評論家町山智浩氏が「七人の侍」を徹底解説!『七人の侍』に欠けている唯一の弱点とjは?!

町山智浩氏が語る20世紀名作映画講座「七人の侍」

映画評論家の町山智浩氏が日本映画の至宝『七人の侍』について語っている内容をまとめてみました。

 

町山さんに『七人の侍』に対する見解の深さもさることながら、対談相手の春日太一氏の情報量が凄いです。

 

スポンサーリンク

 

『七人の侍』の3時間に及ぶ長さは最初から意図されたものだったのか?

 

春日 この映画は製作日数は271日で、総製作費は2億1000万円。当時の製作費の平均予算の7倍。終戦してまだ10年も経っていないこの時代では破格の予算。まず脚本段階、この脚本は、黒澤明、橋本忍、小国英雄が熱海の温泉旅館で泊まりながら脚本を書いていたんだけれど、プロットなしで書かれている。どんどんどんどん頭から書いていって、内容が膨らんでくる。途中でみんなが長いな感じつつも、誰も「これは長い」とは言わない。それだけみんな削りたくなかったんでしょうね。

 

町山 当時はフィルムの尺数が長いと、それだけで予算規模が巨大になってしまうんです。カメラを回しているだけで膨大なお金がかかっちゃう。だから予算的に完全に不可能な状態でなぜか通してしまった。

 

春日 当時の東宝の製作トップ森岩雄が「東宝再建の為にはどうしても大作が必要だ」として、正に社運を賭け、この『七人の侍』に乗っかるしかなかった。だから多少、というよりは思いっきり無理な企画であったが通してしまった。

 

町山 黒澤明自身も大作アクション映画というのは撮ったことがない。だから予想が出来ない。だから何度も撮影中止になった。その度に予算をもらって再開した。だから三船敏郎も何度もここでクランクアップかと思った、と懐述しています。

 

春日 黒澤も、大型アクション映画ははじめてだったので、後になって後悔している撮影もいっぱいあったという。

 

町山 一番悲惨だったのは、後半始まってすぐぐらいに、敵のアジトに火をつけるシーン、丸太小屋が燃えて利吉の奥さんが出てくるシーンですね。
小屋の燃やし方が分からなくて、とりあえず小屋を燃やしてアクションスタートしたのはいいが、あまりにも小屋があっという間に燃えてしまったので、実はあのシーンはNGシーンらしいです。

 

春日 利吉(土屋嘉男)が顔を押さえる仕草が垣間見れるシーンがあるが、それは本当に顔に火が掛かり、水ぶくれがたくさんできるぐらいの火傷を負ってしまったシーンだという。

 

この撮影で黒澤が言ったのは
「セットを燃やすと、中は空洞なので思ったより早く燃えてしまう。これはリアルな燃え方じゃないからダメ」
ということで『乱』の時は本当の城を作って燃やしたという。

 

町山 水車小屋が燃えるシーンも、燃やして、さあ撮影しようと言ってるうちに燃え切ってしまうので、3回ぐらい建て直してやり直したという。炎のコントロールがかなり難しかったというエピソード。黒澤明は、炎とか水とか風とか、コントロールしにくいものをわざと使って撮影する。今じゃ普通ですけど、火をバックにラブシーンなどは、日本映画ではなかったこと。

 

スポンサーリンク

 

農民が実際に武士を傭兵として雇う歴史的な事例は実際にあったのか

 

春日 『七人の侍』はもともと全然違う企画である『侍の一日』からはじまっている。
『侍の一日』は侍の日常を描いたシナリオで、橋本忍原案の企画。ある城勤めの侍がその一日の中であるミスを冒してしまい、最後は切腹して死んでいくという内容。

 

このシナリオは、詳細部分でどうしてもなっとくがいかない問題点があり、最終的にこの企画はボツになる。

 

次に出てきたのが、黒澤明が提案した「剣豪列伝」というシナリオ。
これは実在した剣豪たち8人の見せ場だけで構成していくオムニバス映画。
これは起承転結がないということで、ボツに。

 

そして次に出てきたテーマが武者修行。侍の武者修行を描いたらどうなるか?ということで、武者修行している侍は、実際どうやって飯を食っていたのか?

