宮崎駿対黒澤明 対談@ 「映画の見どころはどこですか?って聞かれるのは困る」

宮崎駿との対談

黒澤明,映画,夢,生きる,

 

1993年 5月6日放送 「映画に恋して愛して生きて」より

 

 

静岡県御殿場の黒澤の別荘に宮崎がやってくる。

 

宮崎が玄関口にくると、扉が開く。
黒澤が出てくる。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

宮崎 「あ、宮崎です」

 

黒澤 「どうもどうも、はじめまして。どうぞ。
    相変わらずね、富士山が半分し見えなくてね。」

 

宮崎 「ここは標高何メートルぐらいなんですか?」

 

黒澤 「えっと、600メートルぐらいかな、御殿場が大体600メートルぐらいだからもうちょっと高いかな。」

 

宮崎 「でもいいですね、ここの景色」

 

黒澤 「ええ、いいでしょ。」

 

宮崎 「下界を見下ろしている感じですね」

 

黒澤 「富士山だけ見える場所ないですかって。ずいぶん昔なんだけどね。富士山だけってのはちょっとないですけど、でも片方がゴルフ場ですけど富士山が見えるところありますって言うから(別荘を)買っといたの」

 

宮崎 「ずいぶん昔のことですか?」

 

黒澤 「ずいぶん昔だね。僕は26の時から御殿場で仕事しているもんですから」

 

宮崎 「26の時って、戦前ですよね?」

 

黒澤 「そうです」

 

黒澤 (富士山を見ながら)
 「今は少し雲が降りてきたでしょ。さっきはもっと見えていたんですよ。朝はもう全部見えていたね」

 

宮崎 (富士山の一部を指しながら)
 「あういうところは雨降っているんですかね?」

 

黒澤 「えーと少し振っていますね。」

 

宮崎 「でも面白い眺めですねここは」

 

黒澤 「面白いんですよ、刻々と変化しますからね。では入りましょうか」

 

宮崎 「はい」

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

2人部屋に入っていく。

 

部屋を見渡して
宮崎 「うわっ すごい」

 

黒澤 「このソファは黒田達明って人間国宝の人の作品なんですよ」

 

宮崎 「すごい」

 

宮崎 (歩きながら、手土産を渡す)
「あ、これつまらないものですが、ふもとで買ってきたものです」

 

黒澤 「あ、どうもありがとうございます」
と言いながら、床に乱暴に置く (笑)

 

2人、対談用のソファに移動して座る。

 

映画のテーマやみどころを喋ってくれって言われても困る

 

宮崎 「ぼくも困ることが自分の映画について聞かれることですよね。自分のフィルムに全部出ているから」

 

黒澤 「そうだよね」

 

宮崎 「フィルムに出なかったところは弁解してもしょうがないですもんね」

 

黒澤 「いやーだから、映画館でお客さんが入っているときに舞台で挨拶することがあるんだけど、言うことがないんですよ」

 

宮崎 「そうですよね。で、テーマは何ですか?って聞かれると頭にきますね」

 

黒澤 「そう、あれは困りますね」

 

黒澤 「影武者の時かな。アメリカで舞台でスピーチしてくれって言われてね。ここにいるのは黒澤の影武者で、本当の黒澤はスクリーンに居ますからって言ったらみんなウケてたけど 笑」

 

黒澤 「そんな感じで、本当に困っちゃいますよね。」

 

宮崎 「その時に自信ありげな感じで、俺がやった作品はどうだ!って感じでやらないといけないらしいんですけどね、僕なんてもうしまった!ってところばかり作品にありましてね、その困ったなという累積債務が山のようにありましてね。実はどっかにこもって一人でほとぼりが冷めるまで隠れていたいって思っているときに、一番喋んないといけないでしょ。監督はどうなんですか・そこのところ」

 

黒澤 「だいたいね、編集が出来るまで何回も見るわけですからね。もう見たくないね。今度の僕の映画(まあだだよ)ご覧になってどうですか?」

 

宮崎 「あのー、三畳間で夫婦が暮らしてますよね。あっこ良かったですよね。奥さんがですね、弟子たちが来て接待するときに、
押入れの棚の上にまず置いて、そっから進めるでしょ。あっこすっかり感心しちゃいました。ああいう立ち振る舞いを僕らは全く突いてないんですよ。ですっと裏に隠れますよね、でそこに何があるか分かりませんけど、小さな空間を奥さんが上手に使って見苦しくないようにやっているってのが。あーいう日本の姿ってのはいつ頃消えたんでしょうかね」

 

黒澤 「そう。第一に香川くん(香川京子)ってのが実に見事にやってるんですよね。脚本ではね、香川くんについてはほとんど書いてないんですよ。」

 

宮崎 「あっ、そうなんですか。監督が細かく注文したわけではなくて」

 

黒澤 「そう、そうではなくて香川くんってのは旨いから、全部任せてあるんですけどね。リアクションを実によくやっているんですよ、逐一。それはもう感心しましたね」

 

宮崎 「黒澤さんが男の夢を描いたのかと 笑」

 

黒澤 「いやいや、もう香川くんに任せっぱなしで。だからぼくはほとんど香川くんを見てないですよね撮影のとき。安心してるから」

 

続きはこちら  宮崎駿対黒澤明 対談A 「夢」の水車小屋のロケについて

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

  

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

宮崎駿対黒澤明 対談@ 「映画の見どころはどこですか?って聞かれるのは困る」

黒澤明,映画,夢,生きる, 1993年 5月6日放送 「映画に恋して愛して生きて」より静岡県御殿場の黒澤の別荘に宮崎がやってくる。宮崎が玄関口にくると、扉が開く。黒澤が出てくる。宮崎 「あ、宮崎です」黒澤 「どうもどうも、はじめまして。どうぞ。    相変わらずね、富士山が半分し見えなくてね。」宮崎 「ここは標高何メートルぐら...

