黒澤明「七人の侍」は百姓の描き方が100点!大衆のバカさを百姓で表している?!

七人の侍

黒澤明「七人の侍」ここが凄い!ポイント

綿密な時代検証が凄い!
撮影技術の革新が凄い!
リメイク作品が多い!
撮影期間が凄い!
後世への影響が凄い!
練りに練られた脚本が凄い!

 

スポンサーリンク

 

世界映画史上、他の映画に最も影響を与えている作品である。

 

黒澤作品並びに、日本映画、世界映画の最高傑作と評され、国内外で60年の月日を経ても評価され愛される、まさに映画のマスターピースである。

 

綿密な時代検証の上で書かれたシナリオを元に、黒澤が初めて複数のカメラで撮影するマルチカム方式と、望遠レンズによるパン・フォーカスを採用。

 

脚本、撮影技術、現場での妥協のない演出が見事に絡み合い、観るものを掴んで離さない突出した作品となっている。

 

この「七人の侍」以前は、複数の主人公が活躍する場合、最初から主人公たちが一緒に行動している設定が多かった。

 

しかし本作品では、まず仲間探しから始まるところに面白さがあり、後に多くの映画が、その構成を真似ている。

 

アメリカ映画だけを例に挙げても、

 

ジョン・スタージェス監督「荒野の7人」
スティーブン・カーヴァー監督「高層プロフェッショナル」、
ジミー・T・ムラカミ監督「宇宙の7人」

 

などがある。

 

ひとひねりした作品としては、ロバート・オルドリッチ監督「特攻大作戦」、リチャード・ブルックス監督「プロフェッショナル」、テレビシリーズの「スパイ大作戦」などがある。

 

「七人の侍」について もっと詳しく見る

 

スポンサーリンク

 

ハリウッドの巨匠に多大な影響を与えた金字塔

当時の映画7本分の製作費がかけられ、撮影期間も一年間。

 

大ヒットを記録し、世界でも評価されヴェネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞
その後、ハリウッドでもリメイク。今では巨匠とされている映画監督たち、

 

スティーブン・スピルバーグ
ジョージ・ルーカス
マーティン・スコセッシ
フランシス・コッポラ

 

などに多大な影響を与えた作品。

 

最後の野武士との合戦は、何度も見てしまいます。
プライベート・ライアンの冒頭の20分のノルマンディー上陸のシーンを見たくなるのといっしょの感覚です。

 

ま、そのシーン創りのインスピレーションは、この作品の雨の合戦シーンなんで、当たり前につながってきた感覚なのかもしえません。

 

スピルバーグ監督は、新しい映画に取り掛かる前には、必ずこの「七人の侍」を見るそうです。

 

「タクシードライバー」のマーティン・スコセッシ監督は、少年時代に名画座に通い、何度もこの作品見て、カット割りを勉強したと言います。

 

志村喬演じる島田官兵衛が、前半で罪人を切るシーンは、映画史上初めて人が死ぬ瞬間をスローモーションで魅せたシーンとして有名ですね。

 

スポンサーリンク

 

百姓の描き方が100点

長い作品なんですが、カットとセリフに無駄がないんですよね。だらだらと長いのではなく、しっかり意味あるカットを積み上げてこの長さなんで、見ている間にどんどん引き込まれていきます。

 

しかし。個人的には野武士とのアクションが若干長く感じました。クライマックスの雨のシーンの前の、五郎兵衛と与平が死ぬ合戦はもうちょっとあっさりでもよかったかなと思います。

 

農民の描き方がリアリティと演劇性のバランスがちょうどよくて好きです。百姓に対して可哀そうだなと感情移入するところもあれば、怯えんともっと冷静になってちゃんと考えろよ!とムカついたりするところもある。

 

野武士に怯えてすぐにワーワー集まって騒いだり、虜として捉えた野武士を情け容赦なく殺したり、黒澤は現代でいう一般大衆の無能さを百姓で表現したのかもしれません。

 

