ちます。
こういったクレジットの入れ方や音楽の使い方で、僕は好きな監督さんが決まってくると言っても、過言ではないんです。

 

マーティン・スコセッシ監督も大好きなんですけど、彼のそのセンスが抜群に好きなんですね。

 

黒澤明もそれを十分に満たしてくれます。

 

「用心棒」のタイトルクレジット、
「どん底」のエンドクレジット、
「影武者」のエンドクレジット、
「乱」のタイトルクレジット、
「どですかでん」のオープニング、

 

今思いつくだけでこれだけあります。

 

「どん底」のラストなんて、本当にカッコいいです。
この世の映画の中で、一番カッコいい終わり方でしょう。

 

おすぎが語る『悪い奴ほどよく眠る』

『悪い奴ほどよく眠る』は、流行り言葉にはなたたんですけど、やっぱり失敗作だと思う。

 

お金持ちの家の中でのいろいろな事件を描きながら、描き切れなかったと思うのね。そういう失敗作もある。

 

映画が公開されたときにはそうは思わなかったにも拘わらず、ビデオを発売するときに色々コーディネートをしたんですが、その時に観てこれは黒澤さんの中では失敗作だなと思ったのね。

 

だから、決して作ったものが全部いいわけではないところに黒澤さんの面白さがあるんじゃないかと思うんですよ。

 

30作品作りましたけど、決して多作の人ではなかったですね。結局作れなかった時代があるから。黒澤さんに失敗作があるということはとても人間臭くて神様ではないというところが、すごくうれしいような気がするのね。

 

それは『まあだだよ』も含めてだけれども、黒澤さんの映画を見る時に絶対的な神様の映画なんだなぁと思わないでみるべきじゃないかと思っています。

 

※4 河出書房新社発行 「黒澤明 生誕100年総特集」より抜粋

 

評論家春日太一が語る『悪い奴ほどよく眠る』

時代劇評論家春日太一氏と芸人であるサンキュータツオ、アニメ監督の宮地昌幸氏による『悪い奴ほどよく眠る』対談。

 

春日 黒澤明って『七人の侍』で世界の巨匠になって世界的なヒットメーカーになるんですけれども、このあとも『蜘蛛巣城』や『隠し砦の三悪人』など面白い時代劇を作っていくわけですが、一方で黒澤天皇になってしまって、お金を使い過ぎる監督ということで、東宝が黒澤に独立プロダクションを作らせて、映画製作の金銭感覚をつけてもらおうということになった。

 

東宝配給ではあるけれど、独立採算制で映画を作るようになった第一作目が『悪い奴ほどよく眠る』で、これ自体はあんまり当たらなかったわけですね。

 

でも独立採算制なんで当てないといけないということで、次に勝負かけてきたのが『用心棒』『椿三十郎』だったわけです。ここで時代劇の歴史を変えてくるわけですけれども。

 

まあ、一応当てにいった作品ではあるんですが、基本的に黒澤が作りたかた作品ということになりますねこの『悪い奴ほどよく眠る』は。
ボクは子供のころに名画座で見て、大好きな作品ではあるんですが。社会派サスペンスってジャンルがもともと大好きなんですが。

 

 

サンキュータツオ 面白ろかったです。まず、三船敏郎がこういう理知的というか、クールなお芝居をやってるのがとってもよかったですし、なによりも加藤武が良かったですね。
あのー、金田一シリーズに出てくる加藤武より好きでしたね。若くて元気もあって、三船とのいいコンビネーションがあって、そこも凄く良かったですし。

 

最近でいえば、復讐ものといえば『半沢直樹』とかになりますが、最近のものと違うというか、時代を感じるのが、「悪い奴ら」というものが会社内とかではなくて、役人であるということ。

 

敗戦を経験している、高度経済成長を経験している黒澤明が感じる国家に対する不信感とというか、今の我々が全然盤石と思っている国家というものも、当時は全然盤石ではなかった、そういう国家という前提をまず疑っていた世代なんだなということを教えられた作品ですよね。

