黒澤明×名言 「人生の目的をさがす時」編

人生の目的をさがす時

世界中のお母さんたちが、幸せな世の中になればいい。

 

「戦争だけは絶対にしちゃいけない。お母さんたちがああいうことになるんだ」

 

何でもセンセーショナルに描けばいいというものじゃない。

 

「自省の念も込めて言うんだけど、映画も刺激ばかりで人を引き付ける手法ばかり多用する。テレビの報道も映像だけで煽り立てるような、刺激重視のやり方になってきている。

 

ドラマもこれでもかと次々のショッキングな出来事が起きて、あんなに毎度えらいことばかり起こるんじゃ、疲れちゃうよね。まあ、雑誌も新聞もすごい見出しだよ。刺激っていうのは、慣れっこになって、どんどん強い刺激を求めるようになるんだ」

 

普通の人になるのが、一番難しい。

 

「貧しい必要はないけど、本当にちゃんと生きている人が、普通だと言われる世の中がいい時代だ」

 

日本が誇れるものは文化だ。

 

「有名なものや、豪華絢爛なものばかりではなく、人の生活の中で長いこと仲良くやってきた家畜や、道具類。名も知れない匠の技や、小さな祭り。1つ1つの点が集合して人間の歴史が浮き彫りになる。素晴らしい、美しい日本の文化を力強く支えるのは、日本人がずっと大切にしてきたそういうものだと思う」

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

歴史と風格は、そう簡単に手に入らない

 

「インドを旅したとき、大きな岩山を何世代にもわたって堀進めてきた洞窟寺を見たんだ。自分の世代だけで完結しようなんて気はさらさらないんだよ。何百年も沢山の職人が次々とコツコツノミを振るい作り上げてきた。

 

気が遠くなるような妙に哲学的な気持ちになったよ。目の前のことばかりに囚われている自分が恥ずかしくなった」

 

なぜ、人間は幸せになろうとしないのだろう。

 

「話し合ってみるとかさ、工夫してみるとか、違う方向から見てみるとか出来ないのかね。自分が得することばかりにこだわって、セコセコセコセコしている奴ばかりだ。なるようにしかならないんだ、人生一度だしね。得ばっかりしたいってきりきり舞いするより、味わって生きたらいいのにね」

 

風土に根ざした文化にこそ、旅人は惹かれる

 

「旅人の持て成しって何なのか、そんなことをしっかり考えれば分かるだろう。

 

訳の分からない建物ばかり建てて悦に入っているのは、誰かが儲かるからだろう。
結局、観光地としては駄目になるんだ。そうなってから慌てても仕方ない。でも本当に旅の風情は皆無になった。ロケ地以外で旅をしようなんて思わなくなったよ」

 

鑑賞も、1つの創作活動である。

 

「ダメなものばかり見ていると、鑑賞眼はどんどん下がる。そうすれば創る腕も落ちる。
腕が落ちればつまらないものしか出来なくなる。そうなるとまた鑑賞力が下がる。
反対の追いかけっこができれば、作品の質も上がっていくのに」

 

面白いと思えれば、いくらでも頑張れる。

 

「最初はどんな仕事も分からないし、出来なきゃ面白くないのがあたり前だ。
続けているとある日突然見えてくるんだ、そうすると屋やる気が出る。
そこでもう一押し頑張ってみると、なるほどそうなんだともっと具体的に何をしたらいいか
見えるんだ。繰り返し繰り返しやっていりゃ、パッと目の前が開けて面白いと思えるようになる、そうなればめっけもんだ」

 

完全主義なんて当たり前のことさ。

 

「モノを創る人は、皆完全なものを創りたいと思って努力するんだ。
自分がもうこれ以上ないと満足出来るところを目指してがんばるんだ。
でもこれが完全だという答えは人によって違うのだから、自分の信じるところに向かってどれだけのことを諦めずに踏ん張れるかということだ」

 

人間は進歩しているのが、疑問に思い始めた

 

「何なんだろう、正倉院の御物を見てきたけど、今あんな素晴らしいものを作れるだろうか。人間は本当に進歩してるのかなんて考えちゃったよ」

 

画コンテは、スタッフに的確に伝達する以上の効果がある

 

