黒澤明「虎の尾を踏む男達 」は能を洋楽風コーラスにアレンジした秀作!

スポンサーリンク

虎の尾を踏む男達

黒澤明 虎の尾を踏む男達

 

完成後7年間もお蔵入りとなっていたいわくつきの作品である。

 

東宝の前身であるP・C・Lに入社した黒澤は、主に山本監督につき榎本健一(エノケン)主演の喜劇映画の助監督を数多く務めた。

 

その現場で喜劇の撮り方や役者の使い方を、自分のものとして習得したことが見られる作品。

 

本作オリジナルの登場人物として、強力役にエノケンこと榎本健一をキャスティングしたことで、大河内傳次郎の重々しい演技が象徴する義経一行の悲壮感の中に、滑稽味が加わっており面白い作品に仕上がっている。

 

また能の地謡にあたる部分を洋楽のコーラス風にアレンジしており、ミュージカルとしてもパロディーとしても十分鑑賞に耐えうる作品となっている。

 

当初この作品は、桶狭間の合戦をラストシーンとした「どっこい、この槍」として企画された。

 

ところが、撮影に必要な馬が調達できなかったので、急遽代わりの企画として、能の「安宅」と歌舞伎の「勧進帳」を元に脚本を書いた。

 

それが、敗戦直後はまだ残っていた内務省の検閲で、日本の古典芸能を改悪、愚弄するものとされ、撮影中の日本映画について、占領軍に提出する報告書から削除された経緯がある。

 

スポンサーリンク

 

検閲官の1人はこう質問した。

 

「この”虎の尾を踏む男達”という作品は何事だ。日本の古典芸能である歌舞伎の「勧進帳」の改悪であり、それを愚弄するものだ」

 

"何事だ"という文句の付け方は戦争中のセリフである。

 

アメリカに負けてすぐの時とはいえ、まだ威張るのがやめられないのだ。黒澤はどこが愚弄になるのか、具体的に指摘してもらいたいと質問する。

 

検閲官たちはしばらく黙っていたが、やがて一人が言った。

 

「勧進帳にエノケンを出すこと自体、歌舞伎を愚弄するものだ」

 

「エノケンは立派な喜劇役者です。あなたの言葉は立派な喜劇俳優、エノケンを愚弄するものです。喜劇俳優は悲劇俳優におとるのですか?」

 

「とにかくこの作品をくだらない。こんなつまらないものを作って君どうする気だ」

 

これを聞いて黒澤は怒りを爆発。

 

「くだらん奴がくだらんという事は、くだらんものではない証拠で、つまらん奴がつまらんということは大変面白いということでしょう」

 

と言い放って席を立ち、帰ってしまった。※1

 

おすぎが語る『虎の尾を踏む男達』の魅力

「黒澤さんの映画が何か面白いですか?」という話になると、普通の人たちは『赤ひげ』までの作品を言いますよね。だけど、いちばん黒さんがすごいと思うのは、昭和20年に『虎の尾を踏む男達』というのを作りますよね。

 

私は『酔いどれ天使』もすごい好きだし、『野良犬』も好きだし、もちろん『蜘蛛巣城』も好きだし、『隠し砦の三悪人』『用心棒』『椿三十郎』『七人の侍』もみんな好きだけど、ベストワンと言ったら、『虎の尾を踏む男達』じゃないかと思うんです。

 

私のベスト3はそれと『酔いどれ天使』『デルス・ウザーラ』の三本なのね。それとプラス『七人の侍』を見ると、黒澤明という人がわかるような気がするんですけれどもね。

 

『虎の尾を踏む男達』は58分の映画なんだけど、戦争が終わってなだ何もなかった時。その時代に大河内伝次郎さんを弁慶にして、藤田進を富樫にして、その中に榎本健一さんが演じる雑兵みたいな強力、今で言えばアルバイトの荷物運びを配して『勧進帳』を撮った。

 

