黒澤明「羅生門」は「ラショーモンアプローチ」として海外作品に影響を与えた!

ラショーモン・アプローチ

黒澤明監督の「羅生門」は公開時、分かりにくい内容であったため、興行収入も評価もからしきダメな作品であったが、ヴェネツィア国際映画祭でグランプリを獲得すると、日本国内では評価が激変。

 

大映の重役などは始めは「わけが分からない」と酷評だったのに、グランプリ受賞後はコロっと態度と一変したといわれているが、映画自体のテーマや言いたいことは分かるけれども、日本映画市場でこの難解な作品を創ってしまったことが「わけが分からない」ということだったのでしょう。

 

採算がとれるはずがない映画をなぜ創ったのか?という。それぐらい、その頃の邦画と洋画の差ははっきりしていたという。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

しかし黒澤は日本人の観客の感性に合わせることより、作品のクオリティを突き詰めることを疑いもなく実行したというだけかもしれません。

 

物を創る人間の純粋な欲求と、あと、やはり海外作品に負けたくないという負けず嫌いな面も合わさって、歴史的快挙につながったのでしょう。

 

日本映画の黄金時代の幕開けとなる作品が「羅生門」だったわけです。

 

この映画が海外で受けた理由は、1つの事件を視点を変えて繰り返すという、当時のアイデアにしてみると斬新な映画であったため、このアイデアを使った脚本が海外で真似されだし、後に「ラショーモン・アプローチ」という映画用語が出来た。

 

64年のマーティン・リット監督、ポール・ニューマン主演の「暴行」では正式リメイク。

 

ベルナルド・ベルドリッチ監督も「殺し」、チャン・イーモウ監督「HERO」、メグ・ライアン、デンゼル・ワシントン出演の「戦果の勇気」などは、ラショーモン・アプローチの作品で、あとグウィネス・パルトロー主演「スライディング・ドア」のような「もしも系」の作品もラショーモン・アプローチの影響化であると言えるでしょう。

 

サスペンス映画のクライマックスといえば、崖。崖で犯人を追い詰めるという一つの様式美の原点が松本清張原作、野村芳太郎監督の「ゼロの焦点」。この作品もラショーモン・アプローチの影響を受けていると思います。野村監督は黒澤作品で助監督をやってますからね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

関連記事一覧

黒澤明作品の格は脚本!橋本忍、小国英雄、菊島隆三という偉大なストーリーテラー

 

黒澤明の撮影術 パンフォーカスやマルチカムを流行らせたのは黒澤!

 

黒澤明作品の原案は小説が半数!「七人の侍」は「壊滅」という小説がヒントになった!

 

黒澤明「羅生門」は「ラショーモンアプローチ」として海外作品に影響を与えた!

 

「七人の侍」と製作者・本木荘二郎

 

宮崎駿が語る黒澤明「生きる」のファーストシーンの衝撃!

 

黒澤明監督『影武者』 勝新VS黒澤 どっちが悪い?主役交代劇の真相はこれだ!

 

黒澤明「野良犬」と「静かなる決闘」は兄弟作 そして「天国と地獄」に繋がっていく!

 

『七人の侍』 俳優を追い込む黒澤明のドSっぷりが凄い撮影秘話

 

『椿三十郎』ラストシーン 取り直しが利かない緊迫の撮影現場!!

 

 

 

スポンサーリンク