武満徹対黒澤明A 「映画ってものが立ち止まっちゃった感じがしますね」

映画の未来が心配

冬樹社「カイエ」1979年4月号より

 

 

武満 「早坂文雄さんがよくおっしゃってましたけど、これから撮影にかかるって時に、黒澤さんがこの映画はこの音楽のイメージだっていうことを言われるって。新しい映画を着想されるときに、音楽は何か力があるわけですか?」

 

 

黒澤 ありますね。例えば「赤ひげ」なんかは、ベートーベンの「第九」のあのテーマです。映画がエンドになったとき、これが高らかに聞こえてこなかったら、この作品は駄目なんだといって、スタッフのみんなに何回も聞かせました。《七人の侍》の時は、よくドヴォルザークの「新世界」を聞いていたな。もう、家でうるさがれるぐらい聞いていたな。ある作品をやる時は、何かを一生懸命聴いてるときが多いですね」

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

武満 「このあいだ、フリッツ・ラングの「M」を観ていましたら、あれには特別な音楽は入ってないんですけど、口笛でグリーグのペールギュントの中の「山の上の殿堂」が流れて、その時にぼくははっと《白痴》のことを思い出したんです。僕は黒澤さんの映画でいちばん好きなのは実は《白痴》なんです。あれは何度も拝見しました。あの中で確かあの曲が使われてませんでしたでしょうか?久我美子さんがピアノで弾いていたように覚えています。」

 

 

黒澤 「そうです、そうです」

 

 

武満 「だいぶ昔のことで、うる覚えだったんですけれど。不思議なことに《M》を観たときに黒澤さんの映画を思いだしました。全く違うものなんですけどね。《M》はご覧になっているでしょうか?

 

 

黒澤 「観てますけど」

 

 

武満 「それでちょっとお尋ねしたいと思ったのは、黒澤さんの映画には比較的なんというか、善人というかある象徴的な人間像が出てくるように思うんです。そして、それと同時に悪人が出てくる。その悪人は僕らにはたいへん魅力的なんですが…」

 

 

黒澤 「それがね、悪人にもいろいろあるんでね」

 

 

武満 「黒澤さんがお好きな外国の監督というのはどんな…」

 

 

黒澤 「ジョン・フォードはまあ好きです。それからサタジット・ライちかトニイ・リチャードソンだとか、おおいうとこが好きですね。もっと見てなくちゃいけないんだけど、割といい作品でも、日本の場合はすぐ消えちゃうんですよね。あれがね、今、ぼくは一番怖いんだ。お客が一番いいものをよく判ってないような気がするんですよ。あんまりいい作品と思われないようなものに、すごくお客が入っていたりね。こういう状態を正常にもどすのが一番難しいんですよ。一般的に日本映画が墜落していくと同時に、お客さんの方もだんだん鑑賞眼ってものが退化していっちゃってるような気がしてしょうがないんだな」

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

武満 「実際にこれは映画だけの問題じゃないでしょう。我々人間のより大きな問題じゃないかと思います。昔ですと文明が成熟して、そこに生じた人間環境のひずみが人間の創造力を誘発して、文化というものがいつも文明に抵抗しながら進んでいたと思うんですが、近頃は自然科学が進むと創造力がだんだん衰えていくっていう感じがするんです。ぼくはテレビそのものを決して否定はしないんですが、早朝から映画やったりしてですね。映画の真似ばかり。映画館の方はまた何本立てかでやったり、毎週新しいものが封切られて、しかも愚にもつかない作品ばかりで。こういう上映システムや会社と映画館の問題等に知らない間に映画作家たちは巻き込まれて、創造力は全く二の次でただ量産すればいいというような傾向はどうしようもないと思うんです」

 

 

黒澤 「なんか、映画ってものが立ち止まっちゃった感じがしますね。立ち止まっちゃったというか、急に回れ右してとんでもない方へ歩き出したという気がするな。まわれみぎも、元にまっすぐもどったのならぼくはいいと思うんだけど、変な袋小路へね、隅の方へ歩き出しちゃったということじゃないかと思うんです。今、映画の可能性を技術的に考えた場合、マグネチック録音でフォー・トラックを使えるわけでしょ。いろんな科学的な発展と同時に、それをちゃんと映画に取り入れて進んでいかなきゃならないのに、今の日本映画の場合だとまだ光学録音でね、常設館はぜんぜん整備されてない。ぼくたちは極限まで映画ってものを追求していきたいんだけれど、それが出来ない状態にあるんですね」

 

 

武満 「たとえば、東宝などの場合ですとそれなりのダビングシステムを持っていながら、しかも東宝は他の会社に較べて多くの常設館を持っている。しかし、その常設館のシステムはそういうダビングルームのシステムにはマッチしてなきゃいけないのに、一館一館違うんです。こういうことでは良心的な映画をつくると口では言っていても、ほんとの意味では良心的ではない」

 

続きはこちら  武満徹対黒澤明B「テレビは映画の敵ではない。映画もテレビの敵ではない」 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

スポンサーリンク

 

 

宮崎駿対黒澤明 対談@ 「映画の見どころはどこですか?って聞かれるのは困る」

黒澤明,映画,夢,生きる, 1993年 5月6日放送 「映画に恋して愛して生きて」より静岡県御殿場の黒澤の別荘に宮崎がやってくる。宮崎が玄関口にくると、扉が開く。黒澤が出てくる。宮崎 「あ、宮崎です」黒澤 「どうもどうも、はじめまして。どうぞ。    相変わらずね、富士山が半分し見えなくてね。」宮崎 「ここは標高何メートルぐら...

