黒澤明の脚本術 〜七人の侍は小国英雄、橋本忍とのアイデア合戦〜

スポンサーリンク

脚本へのこだわり

黒澤明の脚本へのこだわり

 

七人の侍

「七人の侍」では橋本忍が第1稿を担当し、それをもとに黒澤と橋本がシナリオを根本的に書き直し、2人の書いたシーンの良し悪し、採用の判定は小国英雄がやるという。

 

黒澤組なので黒澤がトップではあるのだが、小国は当時のトップの脚本家ということで、一目置いてまとめをやってもらっていたという感じでしょう。

 

チーム編成で、40日間1歩も外へ出ず、多量の睡眠薬と飲酒でアイデアがでないイライラを掻き消す。

 

そんな息が詰まるようなことをやっていたと黒澤は語っている。

 

脚本を人に任せて、自分が考えていたいたもの以上のものが出来てくれば何も文句はないのだが、経験を経て、それがなかったということか。

 

脚本に関しては強烈に、ここのところを人に任せるわけにはいかないという自負、自覚が黒澤にはあるようである。

 

脚本というものは、監督のの頭の中にあるイメージを充実、克明に移し変えたものでなければいけないという思いがあったのだろう。

 

山本嘉次郎直伝「先ずはシナリオから」

「山さん(山本嘉次郎)は監督になりたければ、先ずシナリオを書け、と云った。

 

私もそう思ったから、シナリオを一生懸命書いた。助監督は忙しい仕事だから、シナリオを書く暇がないというのは怠慢だ。

 

一日に一枚しか書けなくても一年かければ、365枚のシナリオが書ける。

 

私はそう思って、一日一枚を目標に徹夜の仕事のときは仕方なかったが、眠る時間のあるときは寝床に入ってからでも2、3枚は書いた.。」蝦蟇の油より

 

黒澤が映画の世界に入って、山本嘉次郎に出会い、いちばん最初にいわれたことが「先ずシナリオを書けるようになれ」ということだった。

 

黒澤の最後の助監督作品「馬」が終わって、「姿三四郎」でデビューするまでに、 1年以上なにもしない待機期間が、あったらしい。

 

この間に彼はいろいろな脚本を書いて、さまざまな映画のシナリオコンクールに応募し、入選している。

 

コンクールでは連戦連勝で、他の映画会社が東宝撮影所の正門まで来て「脚本を売ってくれ」といって訪ねてきたという。

 

こうして会社の中で一目置かれる存在になる。

 

「姿三四郎」「一番美しく」「続 姿三四郎」「虎の尾を踏む男たち」までのデビュー後の4作品はすべて黒澤が書いた脚本である。

 

その後の2作品、「我が青春に悔いなし」は久板栄二郎、「素晴らしき日曜日」は幼馴みの植草圭之助が執筆。

 

この2作については、うるさく介入して意見を言ったが、自分でその場で書き直すというようなことはさすがにしなかったらしい。

 

そのあとの「酔いどれ天使」は植草、黒澤の共同執筆になる。

 

ここでは自らシナリオに参加して、軌道をはっきりと自分側に切り替える。
そのあとは世に名高いハードな黒澤明の脚本作りの旅館合宿がはじまる。

 

スポンサーリンク

 

 

人物像の徹底的な掘り下げ

 

脚本家がみんなで知恵を絞って人物を作り上げ、その人物像ならこういう行動をとるだろうとシナリオを進ませる。

 

黒澤は、人物の掘り下げについてこう語っている。

 

「新しい作品を生み出していくには、今まで描くことが出来なかったものを考えていくことになるでしょう。

 

それはストーリーでなく、人物で考えるべきだろう。

 

実は、今までの日本の映画は、小市民しか描けてなかった。

 

本当のインテリも、科学者も、芸術家も、政治家も、労働者も描くことが出来ないでいた。

 

これからはこういった人物を描いてみたいと思う。
よくストーリーがつまらないというが、ある人物を掘り下げて描くことが出来れば、その周りにおのずとストーリーは出来てくる。

 

ストーリー本位の考え方をしても、人物が描けなければつまらぬものになってしまう。

 

日本の映画人はストーリーの方から探すが、通り一遍の類型的人物がいくら出てきても、面白い事件は始まらない。」

 

黒澤は他の脚本家の案を「こんなの全然駄目だ」と平気で跳ね除け、時には原稿をビリビリに引き裂いたりもしたという。

 

小国英雄、菊島隆三、橋本忍らはこれに歯を食いしばって付いていった。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

関連記事一覧

黒澤明作品の格は脚本!橋本忍、小国英雄、菊島隆三という偉大なストーリーテラー

 

黒澤明の撮影術 パンフォーカスやマルチカムを流行らせたのは黒澤!