「描きこんだ画コンテをみて、スタッフにも一目瞭然に分かってやりやすいって評判良かったけど、何より、自分の為になったんだよ。
詳細な画コンテを描くためには、画面に映る全て1つ1つのものが具体的に自分の中で見えていないと描けないんだ。

 

これは何色でどこに置かれていてどんな形でって、分かっていないと画に出来ない。だから準備の上でも、演出する上でもすごく勉強になる」

 

映画にもテレビにも、それぞれの役割がある

 

映画人はテレビの批判ばかりしてると思われていて迷惑しているよ。
なんだか一時期、テレビ対映画っていうような記事が横行したからね。
だって役割が違うでしょ。特質がちがうんだからそれぞれの得意なところで頑張ればいい」

 

 

黒澤明の映画人生〜生い立ちから晩年まで〜 はこちら

 

黒澤明 監督作品全30タイトル はこちら

 

黒澤明が選んだ100本の映画

 

 

 

スポンサーリンク

 

黒澤明×名言 「元気になりたいとき」編

前向きなんていうけれど、人間みんな前に歩くんだよ。「前向きにとこのごろよく言うけど、前向きに歩くのが人間。後ろ向きに歩くのは、ずっと難しいじゃない」サボるのだって思い切って生々堂々としたほうがいいね。繰り返していると、ゆとりが出てくるんだ。ハングリーであれっていうけど、あまり腹が減ってちゃ何もできな...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「自信を取り戻したい時」編

子供は生まれた時、みな天才だ。「才能をこねくり回して駄目にするのが大人。親の尺度を押し付けたら、それ以上は見込めない。」恥をかいてもいいからドカドカ踏み込むんだ。「ともかく映画になったときどうなのか、それだけだ。ドンドン意見を言って、笑われても怒鳴られても、コノヤロウ!と思ってこれでもかこれでもかっ...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「夢を追う時」編

みんな、本当に好きなことを見つけてください「犬も歩けば棒に当たる、映画監督を目指してなったわけじゃない。大体、どんな職業かも見当が付かなかったぐらいなんだ。人間はいつどこで一生の仕事にめぐり合うかわからない」想像力が、人を幸せにするものだ僕の故郷は地球だ「日本語しか話せないけど、世界中のどこへ行った...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「人生の目的をさがす時」編

世界中のお母さんたちが、幸せな世の中になればいい。「戦争だけは絶対にしちゃいけない。お母さんたちがああいうことになるんだ」何でもセンセーショナルに描けばいいというものじゃない。「自省の念も込めて言うんだけど、映画も刺激ばかりで人を引き付ける手法ばかり多用する。テレビの報道も映像だけで煽り立てるような...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「仕事に悩む時」編

簡略に説明できれば、理解したと言える。「難しく言うのがカッコいいように思うのは違うんじゃないか、と僕は思うんだ。本当に理解していればこそ、簡略に平明に語れるんでね。変に斜に構えてっていうのは説明してるというより、自己満足なんじゃないの」映画は準備が大切だ。「リハーサルに時間を使うのも、演技は一日薄紙...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「人間関係に悩む時」編

ハッキリと言わなければ、かえって人を傷つけることもある。「我慢は美徳だっていう考えが日本人には根強いけれどね、ハッキリ言うことが相手の為にもなって、飛躍の切っ掛けになることはよくあることだよ。当たらず障らずは平和の源なんかじゃないよ」どう生きてきたのかは、顔に出るものだ。「冠婚葬祭でズラッと並んだ顔...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「一歩を踏み出そうとする時」編

思い込みから開放されると、動き出すんだ。「できるだけ、こうだと決め付けないでいるつもりなんだけど、イメージした通りになったりするとつまらないんだ。思い込んでいるところがどこかあるんじゃないかと、思い込みから開放されようとジタバタする。追い詰まったり、反対に肩の力が抜けると急に動き出すんだ。思わぬ方に...

≫続きを読む

黒澤明×名言 「幸せを願う時」編

柿の実は鳥たちのものだ。「縁側で柿木に群れて美味しそうに柿の実を食べている鳥たちを見ていたら、不憫になっちゃってさ。人間は好き勝手にあれが食いたいこれが食いたいなんて言って、食いたいものを食うのにさ」生きているのは、辛いとか何だとか言うけれど、楽しいものだ。「生きるのは苦しいとか言うけれど、それは人...

≫続きを読む