 

その事実を探していた時に、本木壮二朗プロデューサーがもってきた資料に、当時、侍が雇われて村を警備するというアルバイトがあったということが書かれており、それをみた瞬間に

 

黒澤「出来たね」
橋本「出来ましたね」

 

というやり取りがなさえたという。

 

 

町山 この「侍が雇われて村を警備する」というアイデアで、剣豪たちのオムニバスが起承転結のある一つの物語になり得ると、2人は瞬間でひらめいて、瞬間で確認し合ったということでしょう。

 

オムニバスのシナリオの段階で、7人の侍のうちの6人の設定や見せ場のシーンは出来ていたが、唯一出来ていなかったのが菊千代というキャラクター。なので『七人の侍』のオリジナルのキャラクターが菊千代である。

 

 

春日「侍が雇われて、村に入った時に、村人は怯えて出てこなかったというシーンで、一度シナリオは止まってしまったという。

 

”このシナリオは何かが書き足りない”と黒澤が言うと、

 

小国、橋本 「いや、カードはそろっていますよ」
黒澤 「いや、ジョーカーがいないでしょう」

 

ジョーカーとはつまり、何にでもなれるキャラということで、百姓でもあり侍でありというキャラクター「菊千代」をつくることで、百姓と侍を繋ぐことが出来ると。

 

 

町山 ということで、菊千代が侍にラインナップしたことにより、元々久蔵をやる予定だった三船敏郎が、急遽菊千代役に決定した。

 

宮口精二演じる久蔵のシーンが多い、かっこ良過ぎるという理由は、これで解決しましたね。元々三船敏郎がやる役を受け継いだからそうなったということです。
久蔵ネタの余談として、『荒野の7人』での久蔵役を演じたのは、ジェームス・コパーン。宮口精二と同様、馬面で最後に死に方が全く一緒という。笑

 

スポンサーリンク

 

戦闘シーンの撮影は画期的だった

 

町山 弓矢が刺さるシーンは、矢を筒にして、中に透明の糸を通して、標的の演者の背中に板をかまして刺さるシーンを撮影したという。

 

黒澤明のこの映画における発言ですごく叩かれた発言が
「人一人ぐらい死んでもしかたないでしょ」と言ってしまったという。笑

 

 

春日 黒澤はとにかくテーマありきの映画ばっかりつくってきて疲れたと。テーマなしで、理屈抜きで楽しめるアクション映画を創りたかったんだと。その条件を満たす設定としては時代劇が最適であった。『七人の侍』の根本はここにあるです。

 

「日本にはまだちゃんとした活劇が創れていない。そして外国映画を見ても、活劇の爽快感はあるが人間が描けていない。だから、これまでにない人間ドラマかしっかり描けている活劇を撮りたかった」こういうことを黒澤は言っています。

 

侍たちの死に様もリアルで時代劇のような大げさな感じで死んでいくのではなく、実際の戦闘シーンでの死に方のような割りとあっさりとした死に方だ。

 

あくまでも時代劇をつかった活劇ということで、アクションの描き方というのを日本映画の中に浸透させた作品がこの『七人の侍』。

 

そして外国に対しては、これだけのアクション映画に人間ドラマをしっかり盛り込めるんだぜ!てのをアピールしたのが『七人の侍』。

 

スポンサーリンク

 

『荒野の七人』にあって『七人の侍』にないもの

 

町山 『七人の侍』の敵、野伏せりはいったい何者なのかわからない。なにを考えているのか、何が目的なのかわからない。

 

これが黒澤明の独特の視点で、黒澤映画に共通することは、犯罪者になる人たちを徹底して悪として描いていること。犯罪者に対する感情移入が皆無であるということ。

 

どうしてこうなってしまったのか、どうして道を外してしまったのかという彼らなりの言い分や悲劇を考えようとしない、いっさい受け付けないのが黒澤明。その考え方が映画にも色濃く表されている。これが『荒野の七人』とは違うところですね。

 

春日 『用心棒』のシナリオは、ヤクザたちをかち合わせて滅ぼしていくというストーリーなのですが、これは主人公のやり方としてちょっと汚いのでは?という批判も当時はあったらしいが、黒澤はヤクザは滅びて当然という返答をしたという。

 

町山 初期の傑作『野良犬』は、タイトルの野良犬というのは犯人のことを言っていて、彼を狂犬扱いして、彼の哀しみや心情を全然拾おうとしない。ラストシーンの志村喬のセリフは黒澤の犯罪者に対する考え方を代弁しているようである。

 

三船「でもなんだがあの遊佐(犯人)って男が…」

 

志村「その気持ちには俺にも覚えがあるよ。最初に捕まえた犯人って妙に忘れられないものさ。しかしね、君が考えているより、ああいう奴らはたくさんいるんだ。何人も捕まえてるうちにそんな感傷なんかなくなるよ。
窓の外を見たまえ。今日もあの屋根の下でいろんな事件が起こるであろう。そして何人が善良な人間が、遊佐みたいな奴の餌食になるんだ。遊佐のことなんか忘れるんだな。