そういうことを考えて、なおかつ義経の逃避行を全く第三者の目で見て、最後にエノケンに六方を踏ませて退場させる才気というのは、すごいものですね。今ビデオで見ても全く古く感じないの。私はそこに黒澤明という人のい原点を見ます。

 

河出書房新社発行 「黒澤明 生誕100年総特集」より引用

 

スポンサーリンク

 

井上陽水が語る『虎の尾を踏む男達』

この映画を私が初めて観たのは15年程前のテレビだった。民間放送であったのか、「メガネのパリ ミキ」などというセリフを、妙に鼻の大きな白人女性が言って、視聴者の優越から起こる笑いを誘おうとするスポンサーの思惑が露骨なCMの入ったそのビデオは、現在でも私の手元に残っていて、おそらく当時の新聞のテレビ欄で黒澤映画の放映を知り、「虎の尾を踏む男達」というタイトルにも惹かれて、録画したものと思われる。

 

テレビ局としては年末年始の深夜に、滅多にに見られないものを、今夜は特別にお目にかけようといったところだったのだろう。

 

この映画を製作する以前に黒澤明は「どっこい、この槍」というタイトルで脚本を書き、大河内伝次郎、榎本健一を起用しての、映画化の準備を進めいたらしいが、ラストシーンで想定されてた「桶狭間の合戦」での撮影に必要な馬を集めることが戦時下の日本では不可能と知り、その企画を取りやめて急遽、『虎の尾を踏む男達』の脚本にとりかかっている。

 

能の「安宅」、歌舞伎の「勧進帳」をもとに黒澤明はこの脚本のあらましを2,3日で仕上げたという。

 

山伏姿の大河内伝次郎が最初にクローズアップされるときの、彼の坊主頭にも目を奪われた。明治の末期に、福岡は豊前で生まれたという大河内は当時の質実剛健の気風の中で育ち、子供のころから太陽の光を十二分に浴び、野山を駆け巡っては怪我をしたり、また悪童として、さんざん拳骨で殴られたのではないかと思わせるような、野生のジャガイモを連想させる頭の形をしている。

 

平成の世となってからは滅多に目にすることが出来ないであろう、大河内伝次郎の後頭部が今となっては歴史の証言者となって、現代に生きる我々に多くのことを語りかけてくる。

 

昭和20年代までに製作された日本映画は、当時の撮影や録音機材、技術やフィルムやその保管などに問題があって、目にする折があっても残念な思いをすることも多いが、この作品では例えば大河内伝次郎が扮する弁慶の眉をとらえた映像などに象徴されるように、際立ったコントラストが美しい。

 

榎本健一の好演は、すでに多くの評論で語られているところで、黒澤もかねてから山本嘉次郎監督作品に幾度か出演していたエノケンを、助監督としてつぶさに観察していたからだと、当然のこととして語っている。

 

河出書房新社発行 「黒澤明 生誕100年総特集」より引用

 

スポンサーリンク

 

『虎の尾を踏む男達』で見せたキャスティングセンス

映画批評 轟由起夫
河出書房新社発行 「黒澤明 生誕100年総特集」より抜粋

即座に思い当たるのは、いつしか彼が魅力的なコメディ・リリーフを造形しなくなってしまったという事実だ。黒澤が最初に明確にそのようなキャラクターを自作で押し出したのは、GHQより上映禁止を食らった『虎の尾を踏む男達』だろう。

 

関所を突破するために山伏に化けた義経と弁慶のおなじみのストーリー。これにPCLの助監督時代からつきあいのある喜劇王エノケンこと榎本健一に荷物運びの「強力」を演じさせ、歌舞伎「勧進帳」の権威主義を笑い飛ばし、相対化してみせたわけだが、理不尽にも検閲官に呼び出された黒澤は、「勧進帳にエノケンを出すこと自体、歌舞伎を冒?するものだ」との一言にキレた。

 

