黒澤明×三船敏郎「天国と地獄」は総合力の天才であることを証明する映画!

スポンサーリンク

天国と地獄

黒澤明「天国と地獄」ここが凄い!ポイント

サスペンス映画でありながら何度見ても面白い!
徹底した現場検証と綿密な構成
黒澤は総合力の天才!
誘拐に関する刑法改正のきっかけになった映画
アマゾンのレビューが凄い!

 

スポンサーリンク

 

娯楽映画かつヒューマンドラマ

 

エド・マクベインの小説「キングの身代金」を下敷きにしている。
が実際はほんの一部を借りただけですと黒澤が語るように、前半は誘拐された少年を救出するまでのヒューマンドラマ、後半は犯人追跡のサスペンスドラマというようにそれぞれ趣の違った2部構成になっている。

 

当時の誘拐罪に対する刑の軽さに対する批判と、徹底的に細部にこだわった推理映画を作りたい、という思いから製作され、1964年の刑法一部改正(身代金目的の略奪<無期または3年以上の懲役>)のきっかけになったという。

 

シナリオは小国英雄、菊島隆三、久板栄二郎、黒澤明のいつものチームで書かれ、綿密な構成と独特の見せ場で見るものをぐいぐい物語に引き込むことに成功している。

 

菊島によると、「靴職人の下積みからたたき上げ人生を闘い抜いてきた重役のキングという男のキャラクターが三船敏郎のイメージにぴったりだ」ということから、取り上げたという。

 

「天国と地獄」の当時の評価は文句なしの傑作というものではなかったらしいが、評論家の芝山幹郎氏はこう評している。

 

何度見ても面白い。見るだびに新しい発見がある。そしていつ見ても同じ場面でため息がでる。黒澤明の後期を代表する傑作「天国と地獄」は、そんな映画だ」
「映画にのみ可能な空間のドラマに胸を躍らせ、背筋をぞくりとさせる」※1

 

また映画監督の熊井啓氏はこう述べている。

 

「天国と地獄」では、だいぶ悪口をいわれたね。警部の扱いがおかしいと。しかしこれは、まったく見事なリアリズムだと思う。それを、黒澤が官僚的な国家権力に癒着はじめた証拠だなどと、若手の批評家が言ったけれど、僕はよくぞ書いたと思う。警察というものは、そういうものだ。警察が自分で自分の交番を爆破することがあるんだから」※1

 

スポンサーリンク

 

アマゾンのレビューが凄い

 

アマゾンのレビューを見ていると、黒澤作品は軒並みどの作品も高評価なのだが、中でもこの「天国と地獄」の★5つの数がえげつない。50人ほどのレビューワー中、47人が★5つを出している。

 

この映画はカーチェイスやドンパチなんてない刑事物。前半はほぼ部屋の中でのシーン。よって画面的な面白さもなし。

 

でも、このレビュー結果が、単純に誰が見ても楽しめるエンターテイメント作品であるということを、証明している。

 

事件によって、いままで築きあげてきたものをすべて奪われた主人公が放ったセリフ、

 

「俺はこれからがいよいよ俺なんだ」

 

これが、かっこ良すぎます。三船敏郎ここにありです。

 

身代金の受け渡しのシーンは超有名ですが、このシーンは実際にあった手口を映像化したものと勘違いするほど、リアリティが跳びぬけています。

 

映画はあくまでエンターテイメントなんで、「んなアホな!」と突っ込みたくなることがあって当たり前なんですが、黒澤作品でそれを感じることはないんですよね。しらけさせないような細部にまでこだわったキャラ設定と状況設定。そして回収可能な伏線の貼り方をしています。

 

黒澤映画の醍醐味は、人情に訴えかけるヒューマニズムであると言われています。でも黒澤明が「世界のクロサワ」である理由は、映画を構成する全ての要素を妥協せずに、徹底して掘り下げているところではないでしょうか。

 

テーゼとアンチテーゼ
脚本
演出
リアリティの追求
役者
お金のかけ方
音楽や効果音
編集

 

これらを妥協せずに、自分にも他者にも求めて作品を創っていたところでしょう。総合力の天才ですね。それがはっきりとわかる作品がこの「天国と地獄」ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

民家一軒を壊したは本当?!

