新鋭監督アンケート 私が選ぶ黒澤明ベスト3

スポンサーリンク

映画監督18人が答えるそれぞれの「クロサワベスト3」

日本の映画監督18人に聞く、「私が選ぶ黒澤明作品ベスト3」。

 

岩井俊二、大森一樹、井筒和幸らの日本映画を代表する監督たちにアンケートを取って答えてもらったものである。

 

※河出書房新社 生誕100年総特集 黒澤明 永久保存版より

 

 

監督名 好きな黒澤作品ベスト3 黒澤作品の魅力と参考になる点
青山真治

@まあだだよ
A悪い奴ほどよく眠る
B八月の狂詩曲

良い意味で何年青年的な前衛趣味と正義感。そして清潔さ。とりわけ『まあだだよ』の反現実主義的空間造型と『悪い奴ほどよく眠る』の繊細極まる描写には真に驚愕した。『八月の狂詩曲』は珍しくロッセリーニ的な演出が成功していた。
市川準

@酔いどれ天使
A七人の侍
B赤ひげ

映画が大衆と共に生き、娯楽の王者であることを作り手も観客も信じて疑わなかった時代の、映画の豊かさとつややかさが、黒澤作品の最大の魅力だと思う。そして黒澤映画は、映画というのは気迫であるということをいつも教えてくれる。
だからいつも見終わって、損をした感じがしない。
結局、学ぶべきことは「サービス精神」なんだと思う

井土紀州

@悪い奴ほどよく眠る
A天国と地獄
B野良犬

 

『悪い奴ほどよく眠る』の脚本には、黒澤明を含め、小国英雄、久板栄二郎、菊島隆三、橋本忍らの5人の名前がクレジットされている。複数のシナリオライターが知恵を縛り、アイデアを出し合って、ボリューム感のあるドラマを作り上げるということに、大きな魅力と可能性を感じる。
井筒和幸

@隠し砦の三悪人
Aなし
Bなし

 

魅力といわれても困る。『七人の侍』は僕には反面教師でしかなかった。
「勝ったのは我々でなく、農民だ」と最後に志村喬が言うが、そこで見てきた者は愕然としてしまう。
武士は農民たちが弱いから頼まれた訳で、素直に自分たちがやったと喜べばいい。どうもひねくれていた。
全体的にも教条的だった。
要するに、黒澤作品は、プチブルで語り過ぎ、喋り過ぎ、押しつけ過ぎる。
大衆からの視点はない。どうもバカにものを教えてやっているだけという気がする。他作品のアクションシーンも血が出過ぎたり、嘘っぽかったりした記憶だけ。黒澤ものはとにかく胡散臭い。

岩井俊二

@酔いどれ天使
A生きる
B生きものの記録

 

黒澤明の映画は人間を描いているというよりはあれはほとんど怪獣映画だ。
世界に誇る円谷英二と黒澤明。円谷の代表的キャラクターがゴジラだとすると、黒澤の場合は三船敏郎。この三船というのが、ものすごくゴジラに似ている。顔じゃなくてキャラクターがである。世界のジョージ・ルーカスや、スピルバーグが敬愛してやまないというのはよくわかる。僕もたいへん敬愛しています。

大森一樹

@赤ひげ
A用心棒
B七人の侍

 

映画作りをソフトとハードに分けると映画監督の役割はソフト中心と考えられがちですが、黒澤明監督を見ていると、映画監督はハードも100%知っていないと完全ではないと改めて思わされます。
カメラマンよりもレンズに詳しく、照明よりもライトに詳しく、美術、小道具よりも時代考証に詳しく…
スピルバーグやキャメロンたちは確かにそのことを実践していると思います。それにひきかえ、私も含めて、今の日本映画の監督の勉強不足なこと!

 

風間志織

@デルス・ウザーラ
A悪い奴ほどよく眠る
B

 

それほど黒澤作品は見ていません。
誤解を恐れずに言うと、鈍くさい、無骨といった印象があります。
若い頃に映画館で見た『夢』の中の一話、放射能にカラフルな色が付いているあの発想にはただただ驚かされ、そのイメージが今でも心の中に強く残っています。

熊切和嘉

@天国と地獄
A七人の侍
B乱

 

どの作品もオープニングから自然と作品世界に引き込まれて、最後までテンションが下がらない。画面作りの徹底ぶりはもちろんのこと、人物やプロットも魅力的で面白く、感動的。何よりも映画的な贅沢さがギッシリと詰まっている。黒澤明監督というのは、テーマ以前に映画の「観せ方」を完璧に心得た人だと思う。私も映画の「観せ方」をもっと研究して、1カット1カット粘り強く画を作っていきたい。
黒坂圭太