「それは可笑しい。エノケンは立派な喜劇俳優です。それが出演しただけで、歌舞伎を愚弄にしたことになるという言葉こそ、立派な喜劇俳優のエノケンを愚弄するものである。喜劇は悲劇に劣るのですか。喜劇俳優は悲劇俳優に劣るのですか。ドン・キホーテのお供にサンチョ・パンサという喜劇的人物がついていて、なぜ悪いのですか。」

 

『虎の尾を踏む男達』のラスト、エノケンの涙が出るほどかっこいい飛び六方を撮った黒澤明がいる。以後、喜劇役者に限らず、数多の怪優、素人、個性派を起用していくことになるのだが、エノケンのごとく物語に揺さぶりをかける”遊軍”ともいうべきコメディ・リリーフを常に主人公に傍らに置いてきた。

 

そして時には主人公よりも忘れがたいキャラクターを造形してみせた。だがそういった野心的な試みが、キャスティングの冒険が、徐々に黒澤の狙いと観客との間でどこかズレてしまったのは否めない。

 

サブキャラクターがサンチョ・パンサになるわけでもなく、与えられた役割以上の魅力をなかなか発散できなくなってしまったのだ。その兆候は『影武者』での失敗、いやいや、もう勝新太郎のことは言うまい。にしても『夢』の「鬼哭」で核戦争後の世界に生き残り、突然変質の人食い鬼役をあてがわれた、あのいかりや長介はないだろう。これはひどかった。正直言って「ダメだこりゃ」である。

 

まったくをもって彼である必然性が感じられなかった。コメディアンが悲劇的キャラを演じるという反語的な効果さえ出せなかったのだから。翻ってそれから8年後、奇しくもいかりや長介をベテラン刑事役に起用した『踊る大捜査線』がテレビや映画でその姿をどれだけ魅力的に描いたか。役者にしてドリフターズのリーダーだった彼に、どれほどリスペクトをささげていたのか…。

 

もちろんわかっている。世界のクロサワにドリフ世代の怨み言を浴びせるのが根本的に間違っていることぐらいは。ましては『夢』の時と今日では、いかりや長介だった別人だ。人間は歳と共に変わっていく。黒澤はこの世を去っているのだ。いまさらこんな与太を飛ばしても不毛なだけだろう。

制作:伊藤基彦
脚本:黒澤明
原案:「安宅」「勧進帳」
撮影:伊藤武夫
美術:久保一雄
照明:平沼岩冶
音楽:服部正
出演:大河内傳次郎 藤田進 榎本健一 志村喬 森雅之 岩井半四郎

ウィキペディア フリー百科事典「黒澤明」より引用
河出書房新社発行 「黒澤明 生誕100年総特集」より引用
脚注
※1 文藝春秋発行 小林信彦著書 「黒澤明という時代」より抜粋

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

前の作品 「白痴」の見どころは原節子、森雅之、三船敏郎、久我美子の演技合戦!

 

次の作品 「生きる」は「七人の侍」と並ぶ最高傑作!

 

黒澤明の映画人生〜生い立ちから晩年まで〜 はこちら

 

 

 

 

 

黒澤明×姿三四郎 デビュー作にして斬新なスローモーションの使い手!

黒澤明,姿三四郎 黒澤明の監督デビュー作である。富田常雄の小説の前半部分から、姿三四郎と恋人の乙美と南小路という、子爵の令嬢の三角関係を描いたメロドラマ的エピソードをのぞき、柔術を通じて人間的に成長していく三四郎の姿を描いている。師匠・矢野正五郎と三四郎との子弟関係が物語の中心となっている。師匠と弟子という、後の黒澤...

≫続きを読む

黒澤明「一番美しく」は単純なプロパガンダ映画ではない!

黒澤明,一番美しく 軍需工場でのく女子挺身隊の活動をセミドキュメンタリータッチで描く。挺身隊員を演じる女優陣から、職業的なにおいや、羞恥心を取り去るため、日本光学の寮に入れ、駆け足の訓練から始め職場にも配慮し工員たちと同じ労働を割り当てた。その甲斐あって、本物の挺身隊員と同様の自然な演技が引き出せたが、連日8時間以上の...