≫続きを読む

宮崎駿対黒澤明 対談A 「夢」の水車小屋のロケについて

黒澤明,映画,夢,生きる,宮崎駿 1993年 5月6日放送 「映画に恋して愛して生きて」より宮崎 「あのー実写の人が羨ましいのはですね、その日のお酒がうまいだろうなと思うわけですよね」黒澤 「そうです、ロケだとそこでワイワイって呑むんですけどね」宮崎 「アニメーションですとその日のお酒が美味くないんですよね 笑」黒澤 「ロケですと晩...

≫続きを読む

宮崎駿対黒澤明 対談B 音響効果の実写とアニメの違いについて

黒澤明,映画,夢,生きる, 1993年 5月6日放送 「映画に恋して愛して生きて」より宮崎 「外国を舞台にしてアニメーションつくりますとね、街が出てきますよね。ほんと困っちゃうんです。外国の街の石畳で古い時代の車が走ってたってなると音響効果がもう無理ですね。なんかこれどうかって持ってきてもこれは東京だなんてすぐバレちゃうんです...

≫続きを読む

北野武対黒澤明 対談@ 「僕はビートくんの映画が以前からすきでね」

「週刊文春」 1993年5月6日号より黒澤 「僕は以前からビート君の映画が好きでね。今度の「ソナチネ」もでズカズカ撮ってるでしょ。あのズカズカがいい。どうも日本の映画っていうのは説明が多すぎるよ、演技でも何でも。なんかジム・ジャームッシュみたいで。まあ、そういう人を引き合いに出すのは失礼かもしれない...

≫続きを読む

北野武対黒澤明 対談A 「映画は粋でなくちゃいけない」

「週刊文春」 1993年5月6日号より黒澤 「僕は撮るのが早いんですよ」たけし 「撮るのは早いけれども、撮るまでが長いんですね 笑」黒澤 「そう。本番の日は要するによーいスタート!って言ってるだけだね。もちろん呑んでいるときに話したり、ある程度稽古もしますけど。今回、松村くんとは誰にも見せないで二人...

≫続きを読む

武満徹対黒澤明@  世界的巨匠同士のシンパシーを語りあう

冬樹社「カイエ」1979年4月号より武満 「ぼくは映画の専門家ではないので、気楽なおしゃべりは出来ませんが、先日《七人の侍》をテレビであらためて拝見して以前にも2、3度観ているんですが、それでもやはりびっくりしました。映写の条件がああいうふうで、きれぎれに観たのにもかかわらず、強烈な印象でした。とく...

≫続きを読む

武満徹対黒澤明A 「映画ってものが立ち止まっちゃった感じがしますね」

冬樹社「カイエ」1979年4月号より武満 「早坂文雄さんがよくおっしゃってましたけど、これから撮影にかかるって時に、黒澤さんがこの映画はこの音楽のイメージだっていうことを言われるって。新しい映画を着想されるときに、音楽は何か力があるわけですか?」黒澤 ありますね。例えば「赤ひげ」なんかは、ベートーベ...

≫続きを読む

武満徹対黒澤明B 「テレビは映画の敵ではない。映画もテレビの敵ではない」

冬樹社「カイエ」1979年4月号より武満 「日本映画の体質をどうやって変えてゆくかという問題ですね」黒澤 「それを僕らも考えているんですけどね。まず、作品を創る場合にお金の問題があります。これでやっぱりヘゲモニーをとらなければね。それと同時にもっとも理想的で優秀な映画館をまず建てて、そこでロングラン...

≫続きを読む

武満徹対黒澤明C 「ジョン・フォードはどこを切っても活動写真になるんだ!」

冬樹社「カイエ」1979年4月号より武満 「いま、映画を撮る必要、その意味はなにか?ということで考えてるわけなんですけど、映画というのは現実には一人の監督の作品です。そして撮ってゆく過程で僕らスタッフや他の人が作品について発言し、徹頭徹尾ディスカッションをして、最後の決定権は監督に任せて、それに従わ...

≫続きを読む

フランシス・フォード・コッポラ対黒澤明 『影武者』撮影中の巨匠同士の貴重な対談!

1978年11月30日号の週刊朝日の記事による、黒澤明とフランシス・フォード・コッポラとの新旧巨匠対談である。このころのコッポラは『ゴッド・ファーザー』を当てて、すでに世界的な映画監督として絶大な威光を放っていた時期である。その巨匠コッポラが師と仰ぐ男が黒澤明ということで、黒澤明に世間が追いつき始め...

≫続きを読む

『ベルリン・天使の詩』『パリ・テキサス』のヴィム・ヴェンダース対黒澤明の貴重な対...

『ベルリン・天使の詩』『パリ・テキサス』などで有名なヴィム・ヴェンダースと黒澤明の対談。ドイツを代表する世界的巨匠もやはり大先輩である黒澤明に対しては気を遣っているのがよくわかる対談である。黒澤明というよりは小津安二郎へのリスペクトで有名な監督である。『八月の狂詩曲』ごろのインタビューヴェンダース ...

≫続きを読む