 

 

宮地昌幸  黒澤さんの作品の中では、苦手な方の映画なんですけど。僕は映画監督や作家さんがその人がレンジを広げようとして挑戦的なことをやっているのは、その人の本質が出ていて凄くすきなんですけど、この作品は黒澤監督の挑戦とありのままが出てていいな〜と思いましたね。

 

あとはやっぱり黒澤監督って、アクションじゃないですか。だから本当は黒澤さん、最後、車が大破して主人公が死ぬシーンも、ちゃんと可視化したかったんじゃないかな〜って。セリフで終わらすか、アクションシーンとして可視化するか迷ったんじゃないかな〜って思いますね。

 

今回、前半の結婚式って特のそうなんですけど、あれをカラーにしてみると、『まあだだよ』に似ているな〜って。晩年の作品に以外と似ているんですよ。

 

カラーと白黒で黒澤作品って全然違うように言われがちですが、確かのミドルショットは大分減っているんですが、遠くから撮っている感じは、結局そんなに変わってないんじゃないかな〜って。

 

火山で落とすところなんかは、『夢』の鬼のシーンと似ていますよね。

 

だからそういうと、役者さんが入れ替わったことで、黒澤明の映画の魅力は変わったんだな〜って思いますね。

 

 

春日 結局、黒澤映画って、役者の顔でもっているところって多分にあって。黒澤映画って役者をどんだけかっこよく撮るか、見せるかっていう構図だったり、シチュエーションが多いんですよね。
だから役者が魅力的な表情や顔だったので自然と寄りで撮っていたってことでしょうね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

かんたんなあらすじ

 

黒澤明 悪い奴ほどよく眠る

 

 

岩淵佳子と西の結婚式が盛大に始まった。

 

佳子の父は、土地開発公団の副総裁であり、建設会社との汚職を
疑われている。嗅ぎつけた新聞記者達も駆けつけている。
西はその岩淵の秘書である。

 

ケーキ入刀で運ばれてきたケーキは、公団のビルの形をしており、
7階部分には、目印のように赤いバラが刺さっている。

 

その赤いバラが刺さった場所は、
5年前、課長補佐の古谷がそこから自殺をした場所。

 

なぜ、そのようなケーキが…
岩淵とその部下たちは、動揺を隠しきれない…

 

製作:田中友幸 黒澤明
脚本:小国英雄 久板栄二郎 黒澤明 菊島隆三 橋本忍
撮影:逢沢譲 
美術:村木与四郎
照明:猪原一郎
音楽:佐藤勝
助監督:森谷司郎 坂野義光 西村潔 松江陽一 川喜多和子
出演:三船敏郎 森雅之 香川京子 三橋達也 志村喬 西村晃 藤原釜足

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

前の作品 「隠し砦の三悪人」は無敵の三船敏郎が初めて出てきた黒澤明作品!

 

次の作品 「用心棒」 三船敏郎の殺陣の動きはラグビーの動きを参考にした! 

 

黒澤明の映画人生〜生い立ちから晩年まで〜 はこちら

 

 

黒澤明×姿三四郎 デビュー作にして斬新なスローモーションの使い手!

黒澤明,姿三四郎 黒澤明の監督デビュー作である。富田常雄の小説の前半部分から、姿三四郎と恋人の乙美と南小路という、子爵の令嬢の三角関係を描いたメロドラマ的エピソードをのぞき、柔術を通じて人間的に成長していく三四郎の姿を描いている。師匠・矢野正五郎と三四郎との子弟関係が物語の中心となっている。師匠と弟子という、後の黒澤...

≫続きを読む

黒澤明「一番美しく」は単純なプロパガンダ映画ではない!

黒澤明,一番美しく 軍需工場でのく女子挺身隊の活動をセミドキュメンタリータッチで描く。挺身隊員を演じる女優陣から、職業的なにおいや、羞恥心を取り去るため、日本光学の寮に入れ、駆け足の訓練から始め職場にも配慮し工員たちと同じ労働を割り当てた。その甲斐あって、本物の挺身隊員と同様の自然な演技が引き出せたが、連日8時間以上の...