特急こだまからのカットで、犯人と子供を権藤が目視で確認するカットについて、手前に民家が写り込んでしまうため、お願いして民家を取り払ったという都市伝説は本当か?

 

真相は野上照代さんの著書の中に記されていた。

土手の犯人が見えるところで、キャメラの手前に民家の2階が画面に入り、犯人と子供を言えにくくしているではないか。黒澤さんも「これじゃまずいね。根津君!」と製作担当を呼び「どうする?どうする?」と言っている。

 

ここからは根津さんに直接聞いた話である。

 

「どうする?どうする?ったって、撮影は明後日なんだよ。とにかく話してみます、ってことで大道具さんつれてその家へ行ったよ」

 

その家は木造の2階家で邪魔をしていたのは子供の勉強部屋だった。ご主人は入院中で母子2人だけだという。根津さんは奥さんに「撮影は1日だけです。その間、2階を取り壊し終わったらすぐ元通りにしますから!」と強引に頼み込み承諾してもらった。撮影当日はブルーのシートで隠されていた。

 

根津さんは撮影が終了するやいなや、直ちに2階を復元したが、その時はウチの大道具さんではなく、その家を建てた本当の大工さんうを頼んで復元してもらったそうだ。

 

この事件は大げさに伝わり、黒澤は撮影に邪魔だからといって家を一軒壊したそうだ、と言われてきたが事実ではない。

 

※野上照代著書 「もう一度天気待ち 監督・黒澤明とともに」

 

『天国と地獄』へのオマージュ

映画批評 轟由起夫
※4 河出書房新社発行 「黒澤明 生誕100年総特集」より抜粋 

 

青島刑事がそこで目撃したものと云えば、もちろん煙突であり、焼却炉から立ち上っていく赤色の煙だ。

 

確認するまでもないだろう。黒澤明がモノクロ画面にわざわざ部分着色してみせた『天国と地獄』のトリッキーな名場面。

 

特殊薬の仕込まれたカバンを誘拐犯が焼却した場合、赤色の煙が上空を染め上げるというあのシークエンスが、一応ディテールは変えられてはいるものの、ほぼ丸ごと引用されていたのだ。

 

オマージュか?パロディか?はたまた単なる戯れか?ともあれ製作サイドより事前に了解を求められ、引用を許諾した黒澤明は、これを見ることなく撮影中に亡くなった。

 

因縁めいたエピソードに、本家ソックリのゴミ置き場ならびに焼却炉をしつらえた美術プロデューサーの梅田正則氏はこんな言葉を残している。

 

「あのゴミ置き場は、小屋のまわりのイメージを『どですかでん』でやって、小屋の中にあるマンガ本の山が『椿三十郎』の馬小屋のワラの山のつもりで作ったんですよ。建てたのも黒澤組の大道具の人だし、中身は『天国と地獄』でしょ。それも同じ東宝の撮影所で。嬉しかったんだけどね。本当に見て欲しかった。先生に。」

 

大の黒澤ファンであった梅田氏の言葉の繰り返しになるが、黒澤にはこの映画は観て欲しかった。
ウケるところではドカーンと爆笑し、ラストにはしっかり涙ぐむノリのいい満員の観客の中で本当に見て欲しかった。

 

そうして引用シーンのみならず、TVシリーズから生まれ、おそらく1998年度の邦画最高のヒットとなるであろう『踊る大捜査線 THE MOVIE』の感想を、本人の口からぜひ聞いてみたかった。

 

なぜならそこには、黒澤を頂点とするかつての「映画館全盛時代の観客」と、自分も含めた「今日の観客」とが少なからず共有しているだろうエンターテイメント密度というべきものを感じ得たからなのだ。

 

黒澤の悪の描き方について

黒澤明の悪の描き方は極端と言われている。
徹底的に悪に対する情をそぎ落して、悪党共は生きるに値しないという正義感を貫いている。

 

これに関して、評論家の町山智浩氏が語ったのを紹介します。

この映画で一番おかしいのが、仲代達也が、誘拐で逮捕されても刑期が短いじゃないかと。生ぬるい、犯人を泳がせよう。これは愕然としましたよね。

 