 

町山 こういった黒澤の犯人に対する描き方で一番避難を浴びたのが、『天国と地獄』。誘拐犯を誘拐罪で捕まえても死刑には出来ないから、そのまま泳がせて人を殺させて、殺人罪として捕まえて極刑に処するという警察の捜査方針が大変な避難をあびた。
黒澤曰く、犯人に殺される男もヤク中だから殺されていいんだと。

 

師匠山本嘉次郎が語る黒澤明を面接したときの話!「絵だって映画だって同じです!」

黒澤明は画家を夢見ていたが、絵では食っていけないと感じ、また兄丙午の死によって、長男のような責任も感じ始めて、とにかく父母を安心させたいという一心で後の東宝にあたるP・C・L映画製作所の助監督公募の広告をみて応募する。その時の面接官が後の師匠となる山本嘉次郎であった。その山本嘉次郎が弟子の黒澤明につ...

≫続きを読む

黒澤明『羅生門』の金獅子賞立役者カメラマン宮川一夫が語る撮影秘話!

※『Esquire』1990年9月号よりクロサワとミヤガワ はじめての仕事僕は、キャメラマンとしてスタートをしたときに稲垣さんにいろいろ教えてもらった関係で、稲垣さんと仕事をすることが一番多かったんですが、稲垣さんが丁度『手を繋ぐ子達』というのを昭和23年に撮って、その後東宝へ行かれたんですね。それ...

≫続きを読む

黒澤組を支えたカメラマン斉藤孝雄インタビュー!「どこかに仕掛けがありました」

黒澤映画では『素晴らしき日曜日』から『まあだだよ』まで、約50年にわたって撮影に携わってきた斎藤孝雄氏。メインの撮影監督になるのが『椿三十郎』ではあるが、それまでもマルチカムの2台目の撮影はすべて斎藤氏による撮影であった。以下、インタビュー記事の抜粋である。黒澤の第一印象や撮影術について※河出書房新...

≫続きを読む

リリー・フランキー 愛すべき人に薦めたい作品は黒澤明監督「どですかでん」

『どですかでん』が黒澤作品のベスト1と言っている人はなかなかいません。このサイトの管理人である私は『どですかでん』がベストでありますが、共感し合える人も少なく寂しい思いをしていますが、リリー・フランキー氏が『どですかでん』ファンであると聞いて嬉しくおもいました。色々と好きな理由はあるのですが、私が特...

≫続きを読む

黒澤明監督の居場所 おすぎエッセイ

映画を撮りたくても撮れなかった50代60代私自身、黒澤監督のマネージャーやスクリプターなどのお仕事をなさっていた野上照代さんと親しいものですから、その関係で監督とお話もさせていただいたし、『乱』の撮影現場も仕事がてら陣中見舞いに寄らせていただいたり。監督かちょっと谷の方に下りていったのを「迎えがてら...

≫続きを読む

野村萬斎が語る黒澤明と『乱』『蜘蛛巣城』。 能・狂言との関係性について

伝統芸能の役者でありつつも、常に新しいアプローチを模索し続ける狂言師・野村萬斎。伊藤英明とのコンビで大ヒットを記録した『陰陽師』や日本アカデミー賞10部門受賞した『のぼうの城』など、ヒットを放てる数少ない伝統芸能人。以下は彼が映画初出演となった黒澤作品『乱』のエピソードや、黒澤の能や狂言観について、...

≫続きを読む

渋谷陽一が語る黒澤明 肯定性とヒューマニズム、そして自殺未遂について

日本におけるロックジャーナリストの第一人者である渋谷陽一による黒澤明回想記である。『ロッキング・オン』以外にも『Cut』などで俳優や映画監督などのサブカルチャー全般を釣り扱っており、雑誌の編集やインタビューなど高く評価されている。渋谷陽一が語る黒澤明黒澤明は積極的に触れなかった映画はそれこそ小学校の...

≫続きを読む

黒澤明についた助監督たちが語る クロサワ体験記

映画の現場で一番過酷なポジションとはいったいどの担当の人間だろうか?答えは一目瞭然、助監督である。テレビでいうアシスタントディレクター、いわゆるADが映画でいう助監督である。監督の現場の怒号は、役者やその他の技術スタッフなどにはほどんど向けられない。基本的には監督が怒る相手は演出部の部下である助監督...

≫続きを読む

映画監督田中登が語る黒澤明 『用心棒』での学生助監督見習い

主に日活ロマンポルノ作品を監督し、『夜汽車の女』『?式場メス市場』『人妻集団暴行拉致事件』『発禁本「美人乱舞」より責める』などの数々の名作を残した映画監督の故田中登氏が、学生時代に、『用心棒』の現場スタッフのアルバイトをしていたという。その時の様子を語ったのが以下である。田中登 学生助監督見習い記ぼ...