菊千代は、死にたいと言う老婆を見て「情けない奴が大嫌いだ!」と言います。可哀そうで惨めな奴が大嫌いという菊千代は黒澤の気持ちを代弁しているのでしょうか。敗者になって嘆くのではなく、そうならないために必死で努力しろよ!菊千代を借りて黒澤が叫んでいるようにも思えます。これは強者の論理かもしれませんが。

 

痛快アクション大作なんですが、ラストはやるせない気持ちになるんですよね。
野武士は倒せたのだか、こちらも大きな代償は払っている。仲間の命という、かけがえのないものを失って、平和は訪れている。

 

ま、そういう安易なパッピーエンドではないのが、また好きなんですが。

 

スポンサーリンク

 

三船が演じる菊千代はやっぱりずば抜けている

侍も百姓もみんな走る走る。走る演出させれば黒澤明はピカイチです。人がガーっと集まったりバラけたりする集団の動きも画の構図にスキがない。しっかりカメラも交えてリハーサルをしているのが見て取れます。故に見ていて気持ちがいい。

 

三船敏郎が最高です。ユーモラスな菊千代というキャラを見事演じています。百姓の与平との絡みは面白いですね。与平単体でも十分面白いですが。左卜全演じるあの間抜けさは最高です。左卜全は『どん底』のお遍路役も強烈ですよね。

 

私の中で三船敏郎が演じたベストワンはこの菊千代ですね。演じているようには思えない素の野獣さとユーモアと勇敢さなんですよね。あとやさしさと哀しさも。不自然さが見当たらない。本当にすごい役者さんです。

 

与平以外でも百姓たちのキャラ立ちはしっかりしています。このあたりの描き方がしっかりしているから面白いんです。

 

女房を野武士にとられて闇を抱える百姓利吉。自分や娘のことだけを考えている腹立つ百姓の万造。その娘の志乃。キャラの性格をしっかり掘り下げてそれをスクリーンに表しているから、いろいろなエピソードがしっかり入ってくる。
志村喬演じる島田官兵衛が言った最後のセリフ、

 

「勝ったのは我々ではなく、百姓たちだ」

 

菊千代が意味するもの

高橋実という小説家なのか映画評論家なのかわからない人ですが、菊千代と黒澤明についての氏の興味深い見解がありましたのでご紹介します。

 

日本映画のベストワンに必ずといっていいほど選ばれる『七人の侍』が黒澤にとって特別の映画であるという意見に私も賛成である。しかし、それは日本映画離れしたド迫力のアクションシーンとかエンターテイメント性とかが理由ではなくて。それは三船敏郎演じる菊千代というキャラクターによるものだ。

 

『七人の侍』のちょっとした息抜きのシーンで、七人のひとり、平八が「戦のときはな、何かこう高くひるがえるものがないと寂しい」と旗をこしらえる場面がある。彼はその記号と文字の入り交じった旗についてこう説明する。「これはたんぼの田の字。つまり百姓たち。この村だな」菊千代は「この〇は?」とさらに説明を求める。「俺たちだ」「なんだ6つしかないじゃないか。俺はのけ者か」そこで平八は「いや、この三角が菊千代様だ」

 

この三角こそが黒澤が自らの思想を止揚することによって到達した解説の境地だった。

 

黒澤映画の構造は多数の弱者を少数の強者が導くことで成立する。しかし、『七人の侍』の頃には黒澤の内部で激しい葛藤があった。そして、菊千代という侍でもなく農民でもないキャラクターが両者の媒介として生み出されたのだ。つまり自己の性であり限界でもある単純な図式を自らの手で破壊する真の意味での創造性があったのだ。

 