それあり?!って。でひとり死ななくていい人が死ぬんですよ。これあとでバレたら大変ですよ、仲代。これは完全に捜査のやり過ぎですよ。
どう考えてもおかしいんですけど、これは黒澤さん自身の一種の作風に近い所なんですよ。

 

まあ、『用心棒』なんか見るとわかるんですが、ヤクザあれ皆殺しですから。悪いやつは全部死ね!っていう世界ですから。

 

あと『野良犬』って映画がありますよね。あれは貧しさの中で犯罪に手を染めていってしまう犯人がいるんですが、彼も人生色々あって犯罪に手を染めていってしまうんだってことは一切言わないんですよ。

 

やつは野良犬だって。切り捨てる。そして一番有名なのは『七人の侍』。野武士たちもそれぞれ大変だったんだろうということは一切描かない。ただの悪の集団、パーソナルな部分を一切描写しないという。

 

犯罪者や悪にたいする同情が一切ない。すごい厳しいんですよ。死ねばいいって言っちゃてるんですよ。

 

これを観たときに僕はやっぱりびっくりしちゃったんですけど、当時かなりこれは批判されたみたいですね。

 

具体的には佐藤忠雄さんが、これは正義感がおかしいだろうと。非常に浅い正義感ではないかと。

 

『七人の侍』の頃から、悪に対する共感がゼロってことは批判されてきてたんですよ。それがこの映画では決定的で、ある意味ファシスト的であると。

 

でこれで誘拐犯の刑が重くなったのは事実なんですけど、この映画をまったくマネして、誘拐犯が「よしのぶちゃん事件」ってのを起こして、実際に犯人が子供を殺していると。

 

でその部分ってのは、黒澤監督の言いたいところなんですよね。
『野良犬』で、犯人の境遇と正義の側、刑事である三船敏郎の境遇が似ていると描かれていて、2人とも復員兵で苦労したんだが、一人は刑事になり、一人は犯罪者になったと。それは根性の有無の違いなんだとして、負けてしまった人に対して、徹底的に冷たい。

 

で、この映画『天国と地獄』の中では、三船敏郎演じる主人公は、実は貧しかったんだと、でも一生懸命頑張って偉くなったんだと。そういう設定にしているんです。言い訳が出来ないようにするために。

 

一人は犯罪を犯してダークサイドに堕ちた人、一人は成功者になって社会的に認められる存在にななった人。

 

二人を分けた明暗はなんだったのかということを黒澤は『野良犬』でも『天獄と地獄』でも『七人の侍』でも描きたかったんではないでしょうか。

 

かんたんなあらすじ

 

黒澤明,天国と地獄

 

製靴企業「ナショナルシューズ」の常務・権藤金吾の元に「子供をさらった」という電話が入る。しかしその後、すぐに息子が現れる。
いたずら電話と思っていると、社用者の運転手である青木の息子がいないことを知る。

 

2人で遊んでいた常務の子供と、運転手の子供を、犯人は間違えて誘拐していた。

 

犯人はそれにも気づくが、そのまま身代金を要求。

 

警察が駆けつけ救出作戦が練られる中、妻は身代金の支払いを権藤に要求するが、権藤にはその要求を簡単には飲めない、人生を賭けた事情があった…

 

製作:田中友幸 菊島隆三
脚本:小国英雄 菊島隆三 久板栄二郎 黒澤明
原案:エド・マクベイン「キングの身代金」
撮影:中井朝一 斉藤孝雄
美術:村木与四郎
照明:森弘光
音楽:佐藤勝
助監督:森谷司郎 出目昌伸 松江陽一
出演:三船敏郎 香川京子 仲代達矢 山崎努 石山健二郎 三橋達也

ウィキペディア フリー百科事典「黒澤明」より引用
河出書房新社発行 「黒澤明 生誕100年総特集」より引用
脚注
※1 文藝春秋発行 小林信彦著書 「黒澤明という時代」より抜粋
※2 やのまん発行 塩澤幸登著書 「黒澤明 大好き!」より抜粋
※3 毎日新聞社発行 堀川弘通著書 「評伝 黒澤明」より抜粋
※4 河出書房新社発行 「黒澤明 生誕100年総特集」より抜粋
※5 文藝春秋発行 田草川弘著書 「黒澤明VSハリウッド トラ・トラ・トラ!その謎のすべて」より抜粋

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

前の作品 黒澤明作品の最大ヒット作「椿三十郎」 三船敏郎の殺陣は神レベル!