≫続きを読む

黒澤明『野良犬』のリメイクを作りたくなかった理由 森崎東監督

昭和48年の松竹で製作した『野良犬』が25年ぶりにやっとビデオ化された。自作の中で『野良犬』だけがビデオ化されていない理由を、原作者である黒澤監督と菊島隆三氏の許可がないからだと思ってきたが、実はそうではなかったらしい。正直言って、私は会社企画であるこのリメイクを断りたかった。私は自分の監督昇進一作...

≫続きを読む

黒澤明が持つエンターテイメント性と思想性について 世間一般の間違った見解

映画批評なんてやっぱりくだらないものだと思う。テレビのコメンテーターと同じように、舞台に立つ恐怖やプレッシャーも知らずに、一丁前のことらしきことを言って自分に酔うのが映画批評。ロックのジャーナリズムもそんな感じ。今回紹介する高橋実という批評家?もいろいろと言っているが、結局、映画は観て個人か感じたも...

≫続きを読む

『野良犬』『酔いどれ天使』『七人の侍』などに見る黒澤明の偉大なる先取り!

偉大なる黒澤明日本を代表する映画監督、黒澤明。彼の偉大さは誰が何を言おうが揺るぎないもののように思える。例えば、ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラ、スティーブン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシと言った現在のハリウッドを代表する映画人たちが、尊敬の言葉を口に作品のサポートを引き受...

≫続きを読む

『トラ・トラ・トラ!』に見る敗者の黒澤明 『どですかでん』に見る悲劇の黒澤明

敗者黒澤明黒澤明が、西洋社会の芸術であった時代の国際映画祭にかくも熱狂的に受け入れられた理由は彼が異質な東洋のエキゾチズムを発散していたからではなく、彼が西洋人と同質のものを持っていたからである。黒澤は自伝の冒頭でジョン・フォードとジャン・ルノワールを引き合いに出しているが、日本人の監督の名前を出し...

≫続きを読む

『踊る大捜査線』にみる『椿三十郎』 たまには強引なクロサワ論で…

『椿三十郎』と『踊る大捜査線』しかししつこく書けば、例えば『椿三十郎』の頃は実に、鋭敏な同時代感覚を持っていた。その証拠に橋本治氏の『完本チャンバラ時代劇講座』を開いてみる。東宝のサラリーマン映画に出てくる”現代人”を大胆に器用し、黒澤作品にしては珍しく明らさまに二番煎じで明らさまに娯楽映画である『...

≫続きを読む

『用心棒』や『天国と地獄』に見る黒澤明の空間的感性について

今回の批評は、黒澤明が映画の中で描き出した「空間」について。なかなか凄いことを言っている感がある文章ですが、映画批評家などの文章は非常に分かりにくい。難しくこねくり回して、自分の語彙力や文章力をこれでもかと見せつけている感がよく目につく。映画はやはり、語るものではないですね。笑黒澤明が映画の中で描き...

≫続きを読む

『踊る大捜査線』の黒澤オマージュは『天国と地獄』だけではない!

映画批評 轟由起夫※4 河出書房新社発行 「黒澤明 生誕100年総特集」より抜粋噂は公開前から耳にしていた。何やら大胆不敵にも「クロサワを引用している」というではないか。ヒントはずばり「誘拐」だ。となると例のシーンか。それを確かめようと初日劇場へと向かった。満員だった。客席は異様な熱気をはらんでいた...

≫続きを読む

黒澤明の不可解さ 黒澤不思議論

「国際性」と「国民性」が同居黒澤明は不思議な存在である。それは日本においてはトーキー以降の世代で唯一「国際性」と「国民性」が同時に成立する映画作家だからである。例えば、戦後の同時期に活躍したほぼ同世代の作家たち、『二十四の瞳』の木下恵介、『青い山脈』の今井正、『君の名は』の大庭秀雄等は、黒澤と同様に...

≫続きを読む

評論家町山智浩氏が「七人の侍」を徹底解説!『七人の侍』に欠けている唯一の弱点とj...

映画評論家の町山智浩氏が日本映画の至宝『七人の侍』について語っている内容をまとめてみました。町山さんに『七人の侍』に対する見解の深さもさることながら、対談相手の春日太一氏の情報量が凄いです。『七人の侍』の3時間に及ぶ長さは最初から意図されたものだったのか?春日 この映画は製作日数は271日で、総製作...

≫続きを読む