 

黒澤明作品の原案は小説が半数!「七人の侍」は「壊滅」という小説がヒントになった!

 

黒澤明「羅生門」は「ラショーモンアプローチ」として海外作品に影響を与えた!

 

「七人の侍」と製作者・本木荘二郎

 

宮崎駿が語る黒澤明「生きる」のファーストシーンの衝撃!

 

黒澤明監督『影武者』 勝新VS黒澤 どっちが悪い?主役交代劇の真相はこれだ!

 

黒澤明「野良犬」と「静かなる決闘」は兄弟作 そして「天国と地獄」に繋がっていく!

 

『七人の侍』 俳優を追い込む黒澤明のドSっぷりが凄い撮影秘話

 

『椿三十郎』ラストシーン 取り直しが利かない緊迫の撮影現場!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

黒澤明の映画論とテクニックに関する記事一覧

黒澤明作品の真髄は脚本!橋本忍、小国英雄、菊島隆三という偉大なストーリーテラーとのクリエイティビィティ!

 

黒澤明の撮影術 パンフォーカスやマルチカムを世界中に流行らせたのは黒澤!

 

黒澤明作品の原案は〇〇が半数!「七人の侍」は「壊滅」という〇〇がヒントになった!

 

黒澤明「羅生門」は「〇〇〇〇アプローチ」として海外作品に強烈な影響を与えた!

 

「七人の侍」製作者・本木荘二郎の晩年が悲しすぎる…

 

宮崎駿が大絶賛!黒澤明のあの名作「〇〇〇」のファーストシーンの戦慄!

 

黒澤明監督『影武者』 勝新VS黒澤 どっちが悪い?主役交代劇の真相は〇〇だ!

 

黒澤明「野良犬」と「静かなる決闘」は兄弟作 そしてあの名作「〇〇〇〇〇」に繋がっていく!

 

『七人の侍』 俳優を追い込む黒澤明のドSっぷりがヤバすぎる…貴重すぎる撮影秘話の数々

 

『椿三十郎』映画史に残る有名なラストシーン 今じゃ考えられない取り直しが利かない緊迫の撮影現場!!

 

 

巨匠黒澤明を語り尽くす!共演者、スタッフ、批評家、様々な人が語る黒澤明論の関連ページ

黒澤明の師匠〇〇が語る黒澤明を面接したときの話!「絵だって映画だって同じです!」

 

黒澤明『羅生門』の金獅子賞立役者カメラマン○○が語る撮影秘話!

 

黒澤組を技術で支えたカメラマン斉藤孝雄インタビュー!「必ずどこかに○○がありました」

 

リリー・フランキーが愛してやまない黒澤明映画は、なんとあの作品だった…!?

 

黒澤明監督の居場所 おすぎエッセイ

 

東京五輪総合演出の野村萬斎は15才で黒澤明作品に出演していた!『乱』『蜘蛛巣城』と能・狂言との関係性について語る!

 

渋谷陽一が語る黒澤明 肯定性とヒューマニズム、そしてあの自殺未遂について斬り込む!

 

黒澤明についた助監督たちが語るクロサワ体験記がヤバい…

 

映画監督田中登が語る黒澤明 『用心棒』での学生助監督見習い

 

森崎東監督が黒澤明『野良犬』のリメイクを作りたくなかった衝撃の理由とは…?

 

黒澤明が持つエンターテイメント性と思想性について 世間一般の間違ったバカな見解とは?

 

『野良犬』『酔いどれ天使』『七人の侍』などに見る黒澤明の偉大なる〇〇とは!?

 

『トラ・トラ・トラ!』に見る敗者の黒澤明 『どですかでん』に見る悲劇の黒澤明を解説

 

『踊る大捜査線』にみる『椿三十郎』 たまには強引なクロサワ論で…

 

『用心棒』や『天国と地獄』に見る黒澤明の天才的な○○的感性について

 

『踊る大捜査線』の黒澤オマージュは『天国と地獄』だけではないんだぜ!

 

黒澤明の不可解? 黒澤明不思議論

 

評論家町山智浩氏が「七人の侍」を徹底解説!『七人の侍』に欠けているたった唯一の弱点とは!?

 

『天獄と地獄』のラストシーンで、黒澤明とて予期しなかった凄いことが起こった!? あの役者〇〇の怪演がエンディングを変えた!?

 

 

黒澤明の壮絶な生い立ちや全作品紹介はこちら