≫続きを読む

「続姿三四郎」は黒澤明自信はあまり乗り気ではなかった

黒澤明,続姿三四郎 「姿三四郎」のヒットに気をよくした東宝は、黒澤に続編を作ることを命じた。続編を作ることにあまり乗り気でなかった黒澤は、無理やり創作意欲を駆り立てての撮影となった。そのため、主人公の三四郎よりも適役の檜垣兄弟に対する比重が大きくなり、アンバランスな作品になったしまったと言う。しかしクライマックスの雪原...

≫続きを読む

黒澤明「わが青春に悔いなし」 新しい女性像を原節子が好演!

黒澤明,我が青春に悔いなし 戦国時代版のジャンヌ・ダルクを構築していたが、GHQの要請にも沿った民主主義啓蒙映画「わが青春に悔いなし」に取り組むことになった黒澤明。敗戦直後、35歳の黒澤はこうノートに記した。「新しい時代は新しい人間の創造を求めている。我々は新しい時代の新しい課題を解決すべき、新しい人間としての自己形成を目指さ...

≫続きを読む

黒澤明「素晴らしき日曜日」 映画史上最高に美しいシーンと巨匠が絶賛!

黒澤明,素晴らしき日曜日 43年、黒澤は小学校時代の同級生でシナリオライターの植草圭之助と銀座の書店で偶然に再会した。その後、一緒に映画を作ろうということになり、D・W・グリフィスの名作「素晴らしき哉人生」より着想を得て実現したのが本作品。グリフィスの映画では、若いポーランド人の2人が住宅難で結婚できない。そこで空き地を借り...

≫続きを読む

黒澤明「酔いどれ天使」 三船敏郎鮮烈デビュー。イケメンが過ぎる!

黒澤明,酔いどれ天使 黒澤明と三船敏郎の黄金コンビ第一作。肺結核の冒された若いやくざと、彼を治療しようとする町医者の交流を描いた作品。志村喬演じるの老練な男と三船敏郎演じる未熟な若者はそのまま「野良犬」の先輩後輩という子弟関係に繋がっている。本来この作品の主人公は医師に真田役の志村であるが、完全に準主役の三船が主役を食っ...

≫続きを読む

三船敏郎×黒澤明「静かなる決闘」 梅毒が感染してしまった医師の苦悩を描く秀作!

黒澤明,静かなる決闘 黒澤明が東宝以外で始めて撮った作品がこの「静かなる決闘」です。この映画での黒澤の狙いは、爆発的な三船敏郎の人気が、やくざ役の方に走っていくのを止めようとしたと自伝で語っています。ここで倫理観の強いインテリの役を演じさせることで、三船に役者としての成長を期待しての起用だったという。大映側から批判された...

≫続きを読む

刑事映画の傑作「野良犬」  黒澤明×三船敏郎コンビ最初の傑作

黒澤明,野良犬 「メグレ警視」シリーズなどの探偵小説で有名なフランスの社会派作家、ジョルジュ・シムノンの作品が大好きな黒澤が、シムノン風に撮ってみようかと脚本に着手。だが、なかなか書けずに四苦八苦していたところ、巡査がピストルを盗まれたという実話を聞き、それを小説風に書き上げた作品がこの「野良犬」。しかしその後それ...

≫続きを読む

黒澤明×三船敏郎「醜聞(スキャンダル)」は、マスコミへの怒りと恐怖から作られた!

黒澤明,醜聞 親友である松竹の監督木下恵介の仲介で、始めて大船撮影所で監督した作品。つねづねジャーナリズムの強引な取材を不愉快に思っていた黒澤が、ある日電車の中刷り広告のセンセーショナルな見出しに呆れ返った。言論の自由が当然だが、その自制のない逸脱をどうするのか?こんなことが赦されてはならない、今のうちに叩き潰さ...