≫続きを読む

「続姿三四郎」は黒澤明自信はあまり乗り気ではなかった

黒澤明,続姿三四郎 「姿三四郎」のヒットに気をよくした東宝は、黒澤に続編を作ることを命じた。続編を作ることにあまり乗り気でなかった黒澤は、無理やり創作意欲を駆り立てての撮影となった。そのため、主人公の三四郎よりも適役の檜垣兄弟に対する比重が大きくなり、アンバランスな作品になったしまったと言う。しかしクライマックスの雪原...

≫続きを読む

黒澤明「わが青春に悔いなし」 新しい女性像を原節子が好演!

黒澤明,我が青春に悔いなし 戦国時代版のジャンヌ・ダルクを構築していたが、GHQの要請にも沿った民主主義啓蒙映画「わが青春に悔いなし」に取り組むことになった黒澤明。敗戦直後、35歳の黒澤はこうノートに記した。「新しい時代は新しい人間の創造を求めている。我々は新しい時代の新しい課題を解決すべき、新しい人間としての自己形成を目指さ...

≫続きを読む

黒澤明「素晴らしき日曜日」 映画史上最高に美しいシーンと巨匠が絶賛!

黒澤明,素晴らしき日曜日 43年、黒澤は小学校時代の同級生でシナリオライターの植草圭之助と銀座の書店で偶然に再会した。その後、一緒に映画を作ろうということになり、D・W・グリフィスの名作「素晴らしき哉人生」より着想を得て実現したのが本作品。グリフィスの映画では、若いポーランド人の2人が住宅難で結婚できない。そこで空き地を借り...

≫続きを読む

黒澤明「酔いどれ天使」 三船敏郎鮮烈デビュー。イケメンが過ぎる!

黒澤明,酔いどれ天使 黒澤明と三船敏郎の黄金コンビ第一作。肺結核の冒された若いやくざと、彼を治療しようとする町医者の交流を描いた作品。志村喬演じるの老練な男と三船敏郎演じる未熟な若者はそのまま「野良犬」の先輩後輩という子弟関係に繋がっている。本来この作品の主人公は医師に真田役の志村であるが、完全に準主役の三船が主役を食っ...

≫続きを読む

三船敏郎×黒澤明「静かなる決闘」 梅毒が感染してしまった医師の苦悩を描く秀作!

黒澤明,静かなる決闘 黒澤明が東宝以外で始めて撮った作品がこの「静かなる決闘」です。この映画での黒澤の狙いは、爆発的な三船敏郎の人気が、やくざ役の方に走っていくのを止めようとしたと自伝で語っています。ここで倫理観の強いインテリの役を演じさせることで、三船に役者としての成長を期待しての起用だったという。大映側から批判された...

≫続きを読む

刑事映画の傑作「野良犬」  黒澤明×三船敏郎コンビ最初の傑作

黒澤明,野良犬 「メグレ警視」シリーズなどの探偵小説で有名なフランスの社会派作家、ジョルジュ・シムノンの作品が大好きな黒澤が、シムノン風に撮ってみようかと脚本に着手。だが、なかなか書けずに四苦八苦していたところ、巡査がピストルを盗まれたという実話を聞き、それを小説風に書き上げた作品がこの「野良犬」。しかしその後それ...

≫続きを読む

黒澤明×三船敏郎「醜聞(スキャンダル)」は、マスコミへの怒りと恐怖から作られた!

黒澤明,醜聞 親友である松竹の監督木下恵介の仲介で、始めて大船撮影所で監督した作品。つねづねジャーナリズムの強引な取材を不愉快に思っていた黒澤が、ある日電車の中刷り広告のセンセーショナルな見出しに呆れ返った。言論の自由が当然だが、その自制のない逸脱をどうするのか?こんなことが赦されてはならない、今のうちに叩き潰さ...

