黒澤明『羅生門』のグランプリ立役者カメラマン宮川一夫が語る撮影秘話

世界のミヤガワが語る 羅生門の、ころ。

※『Esquire』1990年9月号より

クロサワとミヤガワ はじめての仕事

僕は、キャメラマンとしてスタートをしたときに稲垣さんにいろいろ教えてもらった関係で、稲垣さんと仕事をすることが一番多かったんですが、稲垣さんが丁度『手を繋ぐ子達』というのを昭和23年に撮って、その後東宝へ行かれたんですね。

 

それで僕は2年ほどわびしくて、どうしようもないなと思いながら仕事をしていたところに、黒澤さんが『羅生門』をお撮りに大映にいらしたんです。

 

東宝ではその時、組合のことなどでいろいろごたごたしていた時ですから、いきなり黒澤さんがやれと指示があったときは、こっちも面食らってしまって…。思いもよらなかったもので、いいのかな、ということで戸惑いましたけれども。

 

黒澤さんの映画はもちろん見ていましたよ。
でも、僕はそれまでが日活から大映、稲垣さんまで叙情的な映画、ストーリーも画調もだいたいソフトな映画を撮ってまして、黒澤さんが撮っておられたの写真、画調というのはどっちかというと、ちょうど今でいうドキュメンタリーといいますか、大変シャープな画をお望みのようでしたし、僕は逆にそういう調子のものを撮ったことがなかったものですから。

 

どっちかというと白塗りがきれいに映るようにというような制約もあったし、とにかくシャープな絵、今風にいうとハイビジョンのように撮れと言われても、当時のフィルムはそこまでは行きませんでした。

 

スポンサーリンク

 

 

大成功した『羅生門の』モノクロの色の出し方

そこで僕は台本を読みまして、黒澤さんと話した時に、話自体が白黒、それもコントラストの強い白黒にした方が面白いということを伝えたら、黒澤さんも実際はそう考えていたという。

 

それじゃ、モノクロといっても色には白と黒と鼠色というものがある。でも極端に言えば、その鼠色をなくしてしまって、白と黒だけの画にしたいんですがどうでしょう、と私が申し上げた。

 

それは面白いんじゃない、と黒澤さんもおっしゃって、それでイーストマンで撮ったり、日本のフジで撮ったり、いろいろテストでやってみた。

 

当時のフジというのは、まだ完全にいいものではなくて、ざらつきのあるような時代なんです。それをあえて、僕はこの話ではそういうフィルムを使ったほうが面白いんじゃないかと思って、黒澤さんに僕は銅板みたいにザラザラしているような感じに撮りたいんだと言ったら、それは面白い、と共鳴して頂いた。それが力強くてね。

 

お話することに全てに返事が返ってくるんですね黒澤さんは。違うことは違うとはっきりおっしゃるし。
むしろ、それならこういう風にと指示をなさるんです。
それが今まで僕がお仕事をした人たちと違ったところですね。
面食らいもしましたけど、この人には言いたいことは言ったほうがいいなと。

 

黒澤組では、絵コンテ通りだと監督に怒られる

黒澤さんは後の仕事でもそうですが、コンテもお書きになっていたけど、そのコンテ通りやっていたらいいんだという考え方でやっていたら全くダメなんで、黒澤さんもそうじゃないっておっしゃる。

 

これはあくまでも僕のイメージだけを描いてあるんだ。実際に撮影するときは自分のものをそこへ入れてくれ、いい悪いは僕が判断するから。と。

 

それは当然のことで、コンテ通りに撮っていくのは面白くないし。そこへ自分のイメージを入れて膨らませていく仕事のやり方が本当だと僕は思うんです。

 

黒澤さんがコンテのこだわると世間では言いますけれども、そうじゃなくて、黒澤さんにとってはあくまでもひとりひとりがコンテのイメージを膨らませるということが重要なんで、だからむしろコンテ通りのポジションで、サイズから何から何まで全部同じような撮り方としたら、ご機嫌が悪かったんじゃないですか。
僕はそう思いましたよ。他に考え方はないのか、というような質問がありましたからね。
今でもそうじゃないですか。その辺が変わらないと思います。

