『踊る大捜査線』の黒澤オマージュは『天国と地獄』だけではない!

『踊る大捜査線』のクロサワオマージュについて

映画批評 轟由起夫
※4 河出書房新社発行 「黒澤明 生誕100年総特集」より抜粋

 

噂は公開前から耳にしていた。何やら大胆不敵にも「クロサワを引用している」というではないか。
ヒントはずばり「誘拐」だ。となると例のシーンか。それを確かめようと初日劇場へと向かった。

 

満員だった。客席は異様な熱気をはらんでいた。
『踊る大捜査線 THE MOVIE』

 

果たして急転直下の展開の中、主人公の青島刑事(織田裕二)は屋上^に駆け上がるや、はるか彼方に視線を釘付けにされたまま、こう叫んだのであった。

 

「天国と地獄だ!!」

 

スポンサーリンク

 

『踊る大捜査線』にみる『野良犬』的構造

TVシリーズからそのまま抜擢された『踊る大捜査線 THE MOVIE』の本広克行監督にインタビューするチャンスを得た。

 

媒体がテレビ誌ゆえ、主にTVドラマの演出に対する取材であったのだが、ここはカコつけてこんなことを訊いてみた。

 

「あの〜テレビシリーズの『踊る大捜査線』のラストって、黒澤明の『野良犬』じゃないですか?」

 

サラリーマン上がりで新米っていう設定の青島刑事と、いかりや長介演じるベテラン刑事との歳の差を超えたコンビ。これが『野良犬』以来の刑事映画の定石であるのは間違いないが、くだんの第一話、言ってみるなら2人の若者がサラリーマン生活の退屈さを引き金に、方や刑事、方や犯罪者へと分れてしまうストーリーであった。

 

護送されていく犯人と最後に言葉を交わしあ青島はこうつぶやく。

 

「僕はあいつになっていたのかもしれない…」

 

こんなセリフを『野良犬』の中でも聞いたような気がする。
理由こそ違えど、終戦後の混乱期に、やはり追うものと追われるものとに、分かれなければならなかった『野良犬』の2人の若き復員兵の心情と境遇。

 

『踊る大捜査線』の第一話はそれを連想させるに十分の作品だった。

 

「なるほど。そうかもしれませんね」とこちらを気遣い相槌を打ってくれた。本来ならば脚本担当の君塚良一氏にぶつけるべき話題だろう。が、その温和な表情を眺めているうちに、さらに調子に乗って『野良犬』のこんなシーンを今度はぶつけてみようかと思い始めていた。それはいわば、黒澤映画の白眉ともいうべき素晴らしい演出場面だ。

 

外は大雨。老刑事が安ホテルに身を隠していた犯人の所在を突き止め、新米刑事のもとに電話をする。彼は、犯人が心を寄せている踊り子(淡路恵子)の部屋に張り付いていたのだ。

 

ところが共同電話に出たのはそのアパートの、年老いた耳の悪い管理人。老刑事の声がうまく聞こえず、何度か押し問答の末に管理人は、刑事ではなく踊り子の方を呼びに行ってしまう。

 

焦る老刑事。ホテルにはラジオからムーディな「ラ・パロマ」が流れ始めた。犯人はすでに、電話ボックスの中の老刑事の存在に気付き始めていた。

 

一方、新米刑事と踊り子と云えば、掛かってきた電話がすっかり犯人からのものと身構えてしまう。

 

老刑事、新米刑事、犯人、さらには周辺の登場人物の心的シチュエーションをを並行して描き切ったこの見事な手腕は、今見てもため息ものだ。

 

サスペンスの引き延ばしという意味ではルーティーンかもしれないが、画面が張り詰めていくプロセスで少々ボケた管理人を登場させ、上昇する物語の温度にワンクッション入れているのが秀逸だ。

 

つまりこれを演じているのが小津安二郎監督の『麦秋』で、チューィングガムをヤギのようにもぐもぐと紙ごと食べて笑わせていた高堂国典なのだから、画面の印象は緊迫しているのにどこかユーモラス。キャスティングに抜かりはない。

 

