黒澤明×名言 「自信を取り戻したい時」編

自信を取り戻したい時

子供は生まれた時、みな天才だ。

 

「才能をこねくり回して駄目にするのが大人。
親の尺度を押し付けたら、それ以上は見込めない。」

 

恥をかいてもいいからドカドカ踏み込むんだ。

 

「ともかく映画になったときどうなのか、それだけだ。ドンドン意見を言って、笑われても怒鳴られても、
コノヤロウ!と思ってこれでもかこれでもかって、踏み込んで頑張る奴が残っていく」

 

私は特別な人間ではない。勿論天才でもない。

 

「人間の本質はそう大差はないんだ。よく絶望とか後悔とは無縁の強い人間だとか、特別な才能があるとか言われるけど、それは違うよ。人に負けるのが嫌だから、無茶なほど頑張るだけだ」

 

何がテーマだなんて、簡単に言えるなら映画なんて創らない。

 

「時代も変わった、もちろん出来が大切だけれど、たいしたことない映画でも宣伝がすばらしけりゃ入る時代だ。
だから、文句を言わさないほどの映画をね、宣伝しなくても入るほどの凄い映画を創ってやろうなんて思うんだ」

 

映画は創るというより、生まれるというのが正確かもしれない。

 

「脚本のアイデアがいつも沢山あるんだ、でも土の中から芽が出てくるのはその中のほんの少しで、
自然のその中のひとつが育ってくる。
気候が悪くてそのまま育たないで映画にならないものもあるけど、
そういうの引きずって無理に実現させようと思っても駄目なんだ」

 

人は皆育つスピードが違う。

 

「食べ物だって、同じ材料でも塩焼きは好きだけど、煮たら得意じゃないとか、
そういうのってあるでしょ。だから料理のしようで好きだったり今一つ好きになれなかったりする。
心の持ちようで咀嚼も吸収も違うと思う」

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

想像の源は記憶である。

 

「何もないところからものを創り出していると思っているのは、人間の驕りだよ。
生まれてから今までのどこかで耳にし、目にした何かか、知らず知らずに入り込んだ記憶が、
何かの切っ掛けで呼び覚まされて動き出す。
そうやって創造していくんだと思うよ」

 

ブキッチョは得なこともある。

 

「神様は平等だ。ブキッチョだから繰り返し繰り返し凝りもせず飽きずにやって、
色々身に付けることが出来た。器用だったらこんなに頑張らなかっただろう」

 

喜劇を撮るのは悲劇を撮るのより難しい。

 

人間を悲しい思いにさせるのは、下手なやり方でもそれなりに繕えるけど、笑わせるのは下手をすると
薄っぺらでえらいことになるからね」

 

映画のことはまだよくわからない。

 

続けていることが、どんなに大切かは後で分かるんだ。

 

「映画界に入るまでは偉そうに続けている言えることなんかなかったね。映画の世界に入っても
最初は辞めたくて辞めたくて仕方がなかったんだ。
もう何十年と続けているわけ、気が付いたらそんなに続けてきたんだなと思った。
このごろ続けてきて良かった、続けてきたことが大切なんだって思うようになったよ」

 

人は年を取る、変わるのが当たり前だ。

 

「人間は年を重ねて趣向も変わるし体力知力も変化するんだから、
いつまでも同じようなものを撮れって言われても、ハイそうですかとは言えないよ」

 

黒澤明の映画人生〜生い立ちから晩年まで〜 はこちら

 

黒澤明 監督作品全30タイトル はこちら

 

黒澤明が選んだ100本の映画

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

黒澤明×名言 「元気になりたいとき」編

前向きなんていうけれど、人間みんな前に歩くんだよ。「前向きにとこのごろよく言うけど、前向きに歩くのが人間。後ろ向きに歩くのは、ずっと難しいじゃない」サボるのだって思い切って生々堂々としたほうがいいね。繰り返していると、ゆとりが出てくるんだ。ハングリーであれっていうけど、あまり腹が減ってちゃ何もできな...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「自信を取り戻したい時」編

子供は生まれた時、みな天才だ。「才能をこねくり回して駄目にするのが大人。親の尺度を押し付けたら、それ以上は見込めない。」恥をかいてもいいからドカドカ踏み込むんだ。「ともかく映画になったときどうなのか、それだけだ。ドンドン意見を言って、笑われても怒鳴られても、コノヤロウ!と思ってこれでもかこれでもかっ...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「夢を追う時」編

みんな、本当に好きなことを見つけてください「犬も歩けば棒に当たる、映画監督を目指してなったわけじゃない。大体、どんな職業かも見当が付かなかったぐらいなんだ。人間はいつどこで一生の仕事にめぐり合うかわからない」想像力が、人を幸せにするものだ僕の故郷は地球だ「日本語しか話せないけど、世界中のどこへ行った...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「人生の目的をさがす時」編

世界中のお母さんたちが、幸せな世の中になればいい。「戦争だけは絶対にしちゃいけない。お母さんたちがああいうことになるんだ」何でもセンセーショナルに描けばいいというものじゃない。「自省の念も込めて言うんだけど、映画も刺激ばかりで人を引き付ける手法ばかり多用する。テレビの報道も映像だけで煽り立てるような...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「仕事に悩む時」編

簡略に説明できれば、理解したと言える。「難しく言うのがカッコいいように思うのは違うんじゃないか、と僕は思うんだ。本当に理解していればこそ、簡略に平明に語れるんでね。変に斜に構えてっていうのは説明してるというより、自己満足なんじゃないの」映画は準備が大切だ。「リハーサルに時間を使うのも、演技は一日薄紙...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「人間関係に悩む時」編

ハッキリと言わなければ、かえって人を傷つけることもある。「我慢は美徳だっていう考えが日本人には根強いけれどね、ハッキリ言うことが相手の為にもなって、飛躍の切っ掛けになることはよくあることだよ。当たらず障らずは平和の源なんかじゃないよ」どう生きてきたのかは、顔に出るものだ。「冠婚葬祭でズラッと並んだ顔...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「一歩を踏み出そうとする時」編

思い込みから開放されると、動き出すんだ。「できるだけ、こうだと決め付けないでいるつもりなんだけど、イメージした通りになったりするとつまらないんだ。思い込んでいるところがどこかあるんじゃないかと、思い込みから開放されようとジタバタする。追い詰まったり、反対に肩の力が抜けると急に動き出すんだ。思わぬ方に...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「幸せを願う時」編

柿の実は鳥たちのものだ。「縁側で柿木に群れて美味しそうに柿の実を食べている鳥たちを見ていたら、不憫になっちゃってさ。人間は好き勝手にあれが食いたいこれが食いたいなんて言って、食いたいものを食うのにさ」生きているのは、辛いとか何だとか言うけれど、楽しいものだ。「生きるのは苦しいとか言うけれど、それは人...

≫続きを読む