 

もっと言えば、森の中のシーンで、丸太ん棒の柱をひとつ肩から担いで志村喬さんが歩いてくるところがあるんですね。

 

それを監督から見て、大きく絵を撮りながら送り込め、と言う。これはキャメラ振りようがないわけです。

 

横からなら撮れるんだけど、真下から撮ってそういう振り方をするというのは無理なんですね。いわゆる手持ちカメラというのがない時代ですから。

 

それで相手の人がキャメラを抱きとって送り込んだという、乱暴といえば乱暴な絵の撮り方をした。

 

でもそういう仕事の在り方が「黒澤美」をつくる上で一番大事にされてきたことじゃないですか。監督であれ、照明であれ、撮影であれ、全てのパートの人が、ワンカットの画の中に、自分の立場で僕はこれはこういう風にしたいということをみんな入れていく。

 

コンテ通りにキャメラマンは撮ってそれでおわりというだけじゃなくて。照明さんだってそう。扇風機で風を作ってくれたりね。

 

愚痴になるけど、最近の画の中にはそういう手作り的な工夫というのが少ないような気がしますね。

 

今、風ということを言ったんだけど、ここの窓の外に風が吹いてあの木が動いてくれればいいのにな、と思ってもセットだからそのままということがよくあるんです。昔はやっぱみんな手でやりましたからね。少しの風だと助監督さんがレフを団扇にして風をおこしてくれましたものね。

 

やっぱりそのカットひとつひとつにみんなものが集中していく。僕はこれなんだな、と。黒澤さんの時だけじゃなく、いつも思いますよ。そういう何でもない工夫が最近足りない気がするんだな。

 

 

スポンサーリンク

 

 

『羅生門』撮影秘話

 

太陽をバックに三船さんと京マチ子ちゃんが接吻するところを撮って、という黒澤さんの注文があった。ドイツの女性でオリンピックの映画を撮った人がいましたよね。そう、リーフェンシュタール『民族の祭典』。

 

その人が撮ったフィルムでひの丸のような太陽の前に聖火が動いている。そういうカットがあってね。どのくらいの望遠レンズで撮ったのかよくわからなかったけれど、そのイメージが黒澤さんにはあったんじゃないかと、僕が想像しましたよ。250ミリぐらいの望遠がないと駄目だなと思いました。

 

当時としては、いくら望遠でもレンズを太陽に向けるというのはとても危険な行為だった。パルボなんてキャメラだと、フィルムを直に通してみますから、フィルムが燃えてしまう、そういう風に教え込まれてきたんです。

 

太陽を見るなんていうことは本当に戦後になってからじゃないですかね。逆行線が当たるのをとっても嫌いましたからね。それで木の間から太陽光がさんさんと降り注ぐ場面にした。あれは、光と影のコントラストだけでいいわけなんです。だけど森の中で漏れる光彩というのは、はっきりとした影がつかめないんで、レフで撮っていたらダメ。鏡を直に持っていって、鏡をおひさまを照らしてやる。俳優さんも面食らったんしゃないですかね。志村さんだったか、鏡で眼を痛めちまってね。

 

とにかく森の中の光の流れの節になっているのは、太陽光線が直に当たっているか、そうでないところでも、狙うものには鏡で反射させて当てた。乱暴ですけど。そして銅板のようにザラザラしているフィルムをつかった。フジを使ったということは、成功したと、僕自身は思っているんですけどね。

 

それが今、不思議なことに『羅生門』ニュープリント版というのを見ると、僕らが思っているものと全然違うんですね。

 

フィルムがよくなっているんです。これは綺麗ですが、出なくてもいいところまで出てしまっているんです。粒子も細かくなっているし。僕らは粒子の粗いのを狙っていたんで。

 