 

次の作品 三船敏郎×黒澤明の最後の作品 「赤ひげ」 加山雄三、田中絹代他

 

映像の世紀を駆け抜けた壮絶な人生がヤバい… 〜黒澤明の生い立ちから晩年まで〜 

 

黒澤明×姿三四郎 デビュー作にして斬新なスローモーションの使い手!

黒澤明,姿三四郎 黒澤明の監督デビュー作である。富田常雄の小説の前半部分から、姿三四郎と恋人の乙美と南小路という、子爵の令嬢の三角関係を描いたメロドラマ的エピソードをのぞき、柔術を通じて人間的に成長していく三四郎の姿を描いている。師匠・矢野正五郎と三四郎との子弟関係が物語の中心となっている。師匠と弟子という、後の黒澤...

≫続きを読む

黒澤明「一番美しく」は単純なプロパガンダ映画ではない!

黒澤明,一番美しく 軍需工場でのく女子挺身隊の活動をセミドキュメンタリータッチで描く。挺身隊員を演じる女優陣から、職業的なにおいや、羞恥心を取り去るため、日本光学の寮に入れ、駆け足の訓練から始め職場にも配慮し工員たちと同じ労働を割り当てた。その甲斐あって、本物の挺身隊員と同様の自然な演技が引き出せたが、連日8時間以上の...

≫続きを読む

「続姿三四郎」は黒澤明自信はあまり乗り気ではなかった

黒澤明,続姿三四郎 「姿三四郎」のヒットに気をよくした東宝は、黒澤に続編を作ることを命じた。続編を作ることにあまり乗り気でなかった黒澤は、無理やり創作意欲を駆り立てての撮影となった。そのため、主人公の三四郎よりも適役の檜垣兄弟に対する比重が大きくなり、アンバランスな作品になったしまったと言う。しかしクライマックスの雪原...

≫続きを読む

黒澤明「わが青春に悔いなし」 新しい女性像を原節子が好演!

黒澤明,我が青春に悔いなし 戦国時代版のジャンヌ・ダルクを構築していたが、GHQの要請にも沿った民主主義啓蒙映画「わが青春に悔いなし」に取り組むことになった黒澤明。敗戦直後、35歳の黒澤はこうノートに記した。「新しい時代は新しい人間の創造を求めている。我々は新しい時代の新しい課題を解決すべき、新しい人間としての自己形成を目指さ...

≫続きを読む

黒澤明「素晴らしき日曜日」 映画史上最高に美しいシーンと巨匠が絶賛!

黒澤明,素晴らしき日曜日 43年、黒澤は小学校時代の同級生でシナリオライターの植草圭之助と銀座の書店で偶然に再会した。その後、一緒に映画を作ろうということになり、D・W・グリフィスの名作「素晴らしき哉人生」より着想を得て実現したのが本作品。グリフィスの映画では、若いポーランド人の2人が住宅難で結婚できない。そこで空き地を借り...

≫続きを読む

黒澤明「酔いどれ天使」 三船敏郎鮮烈デビュー。イケメンが過ぎる!

黒澤明,酔いどれ天使 黒澤明と三船敏郎の黄金コンビ第一作。肺結核の冒された若いやくざと、彼を治療しようとする町医者の交流を描いた作品。志村喬演じるの老練な男と三船敏郎演じる未熟な若者はそのまま「野良犬」の先輩後輩という子弟関係に繋がっている。本来この作品の主人公は医師に真田役の志村であるが、完全に準主役の三船が主役を食っ...

≫続きを読む

三船敏郎×黒澤明「静かなる決闘」 梅毒が感染してしまった医師の苦悩を描く秀作!

黒澤明,静かなる決闘 黒澤明が東宝以外で始めて撮った作品がこの「静かなる決闘」です。この映画での黒澤の狙いは、爆発的な三船敏郎の人気が、やくざ役の方に走っていくのを止めようとしたと自伝で語っています。ここで倫理観の強いインテリの役を演じさせることで、三船に役者としての成長を期待しての起用だったという。大映側から批判された...