そしてその笑いは、同時に画面の温度をクールダウンさせつつ新たな気流を作り、スリリングさを加速させる役割を担ってもいる。で、ご存じの通り、ようやく新米刑事のもとに受話器が渡されたときには、老刑事はコルトで撃たれて、どしゃぶりの雨の中で倒れている。犯人は逃走、あとには「ラ・バロマ」の明るく皮肉な響きが残るのみ、というわけだ。

 

スポンサーリンク

 

「緊迫の中の笑い」

黒澤映画の中にはこういった、いつまでも古くならない「緊迫の中に笑い」が横濫していると思う。

 

実を言えば本広監督から伺って、たちまち援用させてもらっている言葉なのだが、すなわち「ビーンと張り詰めた状況下、クスっと脳みそで笑う感覚」とでも考えればよいか。テレビシリーズの『踊る大捜査線』のノリを特徴付けていた要素の一つが、まさしく黒澤映画にも通ずるこの「緊迫の中の笑い」であったそうなのだ。

 

では、本広監督がTVシリーズ全体の演出トーンを?んだという第二話におけるそれはどのようなシーンだったのか?

 

たとえば爆弾を仕掛けられた椅子にベテラン刑事が座り、「リーサル・ウェポン2」などでもおなじみの危機的状況が設定される。

 

署内はビーンと張り詰めた空気で充満する。そこに登場するのが、現場を取り仕切っている警視庁エリート管理官の室井(柳葉敏郎)なのだが、室井からの電話の指示を受ける青島刑事の行動はことごとく裏目がでる。

 

そこの室井管理官の演技、リアクションがいい。すなわち『野良犬』における高堂国典的なボケ。事態が緊迫していくところにワンクッション入れて、観客に更なる展開への期待をさせる。これは君塚脚本の功績によるものが大きいのだが、青島刑事と室井管理官のやり取りはいつしかボケとツッコミの関係にスライドされていき、しかもツッコミ役であったはずの管理官がタイミングよく一瞬ボケたときに、「緊迫の中に笑い」が生まれるという仕組みだ。

 

本広監督はこの時、いかりや長介と織田裕二、柳葉敏郎それぞれがいる2セットをカメラ8台で一挙に撮りあげたのだとか。

 

『七人の侍』以降の黒澤映画には欠かせないマルチカム・カメラ方式の再来。こういった”エンターテイメントの密度”の充実ぶりが、TVシリーズから映画版までの人気を獲得し、目に見える評価へ繋がっていったのだろう。ちなみに『踊る大捜査線 THE MOVIE』の例の『天国と地獄』の引用に関して言えば、これは確信犯的な黒澤映画のサンプリングであり、”ブレイクビーツ”的な仕様である。

 

というのも、青島刑事は次のカットで一足飛びに煙突のあるゴミ置き場へと直行している。このスピィーディなジャンプカットを支えているのが、大胆不敵な引用の効能なのだ。

 

『天国と地獄』のイメージを遊戯的に押し出し、次へと飛躍しる踏台にして目的地に着くまでのシーンを一挙に省いてしまうリズム重視の手法。オマージュ、パロディ、はたまた単なる戯れに見せながら、その辺の計算はとてもしたたかだ。

 

さてところで、黒澤映画は面白い、無類に面白い、そう当たり前に言うとき、我々はここまで述べてきたような「緊迫の中の笑い」から「笑いの中の緊迫」へとあっという間に反転する活劇的ダイナミズムを感じとっている。

 

だが、これらが何も黒澤映画だけの専売特許ではないのは言うまでもない。むしろドラマツルギーの基本ですらある。『踊る大捜査線』というのは極めてこの方法論に自覚的だといえよう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

スポンサーリンク

師匠山本嘉次郎が語る黒澤明を面接したときの話!「絵だって映画だって同じです!」

黒澤明は画家を夢見ていたが、絵では食っていけないと感じ、また兄丙午の死によって、長男のような責任も感じ始めて、とにかく父母を安心させたいという一心で後の東宝にあたるP・C・L映画製作所の助監督公募の広告をみて応募する。その時の面接官が後の師匠となる山本嘉次郎であった。その山本嘉次郎が弟子の黒澤明につ...