三船演じる多襄丸の汗でも、面白い経験をしました。水を吹き付けもしましたが、すごく暑いところで、実際の汗も相当出ていた。あれは妙なもんで僕らの技術の問題になるんですけど、レフだとか何かを当てても明るく映えるだけで、一粒一粒の光としてはでてこないんです

 

。それが強烈なひとつに光を当てると、ひとつひとつの丸い汗が光に映えて写るんですよね。一粒一粒が見えるようになる。

 

その辺で鏡を使っていて、後になってレフの使い方、鏡の使い方、ライト自体も鏡のように切ってと、使い分けるようになった。

 

雨のシーンもとにかく撮影所にあるポンプじゃ駄目なんで、消防署にお願いしてなんとか応援して頂けないかと言ったら、消防署ではうんとは言えないわけですね。

 

何か書類を色々あれしていましたけど、それじゃ、ホースだけは貸すけれどもということになって、小型の方を二台持ってきてくれた。

 

とにかく滝のような雨ということだから、普通のい雨じゃない夕立。それも夕立が降っている中にさらにホースで水をかける。かけなきゃ、滝のようなということにはならない。僕も滝のようなという表現にはちょっと困りましたけれど。

 

黒澤さんはそういう表現をなさるわけです。燃えるにしても一気にぶわっーと燃えちゃうんだというような言い方ね。ダイナマイトで吹っ飛ぶような、全部吹っ飛んだという言い方。オーバーにおっしゃるということではなくて、それを受け取る方としては限界みたいなものを考えて、ここが限界だというところまでやろうとするわけでしょう。

 

そういう言い方をされると。普通はやりたいなと思っても予算がということで遠慮しちゃう。ところが黒澤さんはやりたければやろうという気にさせる。溝口さんもそういうところがありましたけどね。

 

そんなわけで撮影している近所で、みんな水道がとまっちゃった。大騒ぎになったんです。ご町内全部に謝りに行った。消防署への始末書か何か書いて持っていったみたいですよ。

 

 

黒澤さんとはそれから『用心棒』と『影武者』でご一緒した。
『影武者』は途中病気で交代しちゃったけど、『用心棒』の時は呼ばれて、助手も誰も連れないで一人で東宝に行った。仕事に入りゃみんな同じなんですよ。

 

ロシアに行こうが。どこへ行ったって同じだ。外ではどう言っていても、仕事に入るとやっぱり自分の思い込みでやらなきゃ、映画って面白くないですからね。人の思いだけでやったら。

 

そういう点では私はとにかく監督に恵まれているし、そうした監督と仕事をすることが多かったから大変幸せに思っています。僕みたいなラッキーな男はいないんじゃないですか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

師匠山本嘉次郎が語る黒澤明を面接したときの話!「絵だって映画だって同じです!」

黒澤明は画家を夢見ていたが、絵では食っていけないと感じ、また兄丙午の死によって、長男のような責任も感じ始めて、とにかく父母を安心させたいという一心で後の東宝にあたるP・C・L映画製作所の助監督公募の広告をみて応募する。その時の面接官が後の師匠となる山本嘉次郎であった。その山本嘉次郎が弟子の黒澤明につ...

≫続きを読む

黒澤明『羅生門』の金獅子賞立役者カメラマン宮川一夫が語る撮影秘話!

※『Esquire』1990年9月号よりクロサワとミヤガワ はじめての仕事僕は、キャメラマンとしてスタートをしたときに稲垣さんにいろいろ教えてもらった関係で、稲垣さんと仕事をすることが一番多かったんですが、稲垣さんが丁度『手を繋ぐ子達』というのを昭和23年に撮って、その後東宝へ行かれたんですね。それ...

≫続きを読む

黒澤組を支えたカメラマン斉藤孝雄インタビュー!「どこかに仕掛けがありました」

黒澤映画では『素晴らしき日曜日』から『まあだだよ』まで、約50年にわたって撮影に携わってきた斎藤孝雄氏。メインの撮影監督になるのが『椿三十郎』ではあるが、それまでもマルチカムの2台目の撮影はすべて斎藤氏による撮影であった。以下、インタビュー記事の抜粋である。黒澤の第一印象や撮影術について※河出書房新...