@どですかでん
Aデルス・ウザーラ
B羅生門

 

『どですかでん』は黒澤ワールドの初体験。それまで映画といえば、アニメか特撮でした。大人の映画は、俳優を写しただけで面白くないと思っていたので、凄いカルチャーショックですた。特に風景や建物を絵でも描くように、ペンキで塗り替える感覚には心底驚きました。
この時私は、映画が撮るものではなく、創るものと知ったのです。
画面自体が語る力。それは黒澤映像の最大の魅力であり、私にとっても大きな課題となっているのです。

 

スポンサーリンク

 

項目名1 項目名2 項目名3
三枝健起

@羅生門
A白痴
B生きる

子供というよりも、中学生のころの思い出しかありません。このような仕事に入ってからは観ていないので、映画創りの参考になっているといえば、中学時代の記憶をさかのぼるだけです。『生きる』の死の話と奥でバースデイの若者たちのグループのシーンは使用した思い出があります。
瀬々敬久

@天国と地獄
A野良犬
B白痴

山崎努や木村功が演じた犯罪者は現世の罪と罰を背負った新時代の犯罪者、ラスコーリニコフを思い出させる。黒澤はドストエフスキーのロシア思想と映画に代表されるアメリカ式な工場制手工業を自らの血肉にしようとした、ある意味では大国的なモダニストではなかったのか。彼はそこに近代という価値転換を見出し、固執して生きた青年ではなかったのか。
ならば、僕らの転換はと問う時、しばしば彼に立ち返り、彼の作品を見直すのはそのせいではないか。

仙頭直美

@生きる
A用心棒

 

 

痛快、勧善懲悪、若いころの彼の映画は男らしい映画だ。
歯切れがよくて心地よい。『生きる』で男がブランコにのって揺れているシーン。その男の横顔。それは現世では絶対見られない空間だ。それを世に送りだした創り手を羨ましく思い、これが撮れたんだったら映画をやめてもいいのにと思っていた。

塚本晋也

@七人の侍
A赤ひげ
B蜘蛛巣城

 

やはり、ダイナミズムです。
様式美や静観な映像をお創りになった時も、常に活劇性が溢れていたと思います。
十代の頃より、監督のお書きになった本や技法について書かれた本を読んで、そのすべてが勉強になっていますが、監督ご自身がモットーにされていた「悪魔のように繊細に。天使のように大胆に」という言葉。これが、自分のようなものにも励みとなって響いております。

荻生田宏治

@酔いどれ天使
A野良犬
B静かなる決闘

 

『酔いどれ天使』が僕に教えてくれたのは、ニンゲンが意味を越えてそこに在るだらしなさだ。
いや、それは強さだ。そして映画っていう仕組みがそのことと闘うに値したものだってことだった。
ペンキまみれで死んでいく三船敏郎のゆがんだ口は、「おまえの体から滲み出る汗は、俺と共にそのフィルムに定着されているのか?」と撮影をしようとする自分に詰め寄り、「フィルムを切る前に俺を切れ」と編集をしようとする自分の前に立つ。
どこかで見たリアリティもイメージも何クソだ。そこにいる人間と闘い戯れろと、酔いどれ天使の声が響き続けている。

原一男

@七人の侍
A隠し砦の三悪人
B天国と地獄

 

ダイナミックな映像創りと、語り口の綿密さと大胆さに感服しています。
特に導入部における丁寧な描き方、『天国と地獄』『椿三十郎』からくるスリリングさは学びたいと思っています。
エネルギーが激しくほとばしる描写もまた、天下一品だと思います。静と動のリズム転換の呼吸。
黒澤時代劇¥の痛快さは、ほんと好きです。『影武者』や『乱』はちょっと変わってきましたが。定期的に、というか、周期的に黒澤作品を観たくなります。

原田眞人

@七人の侍
A羅生門
B野良犬 天国と地獄 赤ひげ

 

ムイシュキンの心を持った人がジョン・フォードになろうと挑み、独自の表現芸術を獲得した魅力。常にキャラクターと正対しリサーチを重ねて人物造型をすること、これが映画創りの基本であることを黒映画から学び、その実践に努めています。
望月六郎

@七人の侍
A用心棒
B乱

 

