黒澤明作品の原案は小説が半数!「七人の侍」は「壊滅」という小説がヒントになった!

映画作家と職業監督

一口に映画監督と言っても、役割や権威などは様々。

 

黒澤明は、自分で映画にしたい題材を見つけてきて、企画をあげて、脚本を書き、演出する映画監督であって、いわゆる職業監督とは一線を画している。

 

ハリウッドでも日本でも、そのような監督はマイノリティであって、多数は雇われ監督である。

 

しかし、世界でも巨匠と呼ばれる監督は、ほとんど例外なくそのマイノリティ側の人たちなのです。フェリーニもヴィスコンティも大島渚も山田洋次もすべて、自分がやりたいことを見つけてきて、一本の映画で見せつけるという映画作家なのです。

 

黒澤明は生涯で製作した30作品のほぼすべてが、自ら企画をあげて自ら撮ったもの。

 

黒澤はいったいどんな題材を好んでいたのか?

 

全30作品のうち、小説や古典演芸などを下敷きにした作品は15作品と半数あった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

作品

原案

姿三四郎・続姿三四郎 富田常雄の小説
虎の尾を踏む男たち 能「安宅」と 歌舞伎「勧進帳」
静かなる決闘 菊田一夫の戯曲
羅生門 芥川龍之介の小説
白痴 ドストエフスキーの小説
蜘蛛巣城 シェイクスピアの戯曲
どん底 ゴーリキーの戯曲
椿三十郎 山本周五郎の小説
赤ひげ 山本周五郎の小説
どですかでん 山本周五郎の小説
天国と地獄 エド・マクベインの小説
デルス・ウザーラ ロシア時人探検家の手記
シェイクスピアの戯曲
八月の狂詩曲 村田喜代子の小説

 

ロシア文学に精通していることは知られた黒澤だが、これを見ると、英国シェイクスピアや日本の伝統芸能や小説などにも、関心が高かったことがわかる。

 

「蜘蛛巣城」ではシェイクスピアを映画化した作品の中で、最もシェイクスピア的であるとして世界中で評価を得ているし、「どですかでん」は原作家の山本周五郎に小説を超えたと言われるなど、黒澤の文学への理解の高さがうかがえる。

 

またオリジナル脚本作品にも、それらの影響は現れている。「醜聞」は限りなくドストエフスキーらしいという批評もよく聞くし、「生きる」はトルストイの「イワン・イリッチの死」が原作とも言われている。

 

「七人の侍」は「壊滅」というファージャーエフの小説がヒントになっているらしい。

 

画家志望のアーティスティックな男・黒澤明は、文学系にもすこぶる強かったんです。

 

※黒澤明の作劇術 古山敏幸 フィルムアート社 より引用

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

関連記事一覧

黒澤明作品の格は脚本!橋本忍、小国英雄、菊島隆三という偉大なストーリーテラー

 

黒澤明の撮影術 パンフォーカスやマルチカムを流行らせたのは黒澤!

 

黒澤明作品の原案は小説が半数!「七人の侍」は「壊滅」という小説がヒントになった!

 

黒澤明「羅生門」は「ラショーモンアプローチ」として海外作品に影響を与えた!

 

「七人の侍」と製作者・本木荘二郎

 

宮崎駿が語る黒澤明「生きる」のファーストシーンの衝撃!

 

黒澤明監督『影武者』 勝新VS黒澤 どっちが悪い?主役交代劇の真相はこれだ!

 

黒澤明「野良犬」と「静かなる決闘」は兄弟作 そして「天国と地獄」に繋がっていく!

 

『七人の侍』 俳優を追い込む黒澤明のドSっぷりが凄い撮影秘話

 

『椿三十郎』ラストシーン 取り直しが利かない緊迫の撮影現場!!

 

 

スポンサーリンク