≫続きを読む

黒澤明「羅生門」 手柄は三船敏郎ではなく、カメラマン宮川一夫!

黒澤明,羅生門 黒澤明「羅生門」ここが凄い!ポイントイタリアのヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞!アメリカのアカデミー特別賞を受賞!日本映画が初めて国際的に認められた作品!欧米コンプレックスを抱えていた当時の日本人に光を与えた!モノクロの映像美が凄い!ホースの水に墨を混ぜて迫力ある雨のシーンを撮った!カメラマン宮川...

≫続きを読む

黒澤明「白痴」の見どころは原節子、森雅之、三船敏郎、久我美子の演技合戦!

黒澤明,白痴,森雅之,三船敏郎 黒澤明「白痴」ここが凄い!ポイント黒澤のドストエフスキーへの愛が凄い!上映時間を巡って出た名言が凄い!役者の演技が凄い!特に久我美子の演技が凄い!ディレクターズカット版の長さが凄い!ロシアでの評価が高い!ドストエフスキーの小説の舞台を札幌に移し、黒澤が全身全霊をかけて作ったといわれる作品。作品は第一...

≫続きを読む

黒澤明「虎の尾を踏む男達 」は能を洋楽風コーラスにアレンジした秀作!

黒澤明,虎の尾を踏む男達 完成後7年間もお蔵入りとなっていたいわくつきの作品である。東宝の前身であるP・C・Lに入社した黒澤は、主に山本監督につき榎本健一(エノケン)主演の喜劇映画の助監督を数多く務めた。その現場で喜劇の撮り方や役者の使い方を、自分のものとして習得したことが見られる作品。本作オリジナルの登場人物として、強力役...

≫続きを読む

黒澤明「生きる」は「七人の侍」と並ぶ最高傑作!

黒澤明,生きる 黒澤明「生きる」ここが凄い!ポイント志村喬の演技が凄い!雪のシーンの撮影が凄い!展開が凄い!お通夜での大人数によるシーンが凄い!真正面から官僚主義批判をしている!この映画のテーマは永遠に古くならない!4年ぶりに東宝に戻って監督した作品。「七人の侍」と並んで黒澤の最高傑作と評価されている作品である。ト...

≫続きを読む

黒澤明「七人の侍」は百姓の描き方が100点!大衆のバカさを百姓で表している?!

黒澤明,七人の侍 黒澤明「七人の侍」ここが凄い!ポイント綿密な時代検証が凄い!撮影技術の革新が凄い!リメイク作品が多い!撮影期間が凄い!後世への影響が凄い!練りに練られた脚本が凄い!世界映画史上、他の映画に最も影響を与えている作品である。黒澤作品並びに、日本映画、世界映画の最高傑作と評され、国内外で60年の月日を経て...

≫続きを読む

黒澤明「生きものの記録」 三船敏郎が狂気の老人を怪演!音楽担当早坂文雄の遺作にな...

黒澤明,生きものの記録 初期の黒澤作品のほとんどの音楽を担当し、黒澤の親友として良き相談相手にもなっていた早坂文雄。彼は昭和29年に行われたアメリカのビキニ環礁に核実験で、死の灰が予想よりも遠くまで飛び散り、第五福竜丸が被災したときに、「こう命をおびやかされちゃ、仕事もできねぇ」と黒澤に言ったという。その言葉が強く心に残っ...

≫続きを読む

「蜘蛛巣城」黒澤明×三船敏郎 シェイクスピア映画の最高峰

黒澤明,蜘蛛巣城 黒澤明「蜘蛛巣城」ここが凄い!ポイントシェイクスピア「マクベス」を時代劇にした!能の様式美を演出に取り入れた!山田五十鈴の演技が凄い!危険極まりない撮影裏側が凄い!現代演劇の巨匠が絶賛!シェイクスピアの「マクベス」をそのまま戦国時代に置き換えて映画化。原作の戯曲にメイクや演出など、能の表現が織り交ぜ...