≫続きを読む

黒澤明「羅生門」 手柄は三船敏郎ではなく、カメラマン宮川一夫!

黒澤明,羅生門 黒澤明「羅生門」ここが凄い!ポイントイタリアのヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞!アメリカのアカデミー特別賞を受賞!日本映画が初めて国際的に認められた作品!欧米コンプレックスを抱えていた当時の日本人に光を与えた!モノクロの映像美が凄い!ホースの水に墨を混ぜて迫力ある雨のシーンを撮った!カメラマン宮川...

≫続きを読む

黒澤明「白痴」の見どころは原節子、森雅之、三船敏郎、久我美子の演技合戦!

黒澤明,白痴,森雅之,三船敏郎 黒澤明「白痴」ここが凄い!ポイント黒澤のドストエフスキーへの愛が凄い!上映時間を巡って出た名言が凄い!役者の演技が凄い!特に久我美子の演技が凄い!ディレクターズカット版の長さが凄い!ロシアでの評価が高い!ドストエフスキーの小説の舞台を札幌に移し、黒澤が全身全霊をかけて作ったといわれる作品。作品は第一...

≫続きを読む

黒澤明「虎の尾を踏む男達 」は能を洋楽風コーラスにアレンジした秀作!

黒澤明,虎の尾を踏む男達 完成後7年間もお蔵入りとなっていたいわくつきの作品である。東宝の前身であるP・C・Lに入社した黒澤は、主に山本監督につき榎本健一(エノケン)主演の喜劇映画の助監督を数多く務めた。その現場で喜劇の撮り方や役者の使い方を、自分のものとして習得したことが見られる作品。本作オリジナルの登場人物として、強力役...

≫続きを読む

黒澤明「生きる」は「七人の侍」と並ぶ最高傑作!

黒澤明,生きる 黒澤明「生きる」ここが凄い!ポイント志村喬の演技が凄い!雪のシーンの撮影が凄い!展開が凄い!お通夜での大人数によるシーンが凄い!真正面から官僚主義批判をしている!この映画のテーマは永遠に古くならない!4年ぶりに東宝に戻って監督した作品。「七人の侍」と並んで黒澤の最高傑作と評価されている作品である。ト...

≫続きを読む

黒澤明「七人の侍」は百姓の描き方が100点!大衆のバカさを百姓で表している?!

黒澤明,七人の侍 黒澤明「七人の侍」ここが凄い!ポイント綿密な時代検証が凄い!撮影技術の革新が凄い!リメイク作品が多い!撮影期間が凄い!後世への影響が凄い!練りに練られた脚本が凄い!世界映画史上、他の映画に最も影響を与えている作品である。黒澤作品並びに、日本映画、世界映画の最高傑作と評され、国内外で60年の月日を経て...

≫続きを読む

黒澤明「生きものの記録」 三船敏郎が狂気の老人を怪演!音楽担当早坂文雄の遺作にな...

黒澤明,生きものの記録 初期の黒澤作品のほとんどの音楽を担当し、黒澤の親友として良き相談相手にもなっていた早坂文雄。彼は昭和29年に行われたアメリカのビキニ環礁に核実験で、死の灰が予想よりも遠くまで飛び散り、第五福竜丸が被災したときに、「こう命をおびやかされちゃ、仕事もできねぇ」と黒澤に言ったという。その言葉が強く心に残っ...

≫続きを読む

「蜘蛛巣城」黒澤明×三船敏郎 シェイクスピア映画の最高峰

黒澤明,蜘蛛巣城 黒澤明「蜘蛛巣城」ここが凄い!ポイントシェイクスピア「マクベス」を時代劇にした!能の様式美を演出に取り入れた!山田五十鈴の演技が凄い!危険極まりない撮影裏側が凄い!現代演劇の巨匠が絶賛!シェイクスピアの「マクベス」をそのまま戦国時代に置き換えて映画化。原作の戯曲にメイクや演出など、能の表現が織り交ぜ...