これに対して『用心棒』の名無しの男は、無償で弱い百姓夫婦を逃して助ける。しかも自分の命を危険にさらしてまで。にもかかわらず、その逃げた農民は置手紙をして男の策略を台無しにするのだ。ここでの強者と弱者の関係は一方的なものであり、しかも明白にお荷物としてしか描かれない。

 

『七人の侍』の最後の山場はアンチ・クライマックスとも言える菊千代の死だ。あくまで侍に憧れ続けた菊千代は七人中もっとも侍らしい久蔵にまるで殉死するように死んでいく。そのシチュエーションが冒頭で官兵衛が見事強盗をやっつけたのと同じであることに注意すべきだ。

 

菊池代には官兵衛にできたことが出来なかった。侍失格者だったのである。官兵衛が最後に存外軽い口調で「勝ったのは農民たちだ」という。これは農民が勇敢に戦ったということではなく、彼らの生命力に感嘆してのことだろう。しかし、本当は官兵衛にその言葉を言わせたのは、侍になれずカッコ悪く死んでいった菊千代その人だったのではないか。

 

この映画の中で菊千代は実に醜い。しかし一見汚い作りだが恰好が良すぎる名無しの男よりもずっと美しい「醜さ」だった。それは菊千代が唯一大衆と繋がった黒澤自身だったからではないか。そして、それは彼の作品に2度と現れることはなかった。

 

高橋実

 

※4 河出書房新社発行 「黒澤明 生誕100年総特集」より抜粋

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

 

黒澤明 七人の侍

 

時は戦国時代、盗賊と化したの武士たちが村を襲うようになっていた。
村は去年、野武士に襲われ、被害を受けていた。
今年もまた野武士がやってくるという時、
村の若い百姓、利吉が、野武士と戦うことを提案する。

 

長老は侍を雇うことを思い立ち、4人の百姓が、町に出て侍を探すが、百姓の願いなど聞いてくれる侍はなかなか見当たらない。
そんな中、町で事件と出くわす4人。
人質を捕まえて立てこもっている盗人を見事に倒して、人質を助け出したのは、初老の侍・勘兵衛であった。

 

立ち去る官兵衛の後を追う4人の百姓。意を決して官兵衛にお願いする。

 

制作:本木荘二郎
脚本:黒澤明 橋本忍 小国英雄 
撮影:中井朝一
美術:松山崇
照明:森茂
音楽:早坂文雄
助監督:堀川弘通 清水勝弥 広沢栄
出演:志村喬 三船敏郎 宮口精二 木村功 千秋実 加東大介 稲葉義男

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

スポンサーリンク

 

前の作品 「生きる」は「七人の侍」と並ぶ最高傑作!

 

次の作品 「生きものの記録」 三船敏郎が狂気の老人を怪演!音楽担当早坂文雄の遺作になった。

 

 

黒澤明×姿三四郎 デビュー作にして斬新なスローモーションの使い手!

黒澤明,姿三四郎 黒澤明の監督デビュー作である。富田常雄の小説の前半部分から、姿三四郎と恋人の乙美と南小路という、子爵の令嬢の三角関係を描いたメロドラマ的エピソードをのぞき、柔術を通じて人間的に成長していく三四郎の姿を描いている。師匠・矢野正五郎と三四郎との子弟関係が物語の中心となっている。師匠と弟子という、後の黒澤...

≫続きを読む

黒澤明「一番美しく」は単純なプロパガンダ映画ではない!

黒澤明,一番美しく 軍需工場でのく女子挺身隊の活動をセミドキュメンタリータッチで描く。挺身隊員を演じる女優陣から、職業的なにおいや、羞恥心を取り去るため、日本光学の寮に入れ、駆け足の訓練から始め職場にも配慮し工員たちと同じ労働を割り当てた。その甲斐あって、本物の挺身隊員と同様の自然な演技が引き出せたが、連日8時間以上の...