≫続きを読む

「どん底」黒澤明×三船敏郎 ミュージカル映画顔負けのラストが凄い!

黒澤明,どん底 黒澤明「どん底」ここが凄い!ポイント喜劇役者たちの演技が凄い!撮影期間が異例の短さ!ミュージカル映画顔負けのラストが凄い!マルチカム撮影が凄い!ゴーリキーの戯曲が時代劇に舞台を江戸時代の棟割長屋にした以外は、ゴーリキーの戯曲を忠実に再現して映画化した作品。「生きものの記録で実験的に使用したマルチカム...

≫続きを読む

「隠し砦の三悪人」は無敵の三船敏郎が初めて出てきた黒澤明作品!

黒澤明,隠し砦の三悪人 黒澤明「」ここが凄い!ポイント黒澤映画ナンバーワンの娯楽性!スターウォーズの元ネタ!実は太平と又吉が主役!製作費の増え方が凄い!ベルリン国際映画祭で監督賞を受賞!「隠し砦の三悪人」は黒澤初のワイドスクリーン作品。隠し砦から黄金とお姫様を連れ、的中突破を試みる武将と2人の百姓を描いた痛快娯楽時代劇の傑...

≫続きを読む

黒澤プロ第一弾「悪い奴ほどよく眠る」はあえて社会派サスペンスを描いた!

黒澤明,悪い奴ほどよく眠る 黒澤明「悪い奴ほどよく眠る」ここが凄い!ポイント汚職というテーマの普遍性!シナリオの凝り具合が凄い!結婚式のシーンの映画的テクが凄い!ゴッドファーザーで真似された!黒澤作品ナンバーワンの悲劇的結末!「隠し砦の三悪人」の予算オーバーが原因で、黒澤を辞める方向に持っていった東宝だったが、儲かる映画を作る...

≫続きを読む

黒澤明「用心棒」 三船敏郎の殺陣の動きはラグビーの動きを参考にした!

黒澤明,用心棒 黒澤明「用心棒」ここが凄い!ポイント殺陣が凄い!面白さが凄い!「荒野の用心棒」でリメイクされる!ヴェネツィア国際映画祭で三船敏郎が主演男優賞を受賞!カメラマンが世界のミヤガワ!黒澤映画を代表するエンターテイメント作品黒澤が理屈ぬきに面白い、楽しい映画を作りたいと思って撮ったのがこの作品。ダシール・ハ...

≫続きを読む

黒澤明作品の最大ヒット作「椿三十郎」 三船敏郎の殺陣は神レベル!

黒澤明,椿三十郎 黒澤明「椿三十郎」ここが凄い!ポイント黒澤映画で最大のヒット!立ち回りがリアル!ラストの三船VS仲代がすごい!今みても笑えるシーンがある!セリフから日本語を勉強できる!用心棒のコミック版「用心棒」の続編だが、原作自体は山本周五郎の小説「日々平安」なので、前作とは何のかかわりもない。主人公・三十郎の苗...

≫続きを読む

黒澤明×三船敏郎「天国と地獄」は総合力の天才であることを証明する映画!

黒澤明,天国と地獄 黒澤明「天国と地獄」ここが凄い!ポイントサスペンス映画でありながら何度見ても面白い!徹底した現場検証と綿密な構成黒澤は総合力の天才!誘拐に関する刑法改正のきっかけになった映画アマゾンのレビューが凄い!娯楽映画かつヒューマンドラマエド・マクベインの小説「キングの身代金」を下敷きにしている。が実際はほん...

≫続きを読む

三船敏郎×黒澤明の最後の作品 「赤ひげ」 加山雄三、田中絹代他

黒澤明,赤ひげ 山本周五郎の「赤ひげ診療譚」の映画化で、最後の黒澤・三船コンビの作品である。原作は江戸時代に幕府が設けた貧しい病人たちの為の医療機関・小石川診療所の所長で赤ひげと呼ばれる医師・新出去定を主人公に、いくつかのエピソードから構成されたオムニバス小説だが、黒澤はひとつの流れとして捉え、新参の弟子・保本登が...