≫続きを読む

「どん底」黒澤明×三船敏郎 ミュージカル映画顔負けのラストが凄い!

黒澤明,どん底 黒澤明「どん底」ここが凄い!ポイント喜劇役者たちの演技が凄い!撮影期間が異例の短さ!ミュージカル映画顔負けのラストが凄い!マルチカム撮影が凄い!ゴーリキーの戯曲が時代劇に舞台を江戸時代の棟割長屋にした以外は、ゴーリキーの戯曲を忠実に再現して映画化した作品。「生きものの記録」で実験的に使用したマルチカ...

≫続きを読む

「隠し砦の三悪人」は無敵の三船敏郎が初めて出てきた黒澤明作品!

黒澤明,隠し砦の三悪人 黒澤明「」ここが凄い!ポイント黒澤映画ナンバーワンの娯楽性!スターウォーズの元ネタ!実は太平と又吉が主役!製作費の増え方が凄い!ベルリン国際映画祭で監督賞を受賞!「隠し砦の三悪人」は黒澤初のワイドスクリーン作品。隠し砦から黄金とお姫様を連れ、的中突破を試みる武将と2人の百姓を描いた痛快娯楽時代劇の傑...

≫続きを読む

黒澤プロ第一弾「悪い奴ほどよく眠る」はあえて社会派サスペンスを描いた!

黒澤明,悪い奴ほどよく眠る 黒澤明「悪い奴ほどよく眠る」ここが凄い!ポイント汚職というテーマの普遍性!シナリオの凝り具合が凄い!結婚式のシーンの映画的テクが凄い!ゴッドファーザーで真似された!黒澤作品ナンバーワンの悲劇的結末!「隠し砦の三悪人」の予算オーバーが原因で、黒澤を辞める方向に持っていった東宝だったが、儲かる映画を作る...

≫続きを読む

黒澤明「用心棒」 三船敏郎の殺陣の動きはラグビーの動きを参考にした!

黒澤明,用心棒 黒澤明「用心棒」ここが凄い!ポイント殺陣が凄い!面白さが凄い!「荒野の用心棒」でリメイクされる!ヴェネツィア国際映画祭で三船敏郎が主演男優賞を受賞!カメラマンが世界のミヤガワ!黒澤映画を代表するエンターテイメント作品黒澤が理屈ぬきに面白い、楽しい映画を作りたいと思って撮ったのがこの作品。ダシール・ハ...

≫続きを読む

黒澤明作品の最大ヒット作「椿三十郎」 三船敏郎の殺陣は神レベル!

黒澤明,椿三十郎 黒澤明「椿三十郎」ここが凄い!ポイント黒澤映画で最大のヒット!立ち回りがリアル!ラストの三船VS仲代がすごい!今みても笑えるシーンがある!セリフから日本語を勉強できる!用心棒のコミック版「用心棒」の続編だが、原作自体は山本周五郎の小説「日々平安」なので、前作とは何のかかわりもない。主人公・三十郎の苗...

≫続きを読む

黒澤明×三船敏郎「天国と地獄」は総合力の天才であることを証明する映画!

黒澤明,天国と地獄 黒澤明「天国と地獄」ここが凄い!ポイントサスペンス映画でありながら何度見ても面白い!徹底した現場検証と綿密な構成黒澤は総合力の天才!誘拐に関する刑法改正のきっかけになった映画アマゾンのレビューが凄い!娯楽映画かつヒューマンドラマエド・マクベインの小説「キングの身代金」を下敷きにしている。が実際はほん...

≫続きを読む

三船敏郎×黒澤明の最後の作品 「赤ひげ」 加山雄三、田中絹代他

黒澤明,赤ひげ 山本周五郎の「赤ひげ診療譚」の映画化で、最後の黒澤・三船コンビの作品である。原作は江戸時代に幕府が設けた貧しい病人たちの為の医療機関・小石川診療所の所長で赤ひげと呼ばれる医師・新出去定を主人公に、いくつかのエピソードから構成されたオムニバス小説だが、黒澤はひとつの流れとして捉え、新参の弟子・保本登が...