フィルムに写るのは感情と動きぐらいなのかもしれない。心理やましてや思想なんかをエモーションと共に焼き付ける事は難しい。なんと言ったって「活動」なのだから。そのことを誰よりも知っていたのが氏なのだろう。『スターウォーズ』がどうのこうの言われている時に『乱』のい騎馬戦を見て、これが「活動」だと溜飲が下がった。参考なる点ですが、あまりにも存在が違い過ぎてピンときません。
あれほどまでに傑作を作り続ける人間がつまらなくなるのは単なる老いが原因なのが、考えたい。
怒り吠える三船敏郎その人がスクリーンに映った黒澤明の影なんじゃないのかしら。

利重剛

@用心棒
A七人の侍
B野良犬

 

モノクロ時代のものは全て好きですね。カラーでも『どですかでん』だけは妙に好きだけれども。
なにしろ、面白い。カッコいい。それでいて矛盾への怒りや、そんなふうにしか生きられない人間への哀しみ、いろいろなものをグリグリ詰め込んでいる。
シナリオもカット割りも役者の演技もすべてが素晴らしい。
何ひとつ手を抜いていない。最近は「あとで何とかなるだろ」と勢いでクランクインしちゃったり、観客の生理を無視してひとり悦に入っちゃってる作家が多いからなぁ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

スポンサーリンク

 

黒澤明の映画論とテクニックに関する記事一覧

黒澤明作品の真髄は脚本!橋本忍、小国英雄、菊島隆三という偉大なストーリーテラーとのクリエイティビィティ!

 

黒澤明の撮影術 パンフォーカスやマルチカムを世界中に流行らせたのは黒澤!

 

黒澤明作品の原案は〇〇が半数!「七人の侍」は「壊滅」という〇〇がヒントになった!

 

黒澤明「羅生門」は「〇〇〇〇アプローチ」として海外作品に強烈な影響を与えた!

 

「七人の侍」製作者・本木荘二郎の晩年が悲しすぎる…

 

宮崎駿が大絶賛!黒澤明のあの名作「〇〇〇」のファーストシーンの戦慄!

 

黒澤明監督『影武者』 勝新VS黒澤 どっちが悪い?主役交代劇の真相は〇〇だ!

 

黒澤明「野良犬」と「静かなる決闘」は兄弟作 そしてあの名作「〇〇〇〇〇」に繋がっていく!

 

『七人の侍』 俳優を追い込む黒澤明のドSっぷりがヤバすぎる…貴重すぎる撮影秘話の数々

 

『椿三十郎』映画史に残る有名なラストシーン 今じゃ考えられない取り直しが利かない緊迫の撮影現場!!

 

 

巨匠黒澤明を語り尽くす!共演者、スタッフ、批評家、様々な人が語る黒澤明論の関連ページ

黒澤明の師匠〇〇が語る黒澤明を面接したときの話!「絵だって映画だって同じです!」

 

黒澤明『羅生門』の金獅子賞立役者カメラマン○○が語る撮影秘話!

 

黒澤組を技術で支えたカメラマン斉藤孝雄インタビュー!「必ずどこかに○○がありました」

 

リリー・フランキーが愛してやまない黒澤明映画は、なんとあの作品だった…!?

 

黒澤明監督の居場所 おすぎエッセイ

 

東京五輪総合演出の野村萬斎は15才で黒澤明作品に出演していた!『乱』『蜘蛛巣城』と能・狂言との関係性について語る!

 

渋谷陽一が語る黒澤明 肯定性とヒューマニズム、そしてあの自殺未遂について斬り込む!

 

黒澤明についた助監督たちが語るクロサワ体験記がヤバい…

 

映画監督田中登が語る黒澤明 『用心棒』での学生助監督見習い

 

森崎東監督が黒澤明『野良犬』のリメイクを作りたくなかった衝撃の理由とは…?

 

黒澤明が持つエンターテイメント性と思想性について 世間一般の間違ったバカな見解とは?

 

『野良犬』『酔いどれ天使』『七人の侍』などに見る黒澤明の偉大なる〇〇とは!?

 

『トラ・トラ・トラ!』に見る敗者の黒澤明 『どですかでん』に見る悲劇の黒澤明を解説

 

『踊る大捜査線』にみる『椿三十郎』 たまには強引なクロサワ論で…

 

『用心棒』や『天国と地獄』に見る黒澤明の天才的な○○的感性について

 

『踊る大捜査線』の黒澤オマージュは『天国と地獄』だけではないんだぜ!

 

黒澤明の不可解? 黒澤明不思議論

 

評論家町山智浩氏が「七人の侍」を徹底解説!『七人の侍』に欠けているたった唯一の弱点とは!?

 

『天獄と地獄』のラストシーンで、黒澤明とて予期しなかった凄いことが起こった!? あの役者〇〇の怪演がエンディングを変えた!?

 

 

黒澤明の壮絶な生い立ちや全作品紹介はこちら