黒澤明×名言 「仕事に悩む時」編

仕事に悩む時

簡略に説明できれば、理解したと言える。

 

「難しく言うのがカッコいいように思うのは違うんじゃないか、と僕は思うんだ。本当に理解していればこそ、簡略に平明に語れるんでね。変に斜に構えてっていうのは説明してるというより、自己満足なんじゃないの」

 

映画は準備が大切だ。

 

「リハーサルに時間を使うのも、演技は一日薄紙一枚しかないけど、それを積み重ねていけば厚みがでるだろう。だから演技だけじゃなく、準備をキッチリやっておかなけりゃ、画面の奥行きは出ないよ。余裕がなけりゃ現場での膨らみを作れないじゃないか」

 

良いアイデアは、追い詰められて生まれるものだ。

 

「人間は弱いものだからね、平穏無事に生きているときは大して良い考えなんか出てこないのさ。ここを踏み外したら終わりと追い詰めらられた時、やっとこさっとこ頭がフル回転し始める。そんなら、最初から考えておけば良いのにねと思うけどね。グータラしているときは思いつかないものなんだ」

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

分からなければ、皆の走っているほうに走れ。

 

「分からない時は、とにかく皆が走る方向にいっしょ走って、自分に出来ることからやってみればいい。時間が経てば客観的に冷静に見えてくる。そうなれば今自分は何をまずするべきか、分かってくるよ。臆病になっちゃいけない。あいつ何やってるんだと思われようが怒鳴られようがいいんだよ。そうやって仕事が身に付くのだから」

 

切り捨てるのも、選択の一つである。

 

「全体があって部分がある、一箇所に固執しすぎてもいけない、バランスとハーモニーが大切だから、いっそ切り捨てなければいけないってこともある。止めるとか、忘れるのも大切な選択肢の一つだよ」

 

いっそのこと、無人島にでも行けば、人間正しい判断が出来るようになるかもしれない。

 

「疲れるよね、想像力をのびのびと働かせたいと思ったら、いっそのこと孤立無援の離れ小島にでも行って、何の情報も入らない方が新しいアイデアが湧き出るのじゃないかと思う」

 

お客はどんなに苦労してるかなんて、知ったこっちゃない。

 

「苦労して撮影したところは、ついつい思い入れがあって大切に思ってしまう。スタッフの苦を見ていたら、なおのことで編集で切り捨てられなくなる。

 

でもそれじゃ駄目だ。身を切る重いでもバッサリ切らなくちゃならないこともある。お客とは、どんなに現場で苦労したかなんて知ったこっちゃない。

 

スクリーンに映ったものだけが全て。映画で飯食ってるんだったら、感情におぼれちゃプロじゃないよ」

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

知ったかぶりをするなんて、時間の無駄だ。

 

「知らないことの方が、知ってることより多いに決まってるんだから、恥ずかしがらずに聞くのが得策だ」

 

昔はどうだったのか、考えてみるといい。

 

「困ったとき、もしサイレントで撮ったらどうなるのか?考えてみると良いアイデアが出てくるんだ」

 

じっと座ってメモばかり取っていても前進しない。

 

「机上の空論と言うだろう、映画は全てが映像として映るんだから、具体的じゃないと困る。

 

統計的にとか、仕組みとしてはこうなりますと言われてもね、よーいスタートって言った時どうなんだってことなんだよ」

 

誰でも最初は人の真似からはじまる。

 

「若い映画監督に、この映画のここは黒澤さんの真似をしたと告白されることがあるけど、それは至極当たり前のことだと思うよ」

 

脚本執筆は、山登りに似ている。

 

「頂上を見ると辛くなるから頂上を見ないようにと思い、足元を見てコツコツ歩いていくんだ。

 

そのうち風が変わってきて、もうすぐ峠だと感じる。
そういうところで面白い展開が起こってまたやる気が出る。そんなことを繰り返していると、頂上にたどり着くんだけどね」