≫続きを読む

宮崎駿対黒澤明 対談A 「夢」の水車小屋のロケについて

黒澤明,映画,夢,生きる,宮崎駿 1993年 5月6日放送 「映画に恋して愛して生きて」より宮崎 「あのー実写の人が羨ましいのはですね、その日のお酒がうまいだろうなと思うわけですよね」黒澤 「そうです、ロケだとそこでワイワイって呑むんですけどね」宮崎 「アニメーションですとその日のお酒が美味くないんですよね 笑」黒澤 「ロケですと晩...

≫続きを読む

宮崎駿対黒澤明 対談B 音響効果の実写とアニメの違いについて

黒澤明,映画,夢,生きる, 1993年 5月6日放送 「映画に恋して愛して生きて」より宮崎 「外国を舞台にしてアニメーションつくりますとね、街が出てきますよね。ほんと困っちゃうんです。外国の街の石畳で古い時代の車が走ってたってなると音響効果がもう無理ですね。なんかこれどうかって持ってきてもこれは東京だなんてすぐバレちゃうんです...

≫続きを読む

北野武対黒澤明 対談@ 「僕はビートくんの映画が以前からすきでね」

「週刊文春」 1993年5月6日号より黒澤 「僕は以前からビート君の映画が好きでね。今度の「ソナチネ」もでズカズカ撮ってるでしょ。あのズカズカがいい。どうも日本の映画っていうのは説明が多すぎるよ、演技でも何でも。なんかジム・ジャームッシュみたいで。まあ、そういう人を引き合いに出すのは失礼かもしれない...

≫続きを読む

北野武対黒澤明 対談A 「映画は粋でなくちゃいけない」

「週刊文春」 1993年5月6日号より黒澤 「僕は撮るのが早いんですよ」たけし 「撮るのは早いけれども、撮るまでが長いんですね 笑」黒澤 「そう。本番の日は要するによーいスタート!って言ってるだけだね。もちろん呑んでいるときに話したり、ある程度稽古もしますけど。今回、松村くんとは誰にも見せないで二人...

≫続きを読む

武満徹対黒澤明@  世界的巨匠同士のシンパシーを語りあう

冬樹社「カイエ」1979年4月号より武満 「ぼくは映画の専門家ではないので、気楽なおしゃべりは出来ませんが、先日《七人の侍》をテレビであらためて拝見して以前にも2、3度観ているんですが、それでもやはりびっくりしました。映写の条件がああいうふうで、きれぎれに観たのにもかかわらず、強烈な印象でした。とく...

≫続きを読む

武満徹対黒澤明A 「映画ってものが立ち止まっちゃった感じがしますね」

冬樹社「カイエ」1979年4月号より武満 「早坂文雄さんがよくおっしゃってましたけど、これから撮影にかかるって時に、黒澤さんがこの映画はこの音楽のイメージだっていうことを言われるって。新しい映画を着想されるときに、音楽は何か力があるわけですか?」黒澤 ありますね。例えば「赤ひげ」なんかは、ベートーベ...

≫続きを読む

武満徹対黒澤明B 「テレビは映画の敵ではない。映画もテレビの敵ではない」

冬樹社「カイエ」1979年4月号より武満 「日本映画の体質をどうやって変えてゆくかという問題ですね」黒澤 「それを僕らも考えているんですけどね。まず、作品を創る場合にお金の問題があります。これでやっぱりヘゲモニーをとらなければね。それと同時にもっとも理想的で優秀な映画館をまず建てて、そこでロングラン...

≫続きを読む

武満徹対黒澤明C 「ジョン・フォードはどこを切っても活動写真になるんだ!」

冬樹社「カイエ」1979年4月号より武満 「いま、映画を撮る必要、その意味はなにか?ということで考えてるわけなんですけど、映画というのは現実には一人の監督の作品です。そして撮ってゆく過程で僕らスタッフや他の人が作品について発言し、徹頭徹尾ディスカッションをして、最後の決定権は監督に任せて、それに従わ...

≫続きを読む

フランシス・フォード・コッポラ対黒澤明 『影武者』撮影中の巨匠同士の貴重な対談!

1978年11月30日号の週刊朝日の記事による、黒澤明とフランシス・フォード・コッポラとの新旧巨匠対談である。このころのコッポラは『ゴッド・ファーザー』を当てて、すでに世界的な映画監督として絶大な威光を放っていた時期である。その巨匠コッポラが師と仰ぐ男が黒澤明ということで、黒澤明に世間が追いつき始め...

≫続きを読む

『ベルリン・天使の詩』『パリ・テキサス』のヴィム・ヴェンダース対黒澤明の貴重な対...

『ベルリン・天使の詩』『パリ・テキサス』などで有名なヴィム・ヴェンダースと黒澤明の対談。ドイツを代表する世界的巨匠もやはり大先輩である黒澤明に対しては気を遣っているのがよくわかる対談である。黒澤明というよりは小津安二郎へのリスペクトで有名な監督である。『八月の狂詩曲』ごろのインタビューヴェンダース ...

≫続きを読む