≫続きを読む

黒澤明初のカラー作品「どですかでん」は色彩を楽しむ映画である!

黒澤明,どですかでん 山本周五郎「季節のない街」を映画化黒澤は木下恵介、市川崑、小林正樹らの監督に呼びかけ、低予算で映画を撮るというコンセプトのもと、「四騎の会」という芸術家集団を結成。この「四騎の会」制作の、最初で最後の作品が「どですかでん」である。思ったような色が出せないという理由で、長い間カラーで撮ること拒否してき...

≫続きを読む

黒澤明は運を持っている!「デルス・ウザーラ」でアカデミー賞を獲得!

黒澤明,デルス・ウザーラ 白痴を撮った後、ロシアの探検家ウラジーミル・アルセーニエフの探検記を「エゾ探検記」として企画したが、結局その時は流れてしまった。20年後、ソ連から黒澤に一本撮ってみないか?と依頼があり、70ミリの大作映画として完成したのがこの「デルス・ウザーラ」である。シベリアの密林に住む猟師と探検隊隊長の友情と師...

≫続きを読む

勝新太郎と大揉めした「影武者」 黒澤明は若山富三郎にもオファーを出していた!

黒澤明,影武者 武田信玄の影武者となった男の、数奇な半生を描いた時代劇。予算の問題で制作が難航したが、黒澤を敬愛する「ゴッドファーザー」のフランシス・フォード・コッポラと「スターウォーズ」のジョージ・ルーカスが、20世紀フォックスに声をかけて予算が確保された。勝新太郎VS黒澤明当初、信玄と影武者の2役は勝新太郎が演...

≫続きを読む

黒澤明の集大成「乱」 仲代達矢演じる秀虎は黒澤自身である!

黒澤明,乱 黒澤明のライフワークシェイク・スピアの「リア王」を下敷きに、老城主と3人の息子たちの愛憎渦巻く争いを描いた戦国スペクタクル。黒澤はこの作品を自分の「ライフワーク」と位置づけ、また「人類への遺言」でもあるとしている。仲代達也演じる主人公の一文字秀虎は、黒澤自身を色濃く反映させたキャラクター設定であると...

≫続きを読む

黒澤明「夢」はスピルバーグとジョージルーカスの援助で撮影に漕ぎつけた!

黒澤明,夢 カンヌ国際映画祭でオープニング上映された作品夢を題材にした8つのエピソードからなる、ファンタスティックなオムニバス映画。黒澤を崇拝するスティーブン・スピルバーグとジョージ・ルーカスが援助に乗り出し、撮影に漕ぎつけた。そのため、配給権がワーナー・ブラザーズ渡ってしまい、日本では自由に上映することが出来...

≫続きを読む

黒澤明「八月の狂詩曲」はリチャード・ギアが出演!原爆投下謝罪のシーンは欧米で批判...

黒澤明,八月の狂詩曲 村田喜代子の原作「鍋の中」を元にした反核映画。原爆投下で主人公の夫が亡くなったことについて、リチャード・ギア扮するクラークが主人公に謝罪するシーンでは欧米からの批判もあった。しかし黒澤作品で描かれる木々の美しさと雨のシーンは圧倒的であり、本作のラストでもその魅力が出ている。ヴィム・ヴェンダースとの対...

≫続きを読む

黒澤明の最後の作品 「まあだだよ」

黒澤明,まあだだよ 作家・内田百聞とその門下生たちとの交流を描いたヒューマンドラマ。当初は3時間近い長尺の作品になるはずであったが、徹底的にリハーサルを重ねていった結果、2時間14分の作品に仕上がった。それだけに段取りが良すぎるところが鼻に付くところもあるが、その内容の濃さには感嘆せずにはいられない。黒澤は脚本段階から...

≫続きを読む