≫続きを読む

「続姿三四郎」は黒澤明自信はあまり乗り気ではなかった

黒澤明,続姿三四郎 「姿三四郎」のヒットに気をよくした東宝は、黒澤に続編を作ることを命じた。続編を作ることにあまり乗り気でなかった黒澤は、無理やり創作意欲を駆り立てての撮影となった。そのため、主人公の三四郎よりも適役の檜垣兄弟に対する比重が大きくなり、アンバランスな作品になったしまったと言う。しかしクライマックスの雪原...

≫続きを読む

黒澤明「わが青春に悔いなし」 新しい女性像を原節子が好演!

黒澤明,我が青春に悔いなし 戦国時代版のジャンヌ・ダルクを構築していたが、GHQの要請にも沿った民主主義啓蒙映画「わが青春に悔いなし」に取り組むことになった黒澤明。敗戦直後、35歳の黒澤はこうノートに記した。「新しい時代は新しい人間の創造を求めている。我々は新しい時代の新しい課題を解決すべき、新しい人間としての自己形成を目指さ...

≫続きを読む

黒澤明「素晴らしき日曜日」 映画史上最高に美しいシーンと巨匠が絶賛!

黒澤明,素晴らしき日曜日 43年、黒澤は小学校時代の同級生でシナリオライターの植草圭之助と銀座の書店で偶然に再会した。その後、一緒に映画を作ろうということになり、D・W・グリフィスの名作「素晴らしき哉人生」より着想を得て実現したのが本作品。グリフィスの映画では、若いポーランド人の2人が住宅難で結婚できない。そこで空き地を借り...

≫続きを読む

黒澤明「酔いどれ天使」 三船敏郎鮮烈デビュー。イケメンが過ぎる!

黒澤明,酔いどれ天使 黒澤明と三船敏郎の黄金コンビ第一作。肺結核の冒された若いやくざと、彼を治療しようとする町医者の交流を描いた作品。志村喬演じるの老練な男と三船敏郎演じる未熟な若者はそのまま「野良犬」の先輩後輩という子弟関係に繋がっている。本来この作品の主人公は医師に真田役の志村であるが、完全に準主役の三船が主役を食っ...

≫続きを読む

三船敏郎×黒澤明「静かなる決闘」 梅毒が感染してしまった医師の苦悩を描く秀作!

黒澤明,静かなる決闘 黒澤明が東宝以外で始めて撮った作品がこの「静かなる決闘」です。この映画での黒澤の狙いは、爆発的な三船敏郎の人気が、やくざ役の方に走っていくのを止めようとしたと自伝で語っています。ここで倫理観の強いインテリの役を演じさせることで、三船に役者としての成長を期待しての起用だったという。大映側から批判された...

≫続きを読む

刑事映画の傑作「野良犬」  黒澤明×三船敏郎コンビ最初の傑作

黒澤明,野良犬 「メグレ警視」シリーズなどの探偵小説で有名なフランスの社会派作家、ジョルジュ・シムノンの作品が大好きな黒澤が、シムノン風に撮ってみようかと脚本に着手。だが、なかなか書けずに四苦八苦していたところ、巡査がピストルを盗まれたという実話を聞き、それを小説風に書き上げた作品がこの「野良犬」。しかしその後それ...

≫続きを読む

黒澤明×三船敏郎「醜聞(スキャンダル)」は、マスコミへの怒りと恐怖から作られた!

黒澤明,醜聞 親友である松竹の監督木下恵介の仲介で、始めて大船撮影所で監督した作品。つねづねジャーナリズムの強引な取材を不愉快に思っていた黒澤が、ある日電車の中刷り広告のセンセーショナルな見出しに呆れ返った。言論の自由が当然だが、その自制のない逸脱をどうするのか?こんなことが赦されてはならない、今のうちに叩き潰さ...

≫続きを読む

黒澤明「羅生門」 手柄は三船敏郎ではなく、カメラマン宮川一夫!