≫続きを読む

リリー・フランキー 愛すべき人に薦めたい作品は黒澤明監督「どですかでん」

『どですかでん』が黒澤作品のベスト1と言っている人はなかなかいません。このサイトの管理人である私は『どですかでん』がベストでありますが、共感し合える人も少なく寂しい思いをしていますが、リリー・フランキー氏が『どですかでん』ファンであると聞いて嬉しくおもいました。色々と好きな理由はあるのですが、私が特...

≫続きを読む

黒澤明監督の居場所 おすぎエッセイ

映画を撮りたくても撮れなかった50代60代私自身、黒澤監督のマネージャーやスクリプターなどのお仕事をなさっていた野上照代さんと親しいものですから、その関係で監督とお話もさせていただいたし、『乱』の撮影現場も仕事がてら陣中見舞いに寄らせていただいたり。監督かちょっと谷の方に下りていったのを「迎えがてら...

≫続きを読む

野村萬斎が語る黒澤明と『乱』『蜘蛛巣城』。 能・狂言との関係性について

伝統芸能の役者でありつつも、常に新しいアプローチを模索し続ける狂言師・野村萬斎。伊藤英明とのコンビで大ヒットを記録した『陰陽師』や日本アカデミー賞10部門受賞した『のぼうの城』など、ヒットを放てる数少ない伝統芸能人。以下は彼が映画初出演となった黒澤作品『乱』のエピソードや、黒澤の能や狂言観について、...

≫続きを読む

渋谷陽一が語る黒澤明 肯定性とヒューマニズム、そして自殺未遂について

日本におけるロックジャーナリストの第一人者である渋谷陽一による黒澤明回想記である。『ロッキング・オン』以外にも『Cut』などで俳優や映画監督などのサブカルチャー全般を釣り扱っており、雑誌の編集やインタビューなど高く評価されている。渋谷陽一が語る黒澤明黒澤明は積極的に触れなかった映画はそれこそ小学校の...

≫続きを読む

黒澤明についた助監督たちが語る クロサワ体験記

映画の現場で一番過酷なポジションとはいったいどの担当の人間だろうか?答えは一目瞭然、助監督である。テレビでいうアシスタントディレクター、いわゆるADが映画でいう助監督である。監督の現場の怒号は、役者やその他の技術スタッフなどにはほどんど向けられない。基本的には監督が怒る相手は演出部の部下である助監督...

≫続きを読む

映画監督田中登が語る黒澤明 『用心棒』での学生助監督見習い

主に日活ロマンポルノ作品を監督し、『夜汽車の女』『?式場メス市場』『人妻集団暴行拉致事件』『発禁本「美人乱舞」より責める』などの数々の名作を残した映画監督の故田中登氏が、学生時代に、『用心棒』の現場スタッフのアルバイトをしていたという。その時の様子を語ったのが以下である。田中登 学生助監督見習い記ぼ...

≫続きを読む

黒澤明『野良犬』のリメイクを作りたくなかった理由 森崎東監督

昭和48年の松竹で製作した『野良犬』が25年ぶりにやっとビデオ化された。自作の中で『野良犬』だけがビデオ化されていない理由を、原作者である黒澤監督と菊島隆三氏の許可がないからだと思ってきたが、実はそうではなかったらしい。正直言って、私は会社企画であるこのリメイクを断りたかった。私は自分の監督昇進一作...

≫続きを読む

黒澤明が持つエンターテイメント性と思想性について 世間一般の間違った見解

映画批評なんてやっぱりくだらないものだと思う。テレビのコメンテーターと同じように、舞台に立つ恐怖やプレッシャーも知らずに、一丁前のことらしきことを言って自分に酔うのが映画批評。ロックのジャーナリズムもそんな感じ。今回紹介する高橋実という批評家?もいろいろと言っているが、結局、映画は観て個人か感じたも...