≫続きを読む

黒澤明初のカラー作品「どですかでん」は色彩を楽しむ映画である!

黒澤明,どですかでん 山本周五郎「季節のない街」を映画化黒澤は木下恵介、市川崑、小林正樹らの監督に呼びかけ、低予算で映画を撮るというコンセプトのもと、「四騎の会」という芸術家集団を結成。この「四騎の会」制作の、最初で最後の作品が「どですかでん」である。思ったような色が出せないという理由で、長い間カラーで撮ること拒否してき...

≫続きを読む

黒澤明は運を持っている!「デルス・ウザーラ」でアカデミー賞を獲得!

黒澤明,デルス・ウザーラ 白痴を撮った後、ロシアの探検家ウラジーミル・アルセーニエフの探検記を「エゾ探検記」として企画したが、結局その時は流れてしまった。20年後、ソ連から黒澤に一本撮ってみないか?と依頼があり、70ミリの大作映画として完成したのがこの「デルス・ウザーラ」である。シベリアの密林に住む猟師と探検隊隊長の友情と師...

≫続きを読む

勝新太郎と大揉めした「影武者」 黒澤明は若山富三郎にもオファーを出していた!

黒澤明,影武者 武田信玄の影武者となった男の、数奇な半生を描いた時代劇。予算の問題で制作が難航したが、黒澤を敬愛する「ゴッドファーザー」のフランシス・フォード・コッポラと「スターウォーズ」のジョージ・ルーカスが、20世紀フォックスに声をかけて予算が確保された。勝新太郎VS黒澤明当初、信玄と影武者の2役は勝新太郎が演...

≫続きを読む

黒澤明の集大成「乱」 仲代達矢演じる秀虎は黒澤自身である!

黒澤明,乱 黒澤明のライフワークシェイク・スピアの「リア王」を下敷きに、老城主と3人の息子たちの愛憎渦巻く争いを描いた戦国スペクタクル。黒澤はこの作品を自分の「ライフワーク」と位置づけ、また「人類への遺言」でもあるとしている。仲代達也演じる主人公の一文字秀虎は、黒澤自身を色濃く反映させたキャラクター設定であると...

≫続きを読む

黒澤明「夢」はスピルバーグとジョージルーカスの援助で撮影に漕ぎつけた!

黒澤明,夢 カンヌ国際映画祭でオープニング上映された作品夢を題材にした8つのエピソードからなる、ファンタスティックなオムニバス映画。黒澤を崇拝するスティーブン・スピルバーグとジョージ・ルーカスが援助に乗り出し、撮影に漕ぎつけた。そのため、配給権がワーナー・ブラザーズ渡ってしまい、日本では自由に上映することが出来...

≫続きを読む

黒澤明「八月の狂詩曲」はリチャード・ギアが出演!原爆投下謝罪のシーンは欧米で批判...

黒澤明,八月の狂詩曲 村田喜代子の原作「鍋の中」を元にした反核映画。原爆投下で主人公の夫が亡くなったことについて、リチャード・ギア扮するクラークが主人公に謝罪するシーンでは欧米からの批判もあった。しかし黒澤作品で描かれる木々の美しさと雨のシーンは圧倒的であり、本作のラストでもその魅力が出ている。ヴィム・ヴェンダースとの対...

≫続きを読む

黒澤明の最後の作品 「まあだだよ」

黒澤明,まあだだよ 作家・内田百聞とその門下生たちとの交流を描いたヒューマンドラマ。当初は3時間近い長尺の作品になるはずであったが、徹底的にリハーサルを重ねていった結果、2時間14分の作品に仕上がった。それだけに段取りが良すぎるところが鼻に付くところもあるが、その内容の濃さには感嘆せずにはいられない。黒澤は脚本段階から...

≫続きを読む