黒澤明,羅生門 黒澤明「羅生門」ここが凄い!ポイントイタリアのヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞!アメリカのアカデミー特別賞を受賞!日本映画が初めて国際的に認められた作品!欧米コンプレックスを抱えていた当時の日本人に光を与えた!モノクロの映像美が凄い!ホースの水に墨を混ぜて迫力ある雨のシーンを撮った!カメラマン宮川...

≫続きを読む

黒澤明「白痴」の見どころは原節子、森雅之、三船敏郎、久我美子の演技合戦!

黒澤明,白痴,森雅之,三船敏郎 黒澤明「白痴」ここが凄い!ポイント黒澤のドストエフスキーへの愛が凄い!上映時間を巡って出た名言が凄い!役者の演技が凄い!特に久我美子の演技が凄い!ディレクターズカット版の長さが凄い!ロシアでの評価が高い!ドストエフスキーの小説の舞台を札幌に移し、黒澤が全身全霊をかけて作ったといわれる作品。作品は第一...

≫続きを読む

黒澤明「虎の尾を踏む男達 」は能を洋楽風コーラスにアレンジした秀作!

黒澤明,虎の尾を踏む男達 完成後7年間もお蔵入りとなっていたいわくつきの作品である。東宝の前身であるP・C・Lに入社した黒澤は、主に山本監督につき榎本健一(エノケン)主演の喜劇映画の助監督を数多く務めた。その現場で喜劇の撮り方や役者の使い方を、自分のものとして習得したことが見られる作品。本作オリジナルの登場人物として、強力役...

≫続きを読む

黒澤明「生きる」は「七人の侍」と並ぶ最高傑作!

黒澤明,生きる 黒澤明「生きる」ここが凄い!ポイント志村喬の演技が凄い!雪のシーンの撮影が凄い!展開が凄い!お通夜での大人数によるシーンが凄い!真正面から官僚主義批判をしている!この映画のテーマは永遠に古くならない!4年ぶりに東宝に戻って監督した作品。「七人の侍」と並んで黒澤の最高傑作と評価されている作品である。ト...

≫続きを読む

黒澤明「七人の侍」は百姓の描き方が100点!大衆のバカさを百姓で表している?!

黒澤明,七人の侍 黒澤明「七人の侍」ここが凄い!ポイント綿密な時代検証が凄い!撮影技術の革新が凄い!リメイク作品が多い!撮影期間が凄い!後世への影響が凄い!練りに練られた脚本が凄い!世界映画史上、他の映画に最も影響を与えている作品である。黒澤作品並びに、日本映画、世界映画の最高傑作と評され、国内外で60年の月日を経て...

≫続きを読む

黒澤明「生きものの記録」 三船敏郎が狂気の老人を怪演!音楽担当早坂文雄の遺作にな...

黒澤明,生きものの記録 初期の黒澤作品のほとんどの音楽を担当し、黒澤の親友として良き相談相手にもなっていた早坂文雄。彼は昭和29年に行われたアメリカのビキニ環礁に核実験で、死の灰が予想よりも遠くまで飛び散り、第五福竜丸が被災したときに、「こう命をおびやかされちゃ、仕事もできねぇ」と黒澤に言ったという。その言葉が強く心に残っ...

≫続きを読む

「蜘蛛巣城」黒澤明×三船敏郎 シェイクスピア映画の最高峰

黒澤明,蜘蛛巣城 黒澤明「蜘蛛巣城」ここが凄い!ポイントシェイクスピア「マクベス」を時代劇にした!能の様式美を演出に取り入れた!山田五十鈴の演技が凄い!危険極まりない撮影裏側が凄い!現代演劇の巨匠が絶賛!シェイクスピアの「マクベス」をそのまま戦国時代に置き換えて映画化。原作の戯曲にメイクや演出など、能の表現が織り交ぜ...

≫続きを読む

「どん底」黒澤明×三船敏郎 ミュージカル映画顔負けのラストが凄い!