≫続きを読む

『野良犬』『酔いどれ天使』『七人の侍』などに見る黒澤明の偉大なる先取り!

偉大なる黒澤明日本を代表する映画監督、黒澤明。彼の偉大さは誰が何を言おうが揺るぎないもののように思える。例えば、ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラ、スティーブン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシと言った現在のハリウッドを代表する映画人たちが、尊敬の言葉を口に作品のサポートを引き受...

≫続きを読む

『トラ・トラ・トラ!』に見る敗者の黒澤明 『どですかでん』に見る悲劇の黒澤明

敗者黒澤明黒澤明が、西洋社会の芸術であった時代の国際映画祭にかくも熱狂的に受け入れられた理由は彼が異質な東洋のエキゾチズムを発散していたからではなく、彼が西洋人と同質のものを持っていたからである。黒澤は自伝の冒頭でジョン・フォードとジャン・ルノワールを引き合いに出しているが、日本人の監督の名前を出し...

≫続きを読む

『踊る大捜査線』にみる『椿三十郎』 たまには強引なクロサワ論で…

『椿三十郎』と『踊る大捜査線』しかししつこく書けば、例えば『椿三十郎』の頃は実に、鋭敏な同時代感覚を持っていた。その証拠に橋本治氏の『完本チャンバラ時代劇講座』を開いてみる。東宝のサラリーマン映画に出てくる”現代人”を大胆に器用し、黒澤作品にしては珍しく明らさまに二番煎じで明らさまに娯楽映画である『...

≫続きを読む

『用心棒』や『天国と地獄』に見る黒澤明の空間的感性について

今回の批評は、黒澤明が映画の中で描き出した「空間」について。なかなか凄いことを言っている感がある文章ですが、映画批評家などの文章は非常に分かりにくい。難しくこねくり回して、自分の語彙力や文章力をこれでもかと見せつけている感がよく目につく。映画はやはり、語るものではないですね。笑黒澤明が映画の中で描き...

≫続きを読む

『踊る大捜査線』の黒澤オマージュは『天国と地獄』だけではない!

映画批評 轟由起夫※4 河出書房新社発行 「黒澤明 生誕100年総特集」より抜粋噂は公開前から耳にしていた。何やら大胆不敵にも「クロサワを引用している」というではないか。ヒントはずばり「誘拐」だ。となると例のシーンか。それを確かめようと初日劇場へと向かった。満員だった。客席は異様な熱気をはらんでいた...

≫続きを読む

黒澤明の不可解さ 黒澤不思議論

「国際性」と「国民性」が同居黒澤明は不思議な存在である。それは日本においてはトーキー以降の世代で唯一「国際性」と「国民性」が同時に成立する映画作家だからである。例えば、戦後の同時期に活躍したほぼ同世代の作家たち、『二十四の瞳』の木下恵介、『青い山脈』の今井正、『君の名は』の大庭秀雄等は、黒澤と同様に...

≫続きを読む

評論家町山智浩氏が「七人の侍」を徹底解説!『七人の侍』に欠けている唯一の弱点とj...

映画評論家の町山智浩氏が日本映画の至宝『七人の侍』について語っている内容をまとめてみました。町山さんに『七人の侍』に対する見解の深さもさることながら、対談相手の春日太一氏の情報量が凄いです。『七人の侍』の3時間に及ぶ長さは最初から意図されたものだったのか?春日 この映画は製作日数は271日で、総製作...

≫続きを読む

『天獄と地獄』のラストシーンで黒澤明が予期しなかった凄いことが起こった!?

映画評論家で黒澤作品についても詳しい町山智浩氏の『天獄と地獄』の解説をご紹介します。町山氏は、この映画『天獄と地獄』をはじめて観たとき、「え?これでいいの?」と思ってしまったらしい。中学生ながら、これはちょっとダメなんじゃないのという違和感があったという。その違和感や、黒澤監督自身も予期しなかったラ...

≫続きを読む