≫続きを読む

刑事映画の傑作「野良犬」  黒澤明×三船敏郎コンビ最初の傑作

黒澤明,野良犬 「メグレ警視」シリーズなどの探偵小説で有名なフランスの社会派作家、ジョルジュ・シムノンの作品が大好きな黒澤が、シムノン風に撮ってみようかと脚本に着手。だが、なかなか書けずに四苦八苦していたところ、巡査がピストルを盗まれたという実話を聞き、それを小説風に書き上げた作品がこの「野良犬」。しかしその後それ...

≫続きを読む

黒澤明×三船敏郎「醜聞(スキャンダル)」は、マスコミへの怒りと恐怖から作られた!

黒澤明,醜聞 親友である松竹の監督木下恵介の仲介で、始めて大船撮影所で監督した作品。つねづねジャーナリズムの強引な取材を不愉快に思っていた黒澤が、ある日電車の中刷り広告のセンセーショナルな見出しに呆れ返った。言論の自由が当然だが、その自制のない逸脱をどうするのか?こんなことが赦されてはならない、今のうちに叩き潰さ...

≫続きを読む

黒澤明「羅生門」 手柄は三船敏郎ではなく、カメラマン宮川一夫!

黒澤明,羅生門 黒澤明「羅生門」ここが凄い!ポイントイタリアのヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞!アメリカのアカデミー特別賞を受賞!日本映画が初めて国際的に認められた作品!欧米コンプレックスを抱えていた当時の日本人に光を与えた!モノクロの映像美が凄い!ホースの水に墨を混ぜて迫力ある雨のシーンを撮った!カメラマン宮川...

≫続きを読む

黒澤明「白痴」の見どころは原節子、森雅之、三船敏郎、久我美子の演技合戦!

黒澤明,白痴,森雅之,三船敏郎 黒澤明「白痴」ここが凄い!ポイント黒澤のドストエフスキーへの愛が凄い!上映時間を巡って出た名言が凄い!役者の演技が凄い!特に久我美子の演技が凄い!ディレクターズカット版の長さが凄い!ロシアでの評価が高い!ドストエフスキーの小説の舞台を札幌に移し、黒澤が全身全霊をかけて作ったといわれる作品。作品は第一...

≫続きを読む

黒澤明「虎の尾を踏む男達 」は能を洋楽風コーラスにアレンジした秀作!

黒澤明,虎の尾を踏む男達 完成後7年間もお蔵入りとなっていたいわくつきの作品である。東宝の前身であるP・C・Lに入社した黒澤は、主に山本監督につき榎本健一(エノケン)主演の喜劇映画の助監督を数多く務めた。その現場で喜劇の撮り方や役者の使い方を、自分のものとして習得したことが見られる作品。本作オリジナルの登場人物として、強力役...

≫続きを読む

黒澤明「生きる」は「七人の侍」と並ぶ最高傑作!

黒澤明,生きる 黒澤明「生きる」ここが凄い!ポイント志村喬の演技が凄い!雪のシーンの撮影が凄い!展開が凄い!お通夜での大人数によるシーンが凄い!真正面から官僚主義批判をしている!この映画のテーマは永遠に古くならない!4年ぶりに東宝に戻って監督した作品。「七人の侍」と並んで黒澤の最高傑作と評価されている作品である。ト...

≫続きを読む

黒澤明「七人の侍」は百姓の描き方が100点!大衆のバカさを百姓で表している?!

黒澤明,七人の侍 黒澤明「七人の侍」ここが凄い!ポイント綿密な時代検証が凄い!撮影技術の革新が凄い!リメイク作品が多い!撮影期間が凄い!後世への影響が凄い!練りに練られた脚本が凄い!世界映画史上、他の映画に最も影響を与えている作品である。黒澤作品並びに、日本映画、世界映画の最高傑作と評され、国内外で60年の月日を経て...

≫続きを読む

黒澤明「生きものの記録」 三船敏郎が狂気の老人を怪演!音楽担当早坂文雄の遺作にな...

黒澤明,生きものの記録 初期の黒澤作品のほとんどの音楽を担当し、黒澤の親友として良き相談相手にもなっていた早坂文雄。彼は昭和29年に行われたアメリカのビキニ環礁に核実験で、死の灰が予想よりも遠くまで飛び散り、第五福竜丸が被災したときに、「こう命をおびやかされちゃ、仕事もできねぇ」と黒澤に言ったという。その言葉が強く心に残っ...