黒澤明,どん底 黒澤明「どん底」ここが凄い!ポイント喜劇役者たちの演技が凄い!撮影期間が異例の短さ!ミュージカル映画顔負けのラストが凄い!マルチカム撮影が凄い!ゴーリキーの戯曲が時代劇に舞台を江戸時代の棟割長屋にした以外は、ゴーリキーの戯曲を忠実に再現して映画化した作品。「生きものの記録」で実験的に使用したマルチカ...

≫続きを読む

「隠し砦の三悪人」は無敵の三船敏郎が初めて出てきた黒澤明作品!

黒澤明,隠し砦の三悪人 黒澤明「」ここが凄い!ポイント黒澤映画ナンバーワンの娯楽性!スターウォーズの元ネタ!実は太平と又吉が主役!製作費の増え方が凄い!ベルリン国際映画祭で監督賞を受賞!「隠し砦の三悪人」は黒澤初のワイドスクリーン作品。隠し砦から黄金とお姫様を連れ、的中突破を試みる武将と2人の百姓を描いた痛快娯楽時代劇の傑...

≫続きを読む

黒澤プロ第一弾「悪い奴ほどよく眠る」はあえて社会派サスペンスを描いた!

黒澤明,悪い奴ほどよく眠る 黒澤明「悪い奴ほどよく眠る」ここが凄い!ポイント汚職というテーマの普遍性!シナリオの凝り具合が凄い!結婚式のシーンの映画的テクが凄い!ゴッドファーザーで真似された!黒澤作品ナンバーワンの悲劇的結末!「隠し砦の三悪人」の予算オーバーが原因で、黒澤を辞める方向に持っていった東宝だったが、儲かる映画を作る...

≫続きを読む

黒澤明「用心棒」 三船敏郎の殺陣の動きはラグビーの動きを参考にした!

黒澤明,用心棒 黒澤明「用心棒」ここが凄い!ポイント殺陣が凄い!面白さが凄い!「荒野の用心棒」でリメイクされる!ヴェネツィア国際映画祭で三船敏郎が主演男優賞を受賞!カメラマンが世界のミヤガワ!黒澤映画を代表するエンターテイメント作品黒澤が理屈ぬきに面白い、楽しい映画を作りたいと思って撮ったのがこの作品。ダシール・ハ...

≫続きを読む

黒澤明作品の最大ヒット作「椿三十郎」 三船敏郎の殺陣は神レベル!

黒澤明,椿三十郎 黒澤明「椿三十郎」ここが凄い!ポイント黒澤映画で最大のヒット!立ち回りがリアル!ラストの三船VS仲代がすごい!今みても笑えるシーンがある!セリフから日本語を勉強できる!用心棒のコミック版「用心棒」の続編だが、原作自体は山本周五郎の小説「日々平安」なので、前作とは何のかかわりもない。主人公・三十郎の苗...

≫続きを読む

黒澤明×三船敏郎「天国と地獄」は総合力の天才であることを証明する映画!

黒澤明,天国と地獄 黒澤明「天国と地獄」ここが凄い!ポイントサスペンス映画でありながら何度見ても面白い!徹底した現場検証と綿密な構成黒澤は総合力の天才!誘拐に関する刑法改正のきっかけになった映画アマゾンのレビューが凄い!娯楽映画かつヒューマンドラマエド・マクベインの小説「キングの身代金」を下敷きにしている。が実際はほん...

≫続きを読む

三船敏郎×黒澤明の最後の作品 「赤ひげ」 加山雄三、田中絹代他

黒澤明,赤ひげ 山本周五郎の「赤ひげ診療譚」の映画化で、最後の黒澤・三船コンビの作品である。原作は江戸時代に幕府が設けた貧しい病人たちの為の医療機関・小石川診療所の所長で赤ひげと呼ばれる医師・新出去定を主人公に、いくつかのエピソードから構成されたオムニバス小説だが、黒澤はひとつの流れとして捉え、新参の弟子・保本登が...