 

着るものには、人生や性格がでるんだ。

 

「映画の登場人物には、それぞれの生い立ちや性格があるんだ。どんな境遇で育ってきたのかとか、仕事は何なのかとかなんてこともあるしね。
派手な性格だとか地味だとか、考えられることは山ほどあるはずだよ」

 

 

黒澤明の映画人生〜生い立ちから晩年まで〜 はこちら

 

黒澤明 監督作品全30タイトル はこちら

 

黒澤明が選んだ100本の映画

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

黒澤明×名言 「元気になりたいとき」編

前向きなんていうけれど、人間みんな前に歩くんだよ。「前向きにとこのごろよく言うけど、前向きに歩くのが人間。後ろ向きに歩くのは、ずっと難しいじゃない」サボるのだって思い切って生々堂々としたほうがいいね。繰り返していると、ゆとりが出てくるんだ。ハングリーであれっていうけど、あまり腹が減ってちゃ何もできな...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「自信を取り戻したい時」編

子供は生まれた時、みな天才だ。「才能をこねくり回して駄目にするのが大人。親の尺度を押し付けたら、それ以上は見込めない。」恥をかいてもいいからドカドカ踏み込むんだ。「ともかく映画になったときどうなのか、それだけだ。ドンドン意見を言って、笑われても怒鳴られても、コノヤロウ!と思ってこれでもかこれでもかっ...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「夢を追う時」編

みんな、本当に好きなことを見つけてください「犬も歩けば棒に当たる、映画監督を目指してなったわけじゃない。大体、どんな職業かも見当が付かなかったぐらいなんだ。人間はいつどこで一生の仕事にめぐり合うかわからない」想像力が、人を幸せにするものだ僕の故郷は地球だ「日本語しか話せないけど、世界中のどこへ行った...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「人生の目的をさがす時」編

世界中のお母さんたちが、幸せな世の中になればいい。「戦争だけは絶対にしちゃいけない。お母さんたちがああいうことになるんだ」何でもセンセーショナルに描けばいいというものじゃない。「自省の念も込めて言うんだけど、映画も刺激ばかりで人を引き付ける手法ばかり多用する。テレビの報道も映像だけで煽り立てるような...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「仕事に悩む時」編

簡略に説明できれば、理解したと言える。「難しく言うのがカッコいいように思うのは違うんじゃないか、と僕は思うんだ。本当に理解していればこそ、簡略に平明に語れるんでね。変に斜に構えてっていうのは説明してるというより、自己満足なんじゃないの」映画は準備が大切だ。「リハーサルに時間を使うのも、演技は一日薄紙...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「人間関係に悩む時」編

ハッキリと言わなければ、かえって人を傷つけることもある。「我慢は美徳だっていう考えが日本人には根強いけれどね、ハッキリ言うことが相手の為にもなって、飛躍の切っ掛けになることはよくあることだよ。当たらず障らずは平和の源なんかじゃないよ」どう生きてきたのかは、顔に出るものだ。「冠婚葬祭でズラッと並んだ顔...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「一歩を踏み出そうとする時」編

思い込みから開放されると、動き出すんだ。「できるだけ、こうだと決め付けないでいるつもりなんだけど、イメージした通りになったりするとつまらないんだ。思い込んでいるところがどこかあるんじゃないかと、思い込みから開放されようとジタバタする。追い詰まったり、反対に肩の力が抜けると急に動き出すんだ。思わぬ方に...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「幸せを願う時」編

柿の実は鳥たちのものだ。「縁側で柿木に群れて美味しそうに柿の実を食べている鳥たちを見ていたら、不憫になっちゃってさ。人間は好き勝手にあれが食いたいこれが食いたいなんて言って、食いたいものを食うのにさ」生きているのは、辛いとか何だとか言うけれど、楽しいものだ。「生きるのは苦しいとか言うけれど、それは人...

≫続きを読む