≫続きを読む

「蜘蛛巣城」黒澤明×三船敏郎 シェイクスピア映画の最高峰

黒澤明,蜘蛛巣城 黒澤明「蜘蛛巣城」ここが凄い!ポイントシェイクスピア「マクベス」を時代劇にした!能の様式美を演出に取り入れた!山田五十鈴の演技が凄い!危険極まりない撮影裏側が凄い!現代演劇の巨匠が絶賛!シェイクスピアの「マクベス」をそのまま戦国時代に置き換えて映画化。原作の戯曲にメイクや演出など、能の表現が織り交ぜ...

≫続きを読む

「どん底」黒澤明×三船敏郎 ミュージカル映画顔負けのラストが凄い!

黒澤明,どん底 黒澤明「どん底」ここが凄い!ポイント喜劇役者たちの演技が凄い!撮影期間が異例の短さ!ミュージカル映画顔負けのラストが凄い!マルチカム撮影が凄い!ゴーリキーの戯曲が時代劇に舞台を江戸時代の棟割長屋にした以外は、ゴーリキーの戯曲を忠実に再現して映画化した作品。「生きものの記録」で実験的に使用したマルチカ...

≫続きを読む

「隠し砦の三悪人」は無敵の三船敏郎が初めて出てきた黒澤明作品!

黒澤明,隠し砦の三悪人 黒澤明「」ここが凄い!ポイント黒澤映画ナンバーワンの娯楽性!スターウォーズの元ネタ!実は太平と又吉が主役!製作費の増え方が凄い!ベルリン国際映画祭で監督賞を受賞!「隠し砦の三悪人」は黒澤初のワイドスクリーン作品。隠し砦から黄金とお姫様を連れ、的中突破を試みる武将と2人の百姓を描いた痛快娯楽時代劇の傑...

≫続きを読む

黒澤プロ第一弾「悪い奴ほどよく眠る」はあえて社会派サスペンスを描いた!

黒澤明,悪い奴ほどよく眠る 黒澤明「悪い奴ほどよく眠る」ここが凄い!ポイント汚職というテーマの普遍性!シナリオの凝り具合が凄い!結婚式のシーンの映画的テクが凄い!ゴッドファーザーで真似された!黒澤作品ナンバーワンの悲劇的結末!「隠し砦の三悪人」の予算オーバーが原因で、黒澤を辞める方向に持っていった東宝だったが、儲かる映画を作る...

≫続きを読む

黒澤明「用心棒」 三船敏郎の殺陣の動きはラグビーの動きを参考にした!

黒澤明,用心棒 黒澤明「用心棒」ここが凄い!ポイント殺陣が凄い!面白さが凄い!「荒野の用心棒」でリメイクされる!ヴェネツィア国際映画祭で三船敏郎が主演男優賞を受賞!カメラマンが世界のミヤガワ!黒澤映画を代表するエンターテイメント作品黒澤が理屈ぬきに面白い、楽しい映画を作りたいと思って撮ったのがこの作品。ダシール・ハ...

≫続きを読む

黒澤明作品の最大ヒット作「椿三十郎」 三船敏郎の殺陣は神レベル!

黒澤明,椿三十郎 黒澤明「椿三十郎」ここが凄い!ポイント黒澤映画で最大のヒット!立ち回りがリアル!ラストの三船VS仲代がすごい!今みても笑えるシーンがある!セリフから日本語を勉強できる!用心棒のコミック版「用心棒」の続編だが、原作自体は山本周五郎の小説「日々平安」なので、前作とは何のかかわりもない。主人公・三十郎の苗...

≫続きを読む

黒澤明×三船敏郎「天国と地獄」は総合力の天才であることを証明する映画!

黒澤明,天国と地獄 黒澤明「天国と地獄」ここが凄い!ポイントサスペンス映画でありながら何度見ても面白い!徹底した現場検証と綿密な構成黒澤は総合力の天才!誘拐に関する刑法改正のきっかけになった映画アマゾンのレビューが凄い!娯楽映画かつヒューマンドラマエド・マクベインの小説「キングの身代金」を下敷きにしている。が実際はほん...