≫続きを読む

黒澤明初のカラー作品「どですかでん」は色彩を楽しむ映画である!

黒澤明,どですかでん 山本周五郎「季節のない街」を映画化黒澤は木下恵介、市川崑、小林正樹らの監督に呼びかけ、低予算で映画を撮るというコンセプトのもと、「四騎の会」という芸術家集団を結成。この「四騎の会」制作の、最初で最後の作品が「どですかでん」である。思ったような色が出せないという理由で、長い間カラーで撮ること拒否してき...

≫続きを読む

黒澤明は運を持っている!「デルス・ウザーラ」でアカデミー賞を獲得!

黒澤明,デルス・ウザーラ 白痴を撮った後、ロシアの探検家ウラジーミル・アルセーニエフの探検記を「エゾ探検記」として企画したが、結局その時は流れてしまった。20年後、ソ連から黒澤に一本撮ってみないか?と依頼があり、70ミリの大作映画として完成したのがこの「デルス・ウザーラ」である。シベリアの密林に住む猟師と探検隊隊長の友情と師...

≫続きを読む

勝新太郎と大揉めした「影武者」 黒澤明は若山富三郎にもオファーを出していた!

黒澤明,影武者 武田信玄の影武者となった男の、数奇な半生を描いた時代劇。予算の問題で制作が難航したが、黒澤を敬愛する「ゴッドファーザー」のフランシス・フォード・コッポラと「スターウォーズ」のジョージ・ルーカスが、20世紀フォックスに声をかけて予算が確保された。勝新太郎VS黒澤明当初、信玄と影武者の2役は勝新太郎が演...

≫続きを読む

黒澤明の集大成「乱」 仲代達矢演じる秀虎は黒澤自身である!

黒澤明,乱 黒澤明のライフワークシェイク・スピアの「リア王」を下敷きに、老城主と3人の息子たちの愛憎渦巻く争いを描いた戦国スペクタクル。黒澤はこの作品を自分の「ライフワーク」と位置づけ、また「人類への遺言」でもあるとしている。仲代達也演じる主人公の一文字秀虎は、黒澤自身を色濃く反映させたキャラクター設定であると...

≫続きを読む

黒澤明「夢」はスピルバーグとジョージルーカスの援助で撮影に漕ぎつけた!

黒澤明,夢 カンヌ国際映画祭でオープニング上映された作品夢を題材にした8つのエピソードからなる、ファンタスティックなオムニバス映画。黒澤を崇拝するスティーブン・スピルバーグとジョージ・ルーカスが援助に乗り出し、撮影に漕ぎつけた。そのため、配給権がワーナー・ブラザーズ渡ってしまい、日本では自由に上映することが出来...

≫続きを読む

黒澤明「八月の狂詩曲」はリチャード・ギアが出演!原爆投下謝罪のシーンは欧米で批判...

黒澤明,八月の狂詩曲 村田喜代子の原作「鍋の中」を元にした反核映画。原爆投下で主人公の夫が亡くなったことについて、リチャード・ギア扮するクラークが主人公に謝罪するシーンでは欧米からの批判もあった。しかし黒澤作品で描かれる木々の美しさと雨のシーンは圧倒的であり、本作のラストでもその魅力が出ている。ヴィム・ヴェンダースとの対...

≫続きを読む

黒澤明の最後の作品 「まあだだよ」

黒澤明,まあだだよ 作家・内田百聞とその門下生たちとの交流を描いたヒューマンドラマ。当初は3時間近い長尺の作品になるはずであったが、徹底的にリハーサルを重ねていった結果、2時間14分の作品に仕上がった。それだけに段取りが良すぎるところが鼻に付くところもあるが、その内容の濃さには感嘆せずにはいられない。黒澤は脚本段階から...

≫続きを読む