≫続きを読む

黒澤明『羅生門』の金獅子賞立役者カメラマン宮川一夫が語る撮影秘話!

※『Esquire』1990年9月号よりクロサワとミヤガワ はじめての仕事僕は、キャメラマンとしてスタートをしたときに稲垣さんにいろいろ教えてもらった関係で、稲垣さんと仕事をすることが一番多かったんですが、稲垣さんが丁度『手を繋ぐ子達』というのを昭和23年に撮って、その後東宝へ行かれたんですね。それ...

≫続きを読む

黒澤組を支えたカメラマン斉藤孝雄インタビュー!「どこかに仕掛けがありました」

黒澤映画では『素晴らしき日曜日』から『まあだだよ』まで、約50年にわたって撮影に携わってきた斎藤孝雄氏。メインの撮影監督になるのが『椿三十郎』ではあるが、それまでもマルチカムの2台目の撮影はすべて斎藤氏による撮影であった。以下、インタビュー記事の抜粋である。黒澤の第一印象や撮影術について※河出書房新...

≫続きを読む

リリー・フランキー 愛すべき人に薦めたい作品は黒澤明監督「どですかでん」

『どですかでん』が黒澤作品のベスト1と言っている人はなかなかいません。このサイトの管理人である私は『どですかでん』がベストでありますが、共感し合える人も少なく寂しい思いをしていますが、リリー・フランキー氏が『どですかでん』ファンであると聞いて嬉しくおもいました。色々と好きな理由はあるのですが、私が特...

≫続きを読む

黒澤明監督の居場所 おすぎエッセイ

映画を撮りたくても撮れなかった50代60代私自身、黒澤監督のマネージャーやスクリプターなどのお仕事をなさっていた野上照代さんと親しいものですから、その関係で監督とお話もさせていただいたし、『乱』の撮影現場も仕事がてら陣中見舞いに寄らせていただいたり。監督かちょっと谷の方に下りていったのを「迎えがてら...

≫続きを読む

野村萬斎が語る黒澤明と『乱』『蜘蛛巣城』。 能・狂言との関係性について

伝統芸能の役者でありつつも、常に新しいアプローチを模索し続ける狂言師・野村萬斎。伊藤英明とのコンビで大ヒットを記録した『陰陽師』や日本アカデミー賞10部門受賞した『のぼうの城』など、ヒットを放てる数少ない伝統芸能人。以下は彼が映画初出演となった黒澤作品『乱』のエピソードや、黒澤の能や狂言観について、...

≫続きを読む

渋谷陽一が語る黒澤明 肯定性とヒューマニズム、そして自殺未遂について

日本におけるロックジャーナリストの第一人者である渋谷陽一による黒澤明回想記である。『ロッキング・オン』以外にも『Cut』などで俳優や映画監督などのサブカルチャー全般を釣り扱っており、雑誌の編集やインタビューなど高く評価されている。渋谷陽一が語る黒澤明黒澤明は積極的に触れなかった映画はそれこそ小学校の...

≫続きを読む

黒澤明についた助監督たちが語る クロサワ体験記

映画の現場で一番過酷なポジションとはいったいどの担当の人間だろうか?答えは一目瞭然、助監督である。テレビでいうアシスタントディレクター、いわゆるADが映画でいう助監督である。監督の現場の怒号は、役者やその他の技術スタッフなどにはほどんど向けられない。基本的には監督が怒る相手は演出部の部下である助監督...

≫続きを読む

映画監督田中登が語る黒澤明 『用心棒』での学生助監督見習い

主に日活ロマンポルノ作品を監督し、『夜汽車の女』『?式場メス市場』『人妻集団暴行拉致事件』『発禁本「美人乱舞」より責める』などの数々の名作を残した映画監督の故田中登氏が、学生時代に、『用心棒』の現場スタッフのアルバイトをしていたという。その時の様子を語ったのが以下である。田中登 学生助監督見習い記ぼ...

≫続きを読む

黒澤明『野良犬』のリメイクを作りたくなかった理由 森崎東監督

昭和48年の松竹で製作した『野良犬』が25年ぶりにやっとビデオ化された。自作の中で『野良犬』だけがビデオ化されていない理由を、原作者である黒澤監督と菊島隆三氏の許可がないからだと思ってきたが、実はそうではなかったらしい。正直言って、私は会社企画であるこのリメイクを断りたかった。私は自分の監督昇進一作...