≫続きを読む

三船敏郎×黒澤明の最後の作品 「赤ひげ」 加山雄三、田中絹代他

黒澤明,赤ひげ 山本周五郎の「赤ひげ診療譚」の映画化で、最後の黒澤・三船コンビの作品である。原作は江戸時代に幕府が設けた貧しい病人たちの為の医療機関・小石川診療所の所長で赤ひげと呼ばれる医師・新出去定を主人公に、いくつかのエピソードから構成されたオムニバス小説だが、黒澤はひとつの流れとして捉え、新参の弟子・保本登が...

≫続きを読む

黒澤明初のカラー作品「どですかでん」は色彩を楽しむ映画である!

黒澤明,どですかでん 山本周五郎「季節のない街」を映画化黒澤は木下恵介、市川崑、小林正樹らの監督に呼びかけ、低予算で映画を撮るというコンセプトのもと、「四騎の会」という芸術家集団を結成。この「四騎の会」制作の、最初で最後の作品が「どですかでん」である。思ったような色が出せないという理由で、長い間カラーで撮ること拒否してき...

≫続きを読む

黒澤明は運を持っている!「デルス・ウザーラ」でアカデミー賞を獲得!

黒澤明,デルス・ウザーラ 白痴を撮った後、ロシアの探検家ウラジーミル・アルセーニエフの探検記を「エゾ探検記」として企画したが、結局その時は流れてしまった。20年後、ソ連から黒澤に一本撮ってみないか?と依頼があり、70ミリの大作映画として完成したのがこの「デルス・ウザーラ」である。シベリアの密林に住む猟師と探検隊隊長の友情と師...

≫続きを読む

勝新太郎と大揉めした「影武者」 黒澤明は若山富三郎にもオファーを出していた!

黒澤明,影武者 武田信玄の影武者となった男の、数奇な半生を描いた時代劇。予算の問題で制作が難航したが、黒澤を敬愛する「ゴッドファーザー」のフランシス・フォード・コッポラと「スターウォーズ」のジョージ・ルーカスが、20世紀フォックスに声をかけて予算が確保された。勝新太郎VS黒澤明当初、信玄と影武者の2役は勝新太郎が演...

≫続きを読む

黒澤明の集大成「乱」 仲代達矢演じる秀虎は黒澤自身である!

黒澤明,乱 黒澤明のライフワークシェイク・スピアの「リア王」を下敷きに、老城主と3人の息子たちの愛憎渦巻く争いを描いた戦国スペクタクル。黒澤はこの作品を自分の「ライフワーク」と位置づけ、また「人類への遺言」でもあるとしている。仲代達也演じる主人公の一文字秀虎は、黒澤自身を色濃く反映させたキャラクター設定であると...

≫続きを読む

黒澤明「夢」はスピルバーグとジョージルーカスの援助で撮影に漕ぎつけた!

黒澤明,夢 カンヌ国際映画祭でオープニング上映された作品夢を題材にした8つのエピソードからなる、ファンタスティックなオムニバス映画。黒澤を崇拝するスティーブン・スピルバーグとジョージ・ルーカスが援助に乗り出し、撮影に漕ぎつけた。そのため、配給権がワーナー・ブラザーズ渡ってしまい、日本では自由に上映することが出来...

≫続きを読む

黒澤明「八月の狂詩曲」はリチャード・ギアが出演!原爆投下謝罪のシーンは欧米で批判...

黒澤明,八月の狂詩曲 村田喜代子の原作「鍋の中」を元にした反核映画。原爆投下で主人公の夫が亡くなったことについて、リチャード・ギア扮するクラークが主人公に謝罪するシーンでは欧米からの批判もあった。しかし黒澤作品で描かれる木々の美しさと雨のシーンは圧倒的であり、本作のラストでもその魅力が出ている。ヴィム・ヴェンダースとの対...

≫続きを読む

黒澤明の最後の作品 「まあだだよ」

黒澤明,まあだだよ 作家・内田百聞とその門下生たちとの交流を描いたヒューマンドラマ。当初は3時間近い長尺の作品になるはずであったが、徹底的にリハーサルを重ねていった結果、2時間14分の作品に仕上がった。それだけに段取りが良すぎるところが鼻に付くところもあるが、その内容の濃さには感嘆せずにはいられない。黒澤は脚本段階から...

≫続きを読む