黒澤明「羅生門」は「ラショーモンアプローチ」として海外作品に影響を与えた!

スポンサーリンク

ラショーモン・アプローチ

黒澤明監督の「羅生門」は公開時、分かりにくい内容であったため、興行収入も評価もからしきダメな作品であった。

 

しかし、ヴェネツィア国際映画祭でグランプリを獲得すると、日本国内では評価が激変。

 

大映の重役などは始めは「わけが分からない」と酷評だったのに、グランプリ受賞後はコロっと態度と一変したといわれている。

 

映画自体のテーマや言いたいことは分かるけれども、日本映画市場でこの難解な作品を創ってしまったことが「わけが分からない」ということだったのでしょう。

 

採算がとれるはずがない映画をなぜ創ったのか?という。

 

それぐらい、その頃の邦画と洋画の差ははっきりしていたという。

 

 

しかし黒澤は日本人の観客の感性に合わせることより、作品のクオリティを突き詰めることを疑いもなく実行したというだけかもしれません。

 

物を創る人間の純粋な欲求と、あと、やはり海外作品に負けたくないという負けず嫌いな面も合わさって、歴史的快挙につながったのでしょう。

 

日本映画の黄金時代の幕開けとなる作品が「羅生門」だったわけです。

 

この映画が海外で受けた理由は、1つの事件を視点を変えて繰り返すという、当時のアイデアにしてみると斬新な映画であった。

 

このアイデアを使った脚本が海外で真似されだし、後に「ラショーモン・アプローチ」という映画用語が出来た。

 

64年のマーティン・リット監督、ポール・ニューマン主演の「暴行」では正式リメイク。

 

ベルナルド・ベルドリッチ監督も「殺し」、
チャン・イーモウ監督「HERO」、
メグ・ライアン、デンゼル・ワシントン出演の「戦果の勇気」

 

などは、ラショーモン・アプローチの作品で、あとグウィネス・パルトロー主演「スライディング・ドア」のような「もしも系」の作品も、ラショーモン・アプローチの影響化であると言えるでしょう。

 

サスペンス映画のクライマックスといえば、崖。

 

崖で犯人を追い詰めるという一つの様式美の原点が松本清張原作、野村芳太郎監督の「ゼロの焦点」。

 

この作品もラショーモン・アプローチの影響を受けていると思います。

 

野村監督は黒澤作品で助監督をやってますからね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

スポンサーリンク

 

 

黒澤明の映画論とテクニックに関する記事一覧

黒澤明作品の真髄は脚本!橋本忍、小国英雄、菊島隆三という偉大なストーリーテラーとのクリエイティビィティ!

 

黒澤明の撮影術 パンフォーカスやマルチカムを世界中に流行らせたのは黒澤!

 

黒澤明作品の原案は〇〇が半数!「七人の侍」は「壊滅」という〇〇がヒントになった!

 

黒澤明「羅生門」は「〇〇〇〇アプローチ」として海外作品に強烈な影響を与えた!

 

「七人の侍」製作者・本木荘二郎の晩年が悲しすぎる…

 

宮崎駿が大絶賛!黒澤明のあの名作「〇〇〇」のファーストシーンの戦慄!

 

黒澤明監督『影武者』 勝新VS黒澤 どっちが悪い?主役交代劇の真相は〇〇だ!

 

黒澤明「野良犬」と「静かなる決闘」は兄弟作 そしてあの名作「〇〇〇〇〇」に繋がっていく!

 

『七人の侍』 俳優を追い込む黒澤明のドSっぷりがヤバすぎる…貴重すぎる撮影秘話の数々

 

『椿三十郎』映画史に残る有名なラストシーン 今じゃ考えられない取り直しが利かない緊迫の撮影現場!!

 

 

巨匠黒澤明を語り尽くす!共演者、スタッフ、批評家、様々な人が語る黒澤明論の関連ページ

黒澤明の師匠〇〇が語る黒澤明を面接したときの話!「絵だって映画だって同じです!」

 

黒澤明『羅生門』の金獅子賞立役者カメラマン○○が語る撮影秘話!

 

黒澤組を技術で支えたカメラマン斉藤孝雄インタビュー!「必ずどこかに○○がありました」

 

リリー・フランキーが愛してやまない黒澤明映画は、なんとあの作品だった…!?

 

黒澤明監督の居場所 おすぎエッセイ

 

東京五輪総合演出の野村萬斎は15才で黒澤明作品に出演していた!『乱』『蜘蛛巣城』と能・狂言との関係性について語る!

 

渋谷陽一が語る黒澤明 肯定性とヒューマニズム、そしてあの自殺未遂について斬り込む!

 

黒澤明についた助監督たちが語るクロサワ体験記がヤバい…

 

映画監督田中登が語る黒澤明 『用心棒』での学生助監督見習い

 

森崎東監督が黒澤明『野良犬』のリメイクを作りたくなかった衝撃の理由とは…?

 

黒澤明が持つエンターテイメント性と思想性について 世間一般の間違ったバカな見解とは?

 

『野良犬』『酔いどれ天使』『七人の侍』などに見る黒澤明の偉大なる〇〇とは!?

 

『トラ・トラ・トラ!』に見る敗者の黒澤明 『どですかでん』に見る悲劇の黒澤明を解説

 

『踊る大捜査線』にみる『椿三十郎』 たまには強引なクロサワ論で…

 

『用心棒』や『天国と地獄』に見る黒澤明の天才的な○○的感性について

 

『踊る大捜査線』の黒澤オマージュは『天国と地獄』だけではないんだぜ!

 

黒澤明の不可解? 黒澤明不思議論

 

評論家町山智浩氏が「七人の侍」を徹底解説!『七人の侍』に欠けているたった唯一の弱点とは!?

 

『天獄と地獄』のラストシーンで、黒澤明とて予期しなかった凄いことが起こった!? あの役者〇〇の怪演がエンディングを変えた!?

 

 

黒澤明の壮絶な生い立ちや全作品紹介はこちら