≫続きを読む

黒澤明が持つエンターテイメント性と思想性について 世間一般の間違った見解

映画批評なんてやっぱりくだらないものだと思う。テレビのコメンテーターと同じように、舞台に立つ恐怖やプレッシャーも知らずに、一丁前のことらしきことを言って自分に酔うのが映画批評。ロックのジャーナリズムもそんな感じ。今回紹介する高橋実という批評家?もいろいろと言っているが、結局、映画は観て個人か感じたも...

≫続きを読む

『野良犬』『酔いどれ天使』『七人の侍』などに見る黒澤明の偉大なる先取り!

偉大なる黒澤明日本を代表する映画監督、黒澤明。彼の偉大さは誰が何を言おうが揺るぎないもののように思える。例えば、ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラ、スティーブン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシと言った現在のハリウッドを代表する映画人たちが、尊敬の言葉を口に作品のサポートを引き受...

≫続きを読む

『トラ・トラ・トラ!』に見る敗者の黒澤明 『どですかでん』に見る悲劇の黒澤明

敗者黒澤明黒澤明が、西洋社会の芸術であった時代の国際映画祭にかくも熱狂的に受け入れられた理由は彼が異質な東洋のエキゾチズムを発散していたからではなく、彼が西洋人と同質のものを持っていたからである。黒澤は自伝の冒頭でジョン・フォードとジャン・ルノワールを引き合いに出しているが、日本人の監督の名前を出し...

≫続きを読む

『踊る大捜査線』にみる『椿三十郎』 たまには強引なクロサワ論で…

『椿三十郎』と『踊る大捜査線』しかししつこく書けば、例えば『椿三十郎』の頃は実に、鋭敏な同時代感覚を持っていた。その証拠に橋本治氏の『完本チャンバラ時代劇講座』を開いてみる。東宝のサラリーマン映画に出てくる”現代人”を大胆に器用し、黒澤作品にしては珍しく明らさまに二番煎じで明らさまに娯楽映画である『...

≫続きを読む

『用心棒』や『天国と地獄』に見る黒澤明の空間的感性について

今回の批評は、黒澤明が映画の中で描き出した「空間」について。なかなか凄いことを言っている感がある文章ですが、映画批評家などの文章は非常に分かりにくい。難しくこねくり回して、自分の語彙力や文章力をこれでもかと見せつけている感がよく目につく。映画はやはり、語るものではないですね。笑黒澤明が映画の中で描き...

≫続きを読む

『踊る大捜査線』の黒澤オマージュは『天国と地獄』だけではない!

映画批評 轟由起夫※4 河出書房新社発行 「黒澤明 生誕100年総特集」より抜粋噂は公開前から耳にしていた。何やら大胆不敵にも「クロサワを引用している」というではないか。ヒントはずばり「誘拐」だ。となると例のシーンか。それを確かめようと初日劇場へと向かった。満員だった。客席は異様な熱気をはらんでいた...

≫続きを読む

黒澤明の不可解さ 黒澤不思議論

「国際性」と「国民性」が同居黒澤明は不思議な存在である。それは日本においてはトーキー以降の世代で唯一「国際性」と「国民性」が同時に成立する映画作家だからである。例えば、戦後の同時期に活躍したほぼ同世代の作家たち、『二十四の瞳』の木下恵介、『青い山脈』の今井正、『君の名は』の大庭秀雄等は、黒澤と同様に...

≫続きを読む

評論家町山智浩氏が「七人の侍」を徹底解説!『七人の侍』に欠けている唯一の弱点とj...

映画評論家の町山智浩氏が日本映画の至宝『七人の侍』について語っている内容をまとめてみました。町山さんに『七人の侍』に対する見解の深さもさることながら、対談相手の春日太一氏の情報量が凄いです。『七人の侍』の3時間に及ぶ長さは最初から意図されたものだったのか?春日 この映画は製作日数は271日で、